カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
コーヒー豆のサブスクおすすめ9選!価格や豆の質など選ぶポイントも解説

公開:2024.02.08 更新:2024.02.13

コーヒー豆のサブスクおすすめ9選!価格や豆の質など選ぶポイントも解説

自宅で本格的な味が楽しめる”コーヒー豆のサブスク”。定額制でコーヒー豆が届く便利なサービスですが、選び方が難しく悩んでいませんか?今回は、コーヒー豆のサブスクを選ぶポイントとおすすめサブスク9選を紹介します。本格コーヒーでゆったり時間を過ごしましょう。

コーヒー豆のサブスクを選ぶポイント4つ

ドリップコーヒー

はじめに、コーヒー豆のサブスクを選ぶ4つのポイントについて解説します。
たくさんあるサブスクの中から何を基準にして選べばいいかわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

【1】月額コスト

サブスクを利用するにあたって、一番気になるのはコストではないでしょうか。サブスクは定期的に届く仕組みなので、無理なく続けられる値段が好ましいです。どんなに美味しいコーヒーでも高すぎては続けられません。月額コストは”1杯あたりの価格”で考えるといいでしょう。コーヒー1杯(約150cc)に使用する豆は10gといわれています。そのため、内容量を10で割れば杯数がわかります。サービスの価格だけで高い・安いを判断せず、1杯分の値段で判断するようにしましょう。

【2】コーヒー豆の内容量

定期的に届くサブスクは、次回の配送までに無理なく飲み切れる内容量を注文するのがおすすめです。飲みきれない量が届くとコーヒー豆の劣化が進み、品質が保てなくなります。指定した配送頻度に合わせて、次回までに飲み切れる量を注文するといいでしょう。月に何杯飲むのか、1日に何人分のコーヒーを淹れるのかなどを計算をしてから量を決めるのがおすすめです。たまに飲むくらいなのであれば、サービスの停止やスキップができるサブスクを選ぶと、豆を無駄にせず続けられますよ。

【3】味わいの好み

コーヒー豆一つを取っても、焙煎度合いや原産国によって味わいはさまざま。せっかくコーヒーを楽しむのであれば、好みの味わいのものを飲みたいですよね。コーヒーの焙煎度には大きく分けて“深煎り・中煎り・浅煎り”の3つがありますが、さらに細かく分けることもできます。豆の原産国によって味の特徴があり、焙煎度合いでコクや酸味、風味の違いが出ます。いろいろな豆を試して、好みの味を探すのも面白いですよ。

【4】配送頻度

コーヒーの鮮度を保つには、配送頻度を決めることが大切です。コーヒーのおいしさが続く期間は、豆のままであれば焙煎して1ヵ月間、挽いた豆であれば1〜2週間といわれています。飲む機会が少なくなり、豆の消費が遅くなるようであれば配送頻度を変えたり、サービスをスキップする仕組みがあると便利です。

コーヒー豆のサブスクおすすめ10選

おうちカフェでドリップコーヒー

本章では、コーヒー豆のサブスクおすすめ10選を紹介します!
先程解説した「選ぶポイント4つ」に沿って解説しているので、サービスを選ぶ際の参考にしてください。

1.PostCoffee

PostCoffeeのコーヒーサブスク

@postcoffee.co
icon

「PostCoffee」では、日本だけではなく世界の人気コーヒーショップの豆から好みのものを選べます。好みがわからない人は、”無料コーヒー診断”で自分に合うコーヒーを見つけられますよ。

【1.コスト】
15杯1,980円、30杯3,880円、60杯7,480円の3コースから選択
【2.内容量】
15杯分225g、30杯分450g、60杯分900g(全てのコースで3種類の豆を提供)
【3.味わい】
世界から厳選された200種類以上の豆から好みの味を選べる
【4.頻度】
1カ月に1回、2週間に1回から選択

※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

2.KITASANDO COFFEE

KITASANDO COFFEEのコーヒーサブスク

@kitasando_coffee
icon

「KITASANDO COFFEE」は品質にこだわったスペシャルティコーヒーを扱うお店です。届くコーヒー豆は、豆のままか粉から選べます。高品質なスペシャルティコーヒーを家で楽しむことができ、贅沢な時間を過ごせますよ。

【1.コスト】
2,100円、2,800円の2種類の金額設定
【2.内容量】
50g×3種類、100g×3種類の2パターン
【3.味わい】
浅煎り、深煎り、おまかせから選択
【4.頻度】
1カ月に1回、隔週から選択

※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

3.ROKUMEI COFFEE CO.

ROKUMEI COFFEE CO.のコーヒーサブスク

@rokumei_coffee_co._
icon

「ROKUMEI COFFEE」は、奈良にある創業1975年の老舗コーヒーショップです。焙煎技術を競う日本大会で優勝経験のある焙煎士が在籍し、良質なスペシャルティコーヒーを提供しています。豆のままはもちろん、中挽き・粗挽き・極細挽きから指定できるのも嬉しいポイントです。

【1.コスト】
3,780円、4,860円、5,400円、6,480円から選択
【2.内容量】
スペシャルティコーヒー250g×3袋/250g×2袋、スペシャルティコーヒー焙煎士おすすめ150g×3種類/250g×3種類、スペシャルティコーヒー ドリップバッグ8pcs x 4種から選択
【3.味わい】
人気の「ロクメイブレンド」、「サルサワブレンド」をはじめ、焙煎士がおすすめする季節のコーヒーセットから選べる
【4.頻度】
1カ月に1回(毎月19日発送)

※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

4.THE COFFEESHOP

THE COFFEESHOPのコーヒーサブスク

@thecoffeeshop_jp
icon

焙煎士がテイスティングを繰り返して選んだ、本当に美味しいと思えるコーヒー豆だけを買い付けし提供しています。挽き具合の指定はもちろん、水出しパックでの提供も可能です。

●シングルオリジンライトコースの場合
【1.コスト】
お試し初月お試し980円(2カ月目以降1,380円)
【2.内容量】
50g x 2種類
【3.味わい】
焙煎士がキュレーションしたシングルオリジンコーヒーが届くため、お気に入りを見つけたい方や違いを楽しみたい方におすすめ
【4.頻度】
1カ月に1回

※上記以外にも多数コースあり
※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

5.TAOCA Coffee

TAOCA Coffeeのコーヒーサブスク

@taocacoffee
icon

注文時に備考欄で味の好みを伝えると、バリスタがスペシャルティコーヒーから好みの味を見つけて配送してくれます。毎回どのような味のコーヒーが届くのか楽しみになりますね。

【1.コスト】
2,800円、4,200円から選択可能(7,000円〜55,000円の大容量コースもある)
【2.内容量】
100g×3パック、250g×2パックから選べる(1kg、2kg、5kg、10kgの大容量タイプもある)
【3.味わい】
浅煎り、中煎り、深煎り、おまかせなどの好みを伝えることができる
【4.頻度】
1カ月に1回

※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

6.Nif Coffee

Nif Coffeeのコーヒーサブスク

@nifcoffee
icon

「Nif Coffee」は高品質なコーヒー豆をリーズナブルに提供するため、商品は3種類に絞りシンプルでわかりやすいラインナップにしています。豆を挽く場合は、中挽きのみ対応しています。

【1.コスト】
「ふつう」・「ふかいり」1袋949円、「とくべつ」1袋1,699円
【2.内容量】
1袋160g
【3.味わい】
「ふつう」・「ふかいり」・「とくべつ」の3種類から選択
【4.頻度】
1カ月に1回/2カ月に1回/3カ月に1回のほか、14日~90日ごとの間隔でも指定可能

※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

7.LIGHT UP COFFEE

LIGHT UP COFFEEのコーヒーサブスク

@lightupcoffee
icon

「LIGHT UP COFFEE」は、爽やかな酸味と豆の甘味が感じられる軽やかなシングルオリジンコーヒーを提供しています。定期便では毎月違う味わいのコーヒー豆を楽しめます。

【1.コスト】
1,500円、2,500円、3,600円の3コースから選ぶ
【2.内容量】
45g×3種類、250g×1種類、150g×3種類
【3.味わい】
生産地や豆の持つ良さを引き出したシングルオリジンコーヒーを提供
【4.頻度】
1カ月に1回(5の倍数の日付を指定可能)

※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

8.BLUE BOTTLE COFFEE

BLUE BOTTLE COFFEEのコーヒーサブスク

@bluebottlejapan
icon

「BLUE BOTTLE COFFEE」は、世界中から買い付けした生豆を自社ロースターで丁寧に焙煎しています。フレッシュで風味豊かなコーヒーが楽しめます。

【1.コスト】
4,158円
【2.内容量】
200g×2袋
【3.味わい】
おすすめのブレンドコーヒーと旬の豆を使用したシングルオリジンコーヒーを提供
【4.頻度】
1カ月に1回

※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

9.VERVE COFFEE ROASTERS

VERVE COFFEE ROASTERSのコーヒーサブスク

@vervecoffeejapan
icon

「VERVE COFFEE ROASTERS」では、好みによってブレンドコーヒーとシングルオリジンコーヒーから選べます。配送頻度の選択肢が多いのも嬉しいポイントです。

【1.コスト】
2,150〜5,250円の価格帯(種類や個数によって違う)
【2.内容量】
200gの豆を1〜3個指定可能
【3.味わい】
4種類のブレンドコーヒーや、豆本来の味を引き出したシングルオリジンコーヒーを提供
【4.頻度】
最短で1週間、最長で3カ月間隔で指定可能

※2024年1月現在の情報です。最新の情報は、公式サイト等で確認ください

コーヒー豆のサブスク利用で充実したブレイクタイムを♪

コーヒーをたのしむ女性

コーヒー豆のサブスクを利用すると、定額料金でさまざまな種類のコーヒー豆を楽しめます。日頃からコーヒーが好きな方や、これからコーヒーライフを楽しみたい方など、状況に合わせて量や配送頻度を選べる便利なサービスです。本格的な味わいのコーヒーでゆったりした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。


ライター

マリエ

カフェでバリスタをする傍ら、ライターとして活動する2児の母。自然、コーヒー、インテリア好きで、整理収納や暮らしを快適にする方法を考えるのが得意です。豊かなライフスタイルを送るための情報をお届けします。

このライターの記事をもっと読む

関連記事