カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
映画『何者』

2016.09.20

映画『何者』

『桐島、部活やめるってよ』の原作者で直木賞作家・朝井リョウのベストセラーを映画化。 就職活動に挑む5人の大学生たちが、自分が「何者」なのかを模索する姿を描く

(C) 2016映画「何者」製作委員会 (C) 2012 朝井リョウ/新潮社
(C) 2016映画「何者」製作委員会 (C) 2012 朝井リョウ/新潮社

大学の演劇サークルに全力投球していた冷静分析系男子・拓人(佐藤 健)。
拓人のルームメイトで、何も考えていないようで着実に内定に近づいていく天真爛漫系男子・光太郎(菅田将暉)。
光太郎の元カノで、拓人がずっと前から片想いをしている地道素直系女子・瑞月(有村架純)。
瑞月の友達で、拓人たちの部屋の上に住んでいる、意識高い系女子・理香(二階堂ふみ)。
理香と同棲中で、就活はしないと宣言する空想クリエイター系男子・隆良(岡田将生)。

就職活動の情報交換のため、定期的にひとつの部屋に集まる5人の大学生は、海外ボランティアの経験やサークル活動、業界の人脈など、様々な手段を駆使して就活に臨んでいた。
自分が何者かを模索する彼らは、それぞれの思いや悩みをSNSで発信するが、就活のやり方やスタンスの違いから、いつしか互いに嫌悪感や苛立ちを覚え、次第に人間関係が変化していく。

そしてついに内定者が現れたとき、抑えられていた嫉妬や本音が噴出し……。

サブ①サブ②

『桐島、部活やめるってよ』の朝井リョウが平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した『何者』を、『愛の渦』の三浦大輔がメガホンをとって映画化。

人として誰が一番価値があるのか? 自分はいったい「何者」なのか?
就職活動を通して模索する5人の大学生を、日本を代表する若手実力派俳優たちが熱演。

サブ③④

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
⑤【公式HP】 http://nanimono-movie.com/
【原作】朝井リョウ『何者』(新潮文庫刊)
【監督・脚本】三浦大輔
【出演】佐藤 健、有村架純、二階堂ふみ、
菅田将暉、岡田将生 / 山田孝之 ほか
2016年/日本/1時間38分
【配給】 東宝
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
10/15(土)公開
【大阪】
TOHOシネマズ 梅田TOHOシネマズ なんばあべのアポロシネマMOVIX八尾高槻アレックスシネマイオンシネマ茨木109シネマズ大阪エキスポシティ109シネマズ箕面イオンシネマ大日イオンシネマ四條畷シネプレックス枚方TOHOシネマズ くずはモールTOHOシネマズ 泉北MOVIX堺TOHOシネマズ 鳳ユナイテッド・シネマ岸和田イオンシネマりんくう泉南
【京都】
TOHOシネマズ 二条イオンシネマ京都桂川T・ジョイ京都イオンシネマ久御山イオンシネマ高の原
【兵庫】
OSシネマズミント神戸OSシネマズ神戸ハーバーランド109シネマズHAT神戸TOHOシネマズ 西宮OSMOVIXあまがさきTOHOシネマズ 伊丹イオンシネマ明石イオンシネマ三田ウッディタウンイオンシネマ加古川アースシネマズ姫路
【滋賀】
ユナイテッド・シネマ大津イオンシネマ草津イオンシネマ近江八幡
【奈良】
TOHOシネマズ 橿原シネマサンシャイン大和郡山
【和歌山】
ジストシネマ和歌山イオンシネマ和歌山
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆映画『何者』試写会(大阪)に20組40名を招待!◆
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
【日時】10/8(土)18時開場、18時30分開映
【会場】大阪商工会議所 国際会議ホール
※大阪市中央区本町橋2-8

(地下鉄「堺筋本町駅」徒歩7分、地下鉄「谷町四丁目駅」徒歩7分)
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募締切:9/30(金)16時。
応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!


関連記事