カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
結婚前に見落としがちな条件やポイントをチェック!話すべき10のこと

2020.11.02

結婚前に見落としがちな条件やポイントをチェック!話すべき10のこと

大好きな彼氏との結婚生活を夢見るのは幸せなこと。ですが、結婚する前はいったん冷静になって、見落としがちな条件やポイントを確認してみましょう。今回は10個のチェックすべきポイントをまとめました!

結婚を前提に交際している彼氏がいるなら、きっと幸せな毎日を過ごしているでしょう。

しかし結婚生活は楽しいことばかりではありません。
結婚前にチェックすべきことを見落としていると、我慢ばかりの結婚生活になる可能性があります。

そこで、今回は見落としがちな結婚条件やポイントを10個ご紹介します。
ぜひ最後まで読んで、楽しい結婚生活を目指してくださいね。

見落としていない?結婚の条件を整理しよう

カップル

幸せの絶頂にいるときは、結婚前に話し合うべきことを見落としているかもしれません。

しかし見落としがちな条件やポイントは、両親のことやお金のことなど、デリケートな内容ばかり。
チェックの仕方も紹介しているので、参考にしてください。

見落としがちな結婚の条件・チェックポイント

【1】彼氏の親戚に価値観が違う人がいるか

「自分とは合わなそう」と感じる親戚がいても、大きな問題ではありません。

しかし価値観が大きく違う人がいると、楽しいはずの結婚生活を脅かされることも……。

特に家族やお金に対する価値観が違う発言があるか、注意してみてくださいね。

【チェックの仕方】
・「親戚の集まりって、年に何回くらいあるの?」と切り出して、親戚の人柄を聞く
・婚約する前に、彼氏の実家へ遊びに行く

【2】彼氏の仕事を支えられるか

たとえ世間的に名誉ある仕事だとしても、支えられるかどうかは家庭ごとの問題です。
特にあなたが家庭に入る場合は重要なチェック項目です。

【チェックの仕方】
・「結婚したら、夕ご飯は一緒に食べられそう?」と聞く
・飲み会の頻度を確認しておく

【3】子どもは欲しいか/そうでないのか

子どもたち

子どもの教育資金は“3大支出”の1つです。

家族の人数が多くなるほど、生活費は大きくなります。
子どもの人数次第では、生活費を賄うために転職を検討する必要があります。

【チェックの仕方】
・子どもがいる友人の話題を出して「幸せそう」と切り出す
・ドラマで家族のシーンを見ながら「うちは子ども何人がいいかな?」と聞く

【4】子どもが欲しい場合、ブライダルチェックを受けるか

ふたりともブライダルチェックを受けるか確認しておくといいでしょう。

さらに、ブライダルチェックを受ける前に、不妊が判明した場合の方向性を考えておくことをオススメします。

例えば

  • 不妊が判明しても相手を責めない
  • ふたりで生きていく/養子を迎える
  • ○歳まで不妊治療をする

などです。

【チェックの仕方】
・「健康なのか知るためにふたりで検診に行こう!」と切り出す
・「ブライダルチェックは受けなくてもいいかな?」と提案する

【5】新居の場所・家の考えは一致しているか

新居

特に、ふたりの職場が遠い場合は要注意です。

  • ふたりの職場の中間地点に住む
  • 電車の乗り換えをせずに住むなら、職場が遠くなっても構わない
  • 都会/田舎に住みたい
  • 一軒家/マンションに住みたい

上記の内容を話し合ってみてくださいね。

【チェックの仕方】
・「駅前に新しいマンションができるんだって」と切り出す
・「一軒家/マンションに住んでて良かったところを教えて」と聞く

【6】同居する可能性はあるのか

彼氏の親はもちろん、あなたの親にも同居を希望するのかどうかを確認しましょう。

さらに隣の家に住んだり、親が所有している物件に住んだりする可能性があるのか、念のため確認してくださいね。

家は別だとしても、近隣に住むなら同居の気分になるかもしれません。また同居するなら、「夫婦は味方同士でいること」を約束しておくようオススメします。

【チェックの仕方】
・「親御さんは将来、同居したいと思っているのかな? 私も自分の親に聞いてみようと思って」と切り出す

【7】将来の介護計画

お互いの親の介護について確認しておきましょう。

同居の可能性がなくても、遠方に住むとしても、老後計画の詳細を把握した方がいいでしょう。
“介護”は必要なくても、金銭的な援助が必要かもしれないからです。

兄弟姉妹がいるなら、介護の分担も決めておくのがベターです。

【チェックの仕方】
・「うちのおばあちゃん、デイサービスに通うんだ」と切り出す
・「私の親は介護が必要になったら施設に入りたいみたい!〇〇(彼氏の名前)のご両親はどう思っているのかな?」と聞く

【8】借金はあるか/返済は順調か

借金

借金はあるのか、あるいは順調に返済中なのか、しっかりチェックしてください。

特に見落としがちなのが、奨学金です。
その他、車のローンやリボ払いなどにも目を光らせましょう。

【チェックの仕方】
・「家計管理するから、奨学金の状況を教えて! 収支を整理するね」と切り出す
・ギャンブルは、お小遣いの範囲で楽しんでいるかチェックする

【9】持病はあるか

治療費や通院のための時間は、結婚生活の一部になります。

不定期な治療なども含め、費用や時間が結婚生活にどのくらい影響を及ぼすのか客観的に把握しておきましょう。

【チェックの仕方】
・「医療費控除って申請してる? 家計簿に書こうと思うんだけど……」と切り出す

【10】あまりにも生活リズムが違い過ぎないか

生活のリズムが大きく異なると、ふたりの生活に支障をきたす場合があります。
例えば彼氏は5時起き、22時就寝、一方あなたは8時起き、26時就寝だとしましょう。
会話する時間はあるのでしょうか?

生活リズムが異なる場合は、以下のような対策を話し合っておきましょう。

  • 寝室を別にする
  • 朝ご飯はなるべく一緒に食べる
  • 遅く起床した人が洗濯物をする
【チェックの仕方】
・仕事の始業時間と就業時間を、お互いに把握しておく

結婚前に見落としがちなポイントをくまなくチェックしよう

今回は見落としがちな結婚条件を10個ご紹介しました。

10個の条件は全て、夫婦になるなら話しておいて損はありません。
ただ、条件が完璧にクリアできるカップルはそう多くいないはず。
多少条件が合わない部分は、ふたりで妥協点を見つけて乗り越えていきましょう。

見落としがちな条件をチェックして、幸せな結婚生活を送ってくださいね。


沼咲香

ライター

沼 咲香

動植物と触れ合うのが大好きな、アラサーライターです。庭をお花畑にする計画を実行中。 記事を読んでくださった方のお悩みに寄り添った、優しくも具体的な記事を執筆します。

このライターの記事をもっと読む

関連記事