カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【西宮北口】ベーグルサンドが美味しい隠れ家『Sabio Cafe』で手づくりの温かさに癒される

2020.09.07

【西宮北口】ベーグルサンドが美味しい隠れ家『Sabio Cafe』で手づくりの温かさに癒される

駅直結の大型ショッピングセンター『阪急西宮ガーデンズ』があり、大阪や神戸など都心へのアクセスも良いことなどから、"住みたい街"としてもとても人気の高い西宮北口エリア。そんな活気ある駅のほど近くに、種類豊富なベーグルサンドが美味しいと評判の隠れ家カフェ『Sabio Cafe(サビオカフェ)』があります。

賑やかな阪急「西宮北口駅」を東へ抜けて線路沿いを歩いていると、閑静な住宅街の並びに『Sabio Cafe』が見えてきます。2005年のオープン以来、地元で長く愛されているお店です。

sabio cafe外観
ポップな看板が目印

種類豊富な自家製天然酵母ベーグルのサンド

国産小麦の粉からこだわり、じっくり時間をかけて発酵させて作られる自家製天然酵母のベーグルを使ったサンドは10種類以上。どれもボリュームたっぷりで個性的なメニュー。

豚の角煮ベーグルサンドセット
「豚の角煮」(800円)。ドリンク、スープなどのセットメニューは200円〜。

注文すると、具材を調理するジューッという音やいい匂いが店内に広がり、待ってる間にもより一層食欲をかきたてられます……。
具材と馴染み、食べやすいように柔らかめに作られたベーグルも温めて提供され、サックリと香ばしく、中はむっちりと弾力のある食感。
取材時はほうれん草と人参を練り込んだマーブル模様のベーグルでした。

豚の角煮ベーグルサンド
注文してから丁寧に作られる熱々のベーグルサンド

「豚の角煮」(800円)には、自家製の豚の角煮の他、ほうれん草、オニオンやレタスなどの野菜がたっぷりサンドされています。時間をかけて柔らかく仕上げられたお肉は、口に入れた瞬間にとろけそうな食感!
和食のイメージで、サンドイッチの具材としては珍しい角煮ですが、ガーリックバターでソテーされたほうれん草や、特製のてりやきソースのしっかりした味付けで、程よく弾力のあるパンとの相性もぴったりです。

Sabio Cafeベーグルサンドメニュー

定番メニューの他、月替りのベーグルサンドもあるので、迷ったら限定のものを選ぶのも一案です。
また、サンドは食べやすいようにあらかじめ半分にカットされているので、家族や友人とシェアしていろんな種類を食べられるのも嬉しいですね。

単品のベーグルサンドにドリンクなどがプラスできるセットメニューは200円〜。全てドリンクとポタージュスープが付いていて、キッシュやケーキがセットになったものも選べます。
「DXセット」(600円)はキッシュもケーキも両方味わえるフルセットで、食いしん坊さんの食欲もしっかり満たしてくれますよ!

パティシエ店主が作る自家製デザートも人気

ピーチアールグレイのケーキ
タルトに紅茶のババロアやバターケーキ、桃のコンポートを重ねた「ピーチアールグレイ」(350円)

季節のフルーツなどを使った日替わりのケーキは、ショーケースから選びます。
店主の澤さんは、神戸のレストランやホテルで経験を積まれたパティシエ。スイーツにも、澤さんのオリジナリティに富んだアイデアがたくさん詰まっています。
中でも、度々登場するチョコミントのケーキや焼き菓子は特に根強い人気だそう。
ケーキだけでなく、ケーキセットに添えられるアイスなども手づくりです。

Sabio Cafeショーケースのケーキ
個性豊かな特製ケーキ

ベーグルサンドのセットメニューに含まれるケーキも、同様に好きな種類が選べてフルサイズで提供されるので、是非ともセットで自慢の特製スイーツまでしっかり堪能していただきたいところ。

Sabio Cafeパフェメニュー
好きなケーキを丸ごと乗せるインパクト大のパフェメニューも。

お持ち帰り商品も充実の楽しいレジ横

お店の扉を開けてすぐ目の前にあるレジ横スペースには、テイクアウト用の自家製のパンやジャム、マフィンなどの焼き菓子、澤さんの手づくり雑貨なども並んでいます。
焼き菓子ひとつから、お持ち帰りのみでも気軽に利用できますよ♪

Sabio Cafeレジまわり

Sabio Cafeテイクアウト用のパン
テイクアウト用の日替わりパン。上から時計回りに「そら豆ベーコンクロックムッシュ」(280円)、「自家炊きあんぱんベーグル」(180円)、「チーズケーキフレンチトースト」(280円)

手づくりのセンスが光る店内

Sabio Cafe店内イメージ

アジアンテイストで、どこか懐かしい趣きも感じる落ち着いた店内は、奥行きがあり、2人掛けテーブルや4人掛けテーブル、奥にはカウンター席もあります。ゆとりのある配置で、一人でも、家族や友人と来てもゆったりくつろげる空間です。

Sabio Cafeの窓際席
線路を走る阪急電車をのんびり眺められる窓際席がオススメ
Sabio Cafeミシン台テーブル
レトロなミシン台のテーブル

席によってテーブルや椅子もそれぞれ違っています。中には、澤さん自身で作られたものも!
お店も、元々スナックだった内装を、友人たちに協力してもらいながら自分たちの手で現在の内装に作り上げたそうです。
店内の照明や小物なども一つ一つに個性が光ります。どれも違っているのにお店の雰囲気をバランスよく調和し、のんびりと落ち着ける空間を演出しています。
少しずつ、好きなものを集めたり、手づくりしたりしながら大切に作ってこられたお店なのが、温かい雰囲気から感じ取れます。

まとめ

レジ横のパンや焼き菓子以外にも、店内メニューのベーグルサンドやケーキ、キッシュもテイクアウトできます。
お店には、おとなしい看板猫の”トンちゃん”が居る日もあるそうですよ。出会えたらラッキーですね!

  • パンやスイーツの美味しいカフェに行きたい
  • 隠れ家カフェでのんびり過ごしたい
  • 他にはないメニューを味わいたい

そんな方にオススメです。
手づくりのお店の雰囲気と同じく、ほんわか優しい澤さんが作るオリジナルにこだわったメニューの数々を、是非味わってみてください。

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

『Sabio Cafe』

(サビオカフェ)
住所
兵庫県西宮市田代町19-6 コボリマンション北口101号
アクセス
阪急「西宮北口駅」より東へ徒歩6分
営業時間
12:00〜19:00(L.O.18:00)
定休日
水曜日
電話番号
SNS

アバター

ライター

サカグチアカリ(MINLY)

パン、カフェ、おでかけ好き。大阪を中心に、おいしいパンを求めて日々小さな旅に駆け回っています。生まれも育ちも堺っ子。

このライターの記事をもっと読む

関連記事