カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
《スイーツレシピ》夏バテ防止にもオススメ!バナナを使ったレシピ3選

2020.08.11

《スイーツレシピ》夏バテ防止にもオススメ!バナナを使ったレシピ3選

スーパーなどでも買いやすいバナナを主役にした《カフェ風スイーツ》のレシピをご紹介します!バナナは夏バテ防止も期待できるので、この記事を参考にぜひ作ってみてくださいね。

暑い夏の日も、おいしいスイーツを食べれば、なんだかテンションも上がってくるという人も多いのではないでしょうか?

今回は、手軽に作れるカフェ系スイーツレシピを3つご紹介します。

貧血予防や美肌効果が期待できると言われているバナナは、カリウムたっぷりで夏バテ防止にも良いようです。

今年の夏はぜひ、バナナを使ったスイーツに挑戦してみてくださいね。

冷凍バナナとナッツのチョコソースがけ

バナナを使ったスイーツレシピ アイス

バナナを冷凍するとシャーベットのような食感になり、チョコレートソースとよく合います。
とても簡単に作れて、ひんやりと納涼できる1品です。

材料(1人分)

・バナナ小…1/3~半分ぐらい
・チョコレートソース…適量
・ナッツ…適量
・レモン汁…適量

作り方

(1)バナナをザク切りにし、1つずつアルミホイルで簡単に巻いて冷凍庫へ入れる
※カットしたあとに、レモン汁を絞りかけておくと、変色するのを防ぐことができます。
(2)(1)が凍ったら冷凍庫から取り出し、チョコレートソースをかける
(3)ナッツがあれば小さな食品用保存袋に入れ、下にタオルを敷いてから麺棒で小さく砕き、(2)のうえからパラパラと散らす

ワンポイント

チョコレートソースがないときは、さっぱりとバナナだけで食べてもおいしいです。
また、チョコレートソースの代わりに、チョコレートカラースプレーやキャラメルソースなどをかけてもおいしいので、いろいろと試してみてくださいね。
バナナに飽きてきたら、イチゴやキウイ、缶詰みかんやパイナップルに変えると、甘酸っぱくてシャリシャリとした夏らしい食感が味わえます。

バナナとチョコマシュマロのホットスイーツ

バナナホットドリンクのレシピ

バナナとチョコマシュマロを焼き上げたスイーツです。
焼くことによってさらに甘くなったバナナが、とろとろに溶けたマシュマロと牛乳の味にサポートされ、味わい深い1品になっています。
クーラーなどでカラダが冷えすぎてしまった日や、雨振りでなんとなく肌寒く感じる日のおやつにオススメです。

材料(1人分)

・バナナ小…1/3~半分ぐらい
・チョコマシュマロ…3つ
・牛乳…30ml

作り方

(1)耐熱ココットにバナナを敷き、マシュマロとバナナを乗せていく
(2)(1)に、牛乳を入れる
(3)(2)を、トースターで約10分、マシュマロが溶けて、かるく焦げ目がつくまで焼く

餃子の皮で作るチョコバナナクレープ風

餃子の皮で作るバナナクレープ

たまに、すごく食べたくなるチョコバナナのクレープの味を、おうちでも簡単に再現できます。
薄くてもちっとした味わい深いクレープ生地には負けるけれど、餃子の皮で簡単にチョコバナナクレープ風が味わえます♪

材料(2人分・餃子の皮6枚分)

・餃子の皮(大判)…6枚
・ひと口チョコ…4個
・バナナ小…1/3~半分ぐらい
・チョコレートソース…適量(なくてもOK)
・粉糖…適量(なくてもOK)

作り方

(1)バナナをスライスして小さくカットし、餃子のネタを入れるような感じで半分より上に乗せる。このとき、餃子の皮を半分に折ったときに水をつけるスペースを空けておく
(2)ひと口チョコを3等分にカットし、そのうちの2つ分を(1)のバナナの上に乗せる
(3)餃子を作るときのように半分に折り、片面の周囲に水をつけ、皮と皮をくっつける
(4)(3)をトースターで約6~7分、餃子にこんがりとした焦げ目がつくまで焼く
(5)(4)をトースターから取り出し、チョコレートソースをかけてから、粉糖をふる

まとめ

おうちカフェ

今回は、貧血予防や美肌効果のほか、夏バテ防止も期待できるバナナを主役に、手軽に作れるカフェ系のプチプラレシピを紹介しました。

スイーツが食べたくなったら、ぜひ紹介したレシピを参考にして、おいしいスイーツを作ってみてくださいね。


山内 良子

ライター

山内 良子

珍しいことや面白いこと、心理学が大好き。 日本全国を巡りながら、さまざまなジャンルの記事を執筆中。 接客改善業務や金融会社での勤務、波乱に満ちた経験なども交え、読者様の生活に役立つ情報発信を心がけています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事