カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【香りが持続】オススメボディオイルの使い方や効果をご紹介

2020.08.23

【香りが持続】オススメボディオイルの使い方や効果をご紹介

夏場こそ使いたい!乾燥防止に人気のボディオイルを紹介。『ヴェレダ』、『サボン』など好感度UPのモテる人気オイルの香りに迫ります。また毎日5分のお手入れで美肌キープ!効果的なマッサージの方法など徹底的に紹介します。

ボディオイルとは

ボディオイル
肌ケア用品などのコーナーで、よく目にするボディオイル。
日本でも有名海外ブランドのものからプチプラブランドのものまで、さまざまなボディオイルが販売されています。

しかし顔用の美容オイルやハンドクリームほどには、まだ一般的ではないかもしれません。

そもそもボディオイルとは、どんなアイテムなのでしょうか?

多くは植物由来の油分や香料から作られており、高い保湿力を持っています。
そのため、肌を保湿する目的で使う人が多く、またマッサージオイルとして使われることもあります。

ボディオイルがいつどこで生まれたのか、詳しくはわかっていません。

しかし聖書にも香油(植物で芳香をつけた油)を足に塗りこむ描写が登場することから、かなり長い歴史があるのは間違いなさそうです。

現在ではヨーロッパを中心にオセアニアや中東など、さまざまな国と地域にボディオイルの有名ブランドが点在しています。

それではここから、ボディオイルの効果や使い方を紹介していきましょう。

ボディオイルの保湿効果とは

顔だけでなく、顔以外の全身のお肌も日々さまざまなストレスにさらされています。
その中でも特に悩んでいる人が多いのが乾燥ではないでしょうか。

乾燥といえば湿度の低い冬のイメージですが、真夏であっても油断は大敵です。
炎天下の暑さやエアコンの風のせいで、夏のお肌からは水分が失われやすく、隠れ乾燥の原因ともなっています。

そんな時には、ボディオイルをお肌のケアに取り入れてみませんか?

ボディオイルに含まれる豊富な油分は、肌の表面に薄い膜を張り、水分が出ていくのを防ぎます。

また、潤いを失った肌はカサついて固くなってしまいますが、毎日少しずつボディオイルを浸透させていくことで、肌の保湿力を高めて徐々に柔らかくしてくれます。

ボディオイルの使用期限と注意点

天然素材で作られたボディオイル
天然素材から作られていることも多いボディオイルですが、使用にあたって気をつけるべき点もいくつかあります。

まずひとつ目は、使用期限についてです。

ボディオイルはその性質上、開封後に長い期間放置していると油分が徐々に酸化していきます。

油は酸化すると肌トラブルを引き起こしたり、香りを変質させたりする原因ともなるので、開封したら3~4ヶ月を目安に早めに使い切りましょう。
ボトルに表示がある場合はそちらに従ってください。

「少し前に開けたけど大丈夫かな?」と思ったら、服で隠れやすいところの皮膚に少量を塗り、問題がないことを確かめてから使うことをオススメします。

オーガニックなボディオイルは防腐剤不使用のものも多く、その分使用期限も短めです。

この油分の酸化と関連して、塗る時間帯にも注意が必要です。

酸化した油が肌についた状態で強い紫外線を浴びると、肌トラブルの原因となることがあります。
ボディオイルは夜寝る前に使うのが基本です。

なお油にも酸化しやすいものとしにくいものがあります。
ホホバオイルやアルガンオイル、ココナッツオイルなどの酸化しにくい油については、日中に使っている人もいます。

3つ目は塗る場所についてです。

ボディオイルは豊富な油分で乾燥を防いでくれると先ほどご紹介しました。
裏を返せば、すでに皮脂が十分あるところにボディオイルを塗ると、その場所は油分が過多となり、かえって肌トラブルを引き起こす可能性があります。

体質にもよりますが、胸元や背中などは皮脂が出やすい場所なので、避けた方が無難です。

ボディオイルの使い方

ボディオイルの使い方

オススメのシーンは?

ボディオイルを使うタイミングとしてオススメのシーンは、夜お風呂から上がった直後、身体を拭く前です。

「水と油は混ざりにくいのに、濡れた身体に塗って大丈夫?」と疑問に思うかもしれませんが、軽く水分が払えていれば大丈夫。

ボディオイルを塗ってからバスタオルでぽんぽんと撫でるように身体を拭けば、オイルにありがちなベタつきを抑えることもできます。

お風呂上がりの肌はしっとりと水分を含んでいますが、その後10分ほどの間にどんどん乾燥していくので、なるべく早めにボディオイルを塗りましょう。

皮膚の表面にできる膜が水分の蒸発を防いでくれます。

ボディだけでなく髪にも爪にも

ボディオイルは、ヘアケアやネイルケアにも使うことのできるものが多いです。
ボトルの表示をチェックして使えそうなら、積極的に活用していきましょう。

髪の毛には保湿剤やスタイリング剤として使うことができます。
とは言え、髪質によってはツヤを通り越してベタつきの元になることも。

まずはボディケアの後、手のひらに残ったオイルで、ついでに髪や頭皮をマッサージするところから始めましょう。

また爪のきわや指先をボディオイルで軽く押すようにすると、爪の割れ・欠けや指のささくれを防ぐ効果があります。

ボディオイルのマッサージ方法

ボディオイルのマッサージ方法

基本のマッサージ

ボディオイルは滑りがよいため、マッサージオイルとしても使えます。

肌が水を含んでいるとさらに伸びがよくなるので、お風呂上がりはマッサージにぴったりのタイミング。

500円玉ほどの大きさを手に取り、ふくらはぎや太もも、お腹まわり、前腕や二の腕、鎖骨や首まわりなど、気になるところを合計5分間ほどマッサージしましょう。

身体の末端から心臓の方向に向かって優しくさするのが基本です。
血の巡りがよくなり、むくみや冷えを解消してくれますよ。

引き締め効果が期待できる夏にオススメのボディオイル

夏に使うボディオイルとしてオススメなのが、グレープシードオイル。

肌の引き締め効果が高いとされているビタミンEを多く含んでいます。

保湿効果が高いので、エアコンの浴びすぎで乾燥したお肌にもぴったりです。

オススメのボディオイル厳選

ここからは、有名ブランドのオススメボディオイルを厳選してご紹介します。

オイルそのものはもちろん、香りの良さにもこだわりのあるブランドばかりです。

香水のようなはっきりとした香り方ではありませんが、身体になじんでふんわりと香ってくれるので、好感度UPも期待できます♪

◆『ヴェレダ』「ホワイトバーチ ボディオイル」(100ml・4,180円)

ホワイトバーチボディオイル

@koto02_70
icon

スイスで1921年に創業された老舗のオーガニックコスメブランド『ヴェレダ』では、「ホワイトバーチボディオイル」が人気です。

伸びの良いアンズ核油やホホバ種子油をベースにしており、マッサージオイルにぴったり。
ベタつきにくいので夏用のボディオイルとしてもオススメします。

配合されているシラカバ(ホワイトバーチ)の葉のエキスには、肌の表面を引き締める効果が期待できます。

グレープフルーツの香りがとっても爽やかで、スタンダードさゆえに毎日使いたくなるボディオイルです。

◆『サボン』「ボディオイル パチュリ・ラベンダー・バニラ」(100ml・3,080円)

イスラエル生まれの『サボン』では「ムスク」や「ローズティー」、「パチュリ・ラベンダー・バニラ」と3種の香りがあり、中でも「パチュリ・ラベンダー・バニラ」が人気のようです。

ベースとなる天然オイルはさらっとしたつけ心地で、軽めのボディオイルから始めたい人にオススメ。

スプレー式なので、使いたい時は気軽にワンプッシュして手でなじませるだけという気軽さも特徴です。

大地の香りにたとえられるパチュリの個性的な香りが、爽やかなラベンダーや甘いバニラと合わさって独特の気品を与えてくれます。

◆『ビュリー』「ユイル・アンティーク」(190ml・6,270円)

1803年、パリの調香師ジャン=ヴァンサン・ビュリーによって創業された『ビュリー』のアイテムは、アンティークなボトルデザインも魅力。

「ユイル・アンティーク」はお肌の調子を整えるセサミオイルとアプリコットオイルをベースに、6種の香りで展開されています。

「ユズ・ドゥ・キソ」は、日本でおなじみの柑橘、ユズのフルーティな香りが特徴。
ミントや月桂樹のフレッシュな香りが配合されており、さりげなくアクセントを添えています。

◆『イソップ』「ボディトリートメント 11」(100ml・3,850円)

イソップボディオイル

@a.living_ll
icon

オーストラリアの首都メルボルンで誕生した『イソップ』は、こだわり抜いた原料で顔、髪、肌のケアアイテムを展開しています。

「ボディトリートメント 11」はスイートアーモンドやマカダミアナッツのオイルがベースです。
強い抗酸化作用を持つビタミンEを配合しており、全身を優しくマッサージすることで肌に潤いを与えます。

香りはグリーンやシトラスを基調とするフレッシュでナチュラルなテイスト。

乾燥が気になる時の少しスペシャルな集中保湿にオススメです。

◆『NUXE』「プロディジューオイル」(100ml・5,610円)

ニュクス

@mono96nao
icon

「Nature(自然)」と「Luxury(贅沢)」の融合を掲げて名付けられた『NUXE(ニュクス)』は、パリジェンヌたちに厚い支持を得ているナチュラルコスメブランドです。

「プロディジューオイル」は7種の植物オイルが配合されており、1本で顔・髪・身体・爪など全身をカバーできます。
オイルの浸透力が高く、サラリとしたつけ心地で人気です。

オレンジブロッサムやマグノリア、バニラと変化していく魅惑的な香りは、香水代わりにも使えます。
フェミニンな印象を演出したい人にオススメのボディオイルです。

今回ご紹介した5種類の香りを分類してみると、下記のようなイメージになります。

ボディオイル香り分類イメージ

まとめ

水分を閉じ込めて、お肌の潤いを保ってくれるボディオイル。
お風呂上がりにゆったりマッサージをすれば、リラックス効果にも期待大です。

仕事の環境的に香水が使いづらい人や強い香りが苦手な人も、ボディオイルなら優しくふんわりと持続する香りをまとえます。

今まで使ったことがない人も、一度試してみてくださいね。


てんむす

ライター

てんむす

大阪府生まれ京都府在住。生き物と食べ物が好き。2019年に行ったドイツ旅行で大きな博物館とおいしいグミに感激し、ドイツ語を勉強中です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事