カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
部屋探しのオススメ時期は?引っ越し費用が安くて良い物件に出会える時期を徹底解説

2020.06.08

部屋探しのオススメ時期は?引っ越し費用が安くて良い物件に出会える時期を徹底解説

進学や就職、転勤などをきっかけに考え始めることの多い引っ越しですが、実は引っ越し費用が安く、良い物件に出会える時期があること、知っていましたか?今回紹介するポイントを押さえて、ぜひ納得のいく部屋探し&引っ越しをしてくださいね。

一人暮らしに憧れたり、なんとなく気分を変えたいと引っ越しを考えるとき、「住みやすくて、良い物件に巡り合いたい」と思う人がほとんどではないでしょうか?

けれど実際は、1年間のうちに半年ほどは「引っ越しラッシュ」と言われているため、良い物件に巡り合う確率は低く、引っ越し代も高くなるそうです。

そこで今回は、不動産屋さん・引っ越し業者さん・転勤族・一人暮らし経験者などに話を聞き、「引っ越し代が比較的安く、良い物件に巡り合える確率が高い月」についてまとめてみました。

引っ越しラッシュを避けるのがポイント

引越しの荷造り
不動産屋さんや引っ越し業者さんをはじめ、いろいろな人に話を聞いたところ、「引っ越し代が安く、良い物件に巡り合う」ためには、引っ越しラッシュを避ける必要があるそうです。

なぜ引っ越しラッシュを避けたほうがいいのか……

  • 「繁忙期には次から次にお客様が来るので、1人のお客様に割ける時間が少なくなり、ニーズに合った物件の紹介件数が少なくなる傾向にある。」(不動産)
  • 「紹介できる物件が少なくなる引っ越しラッシュの時期は、間取りの悪い物件や日当たりの悪い物件でも、妥協して契約される方が多いです。」(不動産)
  • 「引っ越しラッシュの時期は、『絶対にこの時期に引っ越さなきゃいけない』という方が多く、いろいろな業者から見積もりを取って……という時間にゆとりのある人が少ないため、値引きもほとんどしません。」(引っ越し業者)

といった理由があるためです。

引っ越しラッシュを避けるメリット

引越しについて考える
引っ越しラッシュを避けることで、下記のようなメリットがあるようです。

  • 「お客様が少ない時期は、気持ち的にも時間的にもゆとりがあるので、意識しているつもりはなくても繁忙期より丁寧で親切に物件を紹介できている気がします。」(不動産)
  • 「お客様のニーズに合わせた物件を、いろいろな角度から探すことができます。繁忙期だと忙しすぎて、あとから『あの物件も条件に合っていたかも?』と思うこともあります。」
  • 「大家さんと家賃交渉をするゆとりがある。」(不動産)
  • 「一応、毎月の売上げノルマとか件数みたいなのがあるので、閑散期だと値引きして件数をこなすようになりますね。」(引っ越し業者)
  • 「荷物はいつも丁寧に運んでますけど、閑散期は精神的にも肉体的にもゆとりがあるので、さらに丁寧に運べますね。」(引っ越し業者)

つまり、引っ越しラッシュ以外の期間には、「引っ越し代が安く、良い物件に巡り合う」ためのメリットがたくさんあるということになります。

では、「引っ越しラッシュ」と呼ばれる時期は何月頃なのか、具体的にみていきましょう。

1年間のうちに半年もある「引っ越しラッシュ」

冒頭でも少し触れていますが、1年のうちの約半分が「引っ越しラッシュ」と呼ばれる期間にあたり、物件が少なくなったり、引っ越し代が高くなったりします。

まず、高校・大学の入学や就職をキッカケに引っ越しをするのは、2月~4月上旬と言われていて、一人暮らしの物件が多く動く時期です。

そして、もうひとつの引っ越しラッシュの時期は、転勤族の秋転勤がある9月中旬~10月・12月と言われています。

では、もう少し詳しく、各項目についてみていきましょう。

一人暮らし編「いつから物件を探すべき?」

引っ越しの時期は秋がオススメ
まず、学生の場合。学生マンションへは、下記のような手順で引っ越すと比較的お得なようです。

  • 早いところでは11月頃から学生マンションの入居募集がなされているので、その頃から物件を探す。学生マンションにこだわらない場合には、もっと早くから物件を探す
  • いくつかの引っ越し業者から見積もりを取り、価格交渉をする

次に、新卒入社・新社会人の場合。

  • 物件は、1~3月が狙い目と言われていますが、主要都市などの人気エリアで探したり、条件にこだわりたい場合には、早めの11月頃から探す
  • いくつかの引っ越し業者から見積もりを取り、価格交渉をする。もしくは、最初は親元などから通勤し、引っ越し代の安い6月もしくは11月に引っ越すよう段取りする

3月には卒業や転勤などで退去する人が多く、物件が空きやすいと言われています。

ただ、物件が空いていても自分の理想の物件と巡り合えないケースも多く、その場合には残っている物件から妥協して選ぶことになってしまうのです。

新卒入社・新社会人の場合には、入社式や初出勤前には引っ越しを完了させておく必要があるため、ゆとりを持って探しておきましょう。

なお、ゆとりのある時期とは、人気エリアでの部屋探しの場合には、年明け前からとも言われていますので、11月頃から探しはじめるのがオススメです。

2人以上で暮らす編「いつから物件を探すべき?」

2人で引っ越す
2人以上で引っ越す場合には、下記の要領で進めると比較的お得なようです。

  • 2月~4月上旬と9月中旬~10月・12月の2つの引っ越しラッシュを避ける
  • 4月中旬~10月頃までに物件を決めておく
  • 引っ越し代の安い梅雨時期の6月もしくは、11月に引っ越す

実は、一人暮らしの引っ越しラッシュと同じく、2人以上で暮らす家族向け物件も、2月~4月上旬頃までは「春転勤」などで引っ越しラッシュとなります。

また、秋転勤の会社も多いため、2月~4月上旬の引っ越しラッシュよりは落ち着いているものの、9月中旬~10月・12月は第2の引っ越しラッシュ時期でもあります。

辞令は10月1日に出るケースが多いようですが、内示は1ヶ月前から出ることが多いので、先に家族だけが引っ越して準備を整え、転勤者を待つというケースも。

最初は転勤前の自宅から通ったり、転勤後の会社近くにあるホテルを借りるなどして、良い物件がみつかり次第引っ越すというのもひとつの手段ですね。

2回ある引っ越しラッシュの違い

大都市
1回目の引っ越しラッシュ「2月~4月上旬」は、入学や就職の関係で多くの都道府県が引っ越しのピークとなります。

それに比べ、社会人である転勤族のみが主な要因となる2回目の引っ越しラッシュ「9月中旬~12月」は、下記のような都市が中心となるようです。

・東京
・神奈川
・埼玉
・千葉
・大阪
・兵庫
・福岡

など

地域によっては、引っ越し閑散期となることもあるようですので、1年以内で引っ越しを考えている場合には、「引っ越しを考えているのですが、何月に引っ越せば料金が安くなりますか?」と引っ越し業者さんに尋ねてみましょう。

まとめ

今回紹介したように、良い物件に巡り合う確率を上げたり、より安い費用で引っ越すためには、みんなが引っ越しや引っ越し準備をする時期は避けたほうが無難と言えます。

まずは、引っ越し費用の安い梅雨時期の6月や、引っ越しが落ち着く11月頃に引っ越し予定日を設定し、3ヶ月くらい前から物件を探すのがオススメです。

なんとなく、「一人暮らし」や「引っ越し」を考えることはあると思いますが、実際に動き出すときには、ステキな物件へより安く引っ越すためにも、半年ほどかけてじっくりと探してみてくださいね。


山内 良子

ライター

山内 良子

珍しいことや面白いこと、心理学が大好き。 日本全国を巡りながら、さまざまなジャンルの記事を執筆中。 接客改善業務や金融会社での勤務、波乱に満ちた経験なども交え、読者様の生活に役立つ情報発信を心がけています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事