カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
「住宅ローン」で損したくない!プロが教える“賢い”家の買い方とコツ

2020.07.27

PR:イズホーム

「住宅ローン」で損したくない!プロが教える“賢い”家の買い方とコツ

家を買うときに借りる「住宅ローン」。大きな金額だけに損はしたくない!と思う人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「住宅ローン」を借りる前に知っておきたい金利のことや「ローン特約」について、不動産のプロにお話を聞きました。

マイホームを購入するときにほとんどの人が借りる「住宅ローン」。とはいえ「ローンと聞くと何だか怖い」、「大きなお金なので損はしたくない」という人も多いはず。今回は、『イズホーム 堺本社』店長の山口祐生さんに「住宅ローン」を借りる前に知っておくとお得な“賢い家の買い方のコツ”を教えていただきました。

マイホーム購入のための自己資金は諸経費分だけでOK!?

イズホーム_家

住宅を購入しようと思ったときにまず心配になるのがお金のこと。いくら自己資金があればいいのか、「住宅ローン」を借りることはできるのか、金利はどこが低いのかなど、いろいろ気になりますよね。まずは自己資金はいくらぐらいあればいいのでしょうか?

「物件購入代金は『住宅ローン』で借りるとして、大切なのは、仲介手数料やローン保証料、火災保険などの諸費用(諸経費)が払えるかどうかですね。だいたい200万円ぐらいあれば十分かと思います。『諸費用ローン』といって、諸費用のために借りられるローンもあるのですが、金利が少し高いのでその分は自己資金として持っておくことをオススメします」と山口さん。

ひと昔前は、物件購入代金の10%を自己資金として持っておくようにというのが常識だったとか。ただし、最近では金利が低いこともあり、諸費用だけでもあればマイホームを買う夢も叶えられると言われているそうです。
 

「住宅ローン」をどこで借りる?

イズホーム_電卓

「住宅ローン」は、都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・共済・ネット銀行など、さまざまな金融機関で借りることができますが、どこで借りるのがオススメなのでしょうか?

「金利は低い順に都市銀行・地方銀行・信用金庫で、さらに低いのはネット銀行と言われています。ネット銀行は金利は低いですが、審査基準も厳しく、審査にも時間がかかります。弊社としては、都市銀行・地方銀行・信用金庫・ネット銀行でローンの審査が通らないなら家を買うのを諦めた方がいいとお伝えてしています」(山口さん)。

「住宅ローン」の審査が通りにくい人とは?

イズホーム_NG

いざ「住宅ローン」を借りようと思っても、まず審査が通らなければ何も進みません。審査が通りにくいパターンはあるのでしょうか?

「若い方で計画性もなく、ただ単にお金を借りたいというだけの方や、クレジットカードで延滞している方、返済が遅れていた時期がある方など、過去の履歴に関してはとてもシビアに見られてしまいます。フリーランスの方でも、延滞が一切無く、カード限度額も少なければ、過去の実績が高いと見なされ、計画性があると思われるので審査は通りやすいでしょう」(山口さん)。

また、クレジットカードをいっぱい持っている人も注意が必要なのだとか。
「例えば、限度額が50万円のカードを10枚持っているとして、1円も借りていなくてもカードを持っているだけで500万円を借りていると見なされます。ですので、『住宅ローン」を借りる時にカードを解約するように銀行側から言われることもあります」(山口さん)。

ということは、使っていないカードは解約しておく方がいいということですね?
「はい、不要なカードは事前に解約しておくことをオススメします。それによって金利も変わってきますので」(山口さん)。

金利はどのように決まるの?

イズホーム_ペン
金融機関によって異なる金利ですが、どのように決まるのでしょうか?

「金利は、今まで自分が積み上げてきた信用につけられる点数みたいなものです。自分の年収や返済比率(年収に占める年間返済額の割合)、職業、クレジットカードの利用状況や延滞の有無、など過去に行ってきたことにかかってくるんです。金融機関は、リスクが高い人には高い金利で貸す、この人は大丈夫と信用されたら低い金利で貸すということです」(山口さん)。

「住宅ローン」で損をしないためには?

イズホーム_PC

では実際に「住宅ローン」を申し込むときに、損をしない方法はあるのでしょうか?

「不動産業者を通じて都市銀行か地方銀行で『住宅ローン』を申し込んでおいて、自分でネット銀行の『住宅ローン』を申し込みます。ネット銀行の審査が通れば、そこで借りることを不動産業者に伝えておけばOKです。さらに、都市銀行か地方銀行の審査が通らなければ『ローン特約』を使うことをはっきり伝えておきましょう」(山口さん)。

「ローン特約」とは、「ローンの審査が通らずに借りることができなかったら、住宅購入をキャンセルできる」という契約のこと。この「ローン特約」についてしっかり学んでいくことが大切だと山口さんは言います。

「契約書の中には『ローン特約』に関する欄がありますので、必ず銀行名も記入してその銀行の審査が通らなければキャンセルすることを明記しておきましょう。そうしなければ、高い金利の金融機関で『住宅ローン』を組んでしまう恐れもありますし、キャンセルすれば違約金も発生してしまいます」。

やっぱりプロにお話を聞くことは大切で、ある程度の勉強も必要なのですね。
「今日お話したこと以外に、大切なことは良い不動産業者を選ぶことですね。その選び方や『住宅ローン』については当社の『イズホーム不動産ちゃんねる』でも動画を配信しています。ぜひご覧ください!」。

イズホーム_山口さん
「住宅ローン」について丁寧に教えてくれた『イズホーム 堺本社』山口店長
イズホーム_堺本社
『イズホーム 堺本社』

まとめ

イズホーム_ソファ
今回は、「住宅ローン」を借りる前に知っておきたいことをご紹介しました。『イズホーム』では「住宅ローン」の借り方や物件探し、リノベーションについて詳しく教えてくれる無料WEBセミナーや無料相談会を開催しています。

「マイホーム」や「住宅ローン」に興味のある方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

※記事内容は2020年7月現在の制度に基づいて作成しています。

▼こちらの記事もご参考に▼

『イズホーム』堺本社

イズホーム サカイホンシャ
住所
大阪府堺市中区深井沢町3135
アクセス
泉北高速鉄道「深井駅」より徒歩3分
営業時間
10:00〜18:00
定休日
お盆、年末年始(詳細は要問合せ)
電話番号
SNS
その他情報

※東住吉店、住之江店、不動産堺中店、大阪狭山店、堺西店、堺北店、不動産堺東店あり


関連記事