カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
映画『利休にたずねよ』主演・市川海老蔵、田中光敏監督記者会見レポート

2013.11.14

映画『利休にたずねよ』主演・市川海老蔵、田中光敏監督記者会見レポート

第37回モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞受賞の快挙を成し遂げた『利休にたずねよ』。 12月7日(土)の公開を1カ月後に控えた11月7日(木)、千利休生誕の地・堺にて、記者会見が行われた。

(C)2013「利休にたずねよ」製作委員会
(C)2013「利休にたずねよ」製作委員会

「茶聖」と称えられ、かの信長、秀吉も畏れたという利休の「美意識」。もし、その美意識が、若い頃の情熱的な恋に始まっているとしたら……。そんな大胆な仮説からなる『利休にたずねよ』は、第140回直木賞受賞作の同名小説が原作。映画化にあたり、著者の山本兼一氏と田中監督は、「利休役は市川海老蔵以外考えられない」という意見で一致していた。

「海老蔵さんは、“心で演じる人”。現場では彼の演技にスタッフがもらい泣きするほど。そうかと思うと、すごくギラギラと人間的で。そんなエネルギー溢れる役者は、日本映画界広しといえど市川海老蔵をおいていないと思っていましたし、撮り終えた今でもそう感じています」(田中監督)。

しかし、市川を“口説き落とす”には1年も要したという。「私ごときが、千利休という位の高い御方、表千家、裏千家、武者小路千家と位の高い御家柄の御先祖様を演じていいものか、とお断りし続けました」(市川)

過去、利休役を務めたのは三船敏郎、三國連太郎ら。市川の周囲では「(演じるのは)まだ早いのでは」との声もあったという。ただ、1年間も自分を口説き続ける2人の熱意に応えるべきではないか、と初めて原作を手にする。

「“天才は最初から天才ではない”ということが描かれており、もしかしたらできるのではないかと。私は与四郎(利休の幼名)と宗易(利休の号)を演じたい、そのかわり利休は團十郎さんに務めていただいてはとお話をしましたら、監督も山本さんも『海老蔵がいい』と。そこまでおっしゃってくださるなら、どうにかして務めようとお受けしました」(市川)

本作は、2012年11月5日に『東映京都撮影所』にてクランクイン。スタジオセットの他、『三井寺』、『神護寺』、『彦根城』といった国宝級の建造物での撮影も敢行された。「スタッフの熱意、京都という場所、そして千利休という方の偉大さが、文化財での撮影を許して下さったのだと思います」(田中監督)。

また、市川の希望により、撮影では利休が実際に使用した時価数億円ともされる名器も手配。市川も「それ(茶碗)を触り、(お茶を)飲んだとき、利休が何をしようとし、どういうものを求めていたのかが自分の中で全部整いました」と“本物”を手にした瞬間の印象を語った。

映画『利休にたずねよ』今年2月3日、利休の茶の師匠である武野紹鷗(たけのじょうおう)を演じた市川團十郎がこの世を去った。
父との初にして最後の映画共演について、市川は「歌舞伎の世界では、私が父の教えでないことをするということは絶対にないわけです。ただ、映画では父の教えでないことをぶつけたので、父は大変不満そうでした(笑)。父と撮影でしっかり戦えたことは本当に楽しかった」と語り、「観終わった後に、腹の中にグーッと何かが染み渡るような、いい映画に仕上がったと思います」とPRした。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
『利休にたずねよ』
【STORY】
豊臣秀吉(大森南朋)のもと、“天下一の宗匠”として名を馳せる千利休(市川海老蔵)。しかし利休の名声が高まるにつれ、秀吉は心を乱し、利休を窮地に追い詰め、ついには切腹を命じる。
3000の兵に取り囲まれ、自らの腹に刃を立てようとする利休に、妻・宗恩(中谷美紀)がたずねる。「あなた様にはずっと想い人がいらっしゃったのでは……」。その言葉に、利休は胸に秘めていた遠い記憶を蘇らせていく。
若いころ、利休は色街で放蕩の限りを尽くしていた。そんなある日、利休は高麗からさらわれてきた美しい女(クララ)と出会い、心を奪われる。しかし、女は一国の王への貢ぎ物であり、叶うはずのない恋だった。やがて別れの時が迫る。若い利休の情熱は、ある事件を引き起こす……。
——————————————————————————————————————————–
【公式HP】 http://www.rikyu-movie.jp/
【原作】 『利休にたずねよ』(山本兼一著・PHP文芸文庫)
【監督】 田中光敏
【出演】 市川海老蔵、中谷美紀、成海璃子、福士誠治、クララ、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香/市川團十郎(特別出演)/檀 れい、大谷直子、柄本 明、伊武雅刀、中村嘉葎雄、伊勢谷友介、大森南朋 ほか
2013年/日本/2時間3分
【配給】 東映
——————————————————————————————————————————–
12/7(土)公開
【大阪】
梅田ブルク7、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、あべのアポロシネマ、MOVIX堺、TOHOシネマズ鳳、TOHOシネマズ泉北、ユナイテッドシネマ9岸和田、高槻アレックスシネマ、イオンシネマ大日、シネプレックス枚方、イオンシネマ茨木、MOVIX八尾、109シネマズ箕面、布施ラインシネマ、イオンシネマりんくう泉南
【京都】
T・ジョイ京都、MOVIX京都、TOHOシネマズ二条、イオンシネマ高の原、イオンシネマ久御山
【兵庫】
109シネマズHAT神戸、OSシネマズミント神戸、OSシネマズ神戸ハーバーランド、姫路大劇シネマ、塚口サンサン劇場、MOVIXあまがさき、TOHOシネマズ西宮OS、TOHOシネマズ伊丹、イオンシネマ加古川
【滋賀】
ユナイテッド・シネマ大津、イオンシネマ近江八幡、イオンシネマ草津、水口アレックスシネマ
【奈良】
シネマサンシャイン大和郡山、MOVIX橿原、TOHOシネマズ橿原、イオンシネマ西大和
【和歌山】
ジストシネマ和歌山、ジストシネマ御坊
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆映画『利休にたずねよ』オリジナル筆ペンを10名にプレゼント!◆
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!


関連記事