カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【京都】わらび餅の人気店が河原町にオープン!「とろり天使のわらびもち」

2022.03.17

【京都】わらび餅の人気店が河原町にオープン!「とろり天使のわらびもち」

京都河原町に、やわらかい食感と美味しさで大人気のわらび餅専門店「とろり天使のわらびもち 京都河原町店」(京都府京都市下京区四条通小橋西入)が2022年3月18日(金)にオープン。「飲むわらびもち」の新フレーバー「ゆず小町」がいち早く飲める注目店です。

2022年3月18日(金)、京都河原町にわらび餅専門店「とろり天使のわらびもち 京都河原町店」(京都府京都市下京区四条通小橋西入)がオープン!

やわらかい食感と美味しさで大人気の「とろり天使のわらびもち」

口に含めばトロトロと溶けてしまうほど、やわらかな食感でブームを巻き起こしているわらび餅専門店「とろり天使のわらびもち」。
「一度味わうとクセになる」と根強いファンが多い同店が、京都河原町に誕生します。

女子高生の発想から誕生した「飲むスイーツ」

同店の看板メニュー「飲むわらびもち」は、アルバイトの女子高校生が「とろとろすぎて、ストローで飲めちゃうのでは?」と発想し生まれた、飲むスイーツ。

「わらび餅を飲む」というインパクトと見た目の可愛さやツルツルののど越しも相まって、満足感が得られる「スイーツドリンク」として大人気商品となりました。

新フレーバー「ゆず小町」をいち早く京都河原町で

飲むわらびもちの新作
写真左より「飲むわらびもち ゆず小町」(680円)、「飲むわらびもち 桜餅」(680円)

「飲むわらびもち」の定番フレーバーは黒蜜、抹茶、ミルクティー。
それに加え、京都河原町店では「ゆず小町」を新発売!
春に食べたい「桜餅味」も販売されるので、注目です。

「とろとろ生わらびもち」はお土産におすすめ

抹茶わらび餅
「とろとろ生わらびもち 抹茶」(小箱200g・700円、大箱400g・1,300円)※黒蜜追加50円

山菜ワラビの根の部分10kgからわずか70gしか採れない、貴重な本わらび粉を使用した同店の「とろとろ生わらびもち」。
門外不出の配合率が生み出すトロットロの柔らかさは、爪楊枝が刺さらないほど。そのため、割り箸を添えて提供されています。

定番の「和三盆」に加え、京都河原町店では新たに、京都らしい生わらび餅の「抹茶味」を販売。ほろ苦い抹茶と優しい甘さのわらび餅の絶妙な相性をぜひ楽しんで!

「飲むわらびもち」を鴨川散策のお供に

飲むわらびもち
写真左より「飲むわらびもち 抹茶」(680円)、「飲むわらびもち 黒蜜」(680円)、「飲むわらびもち ミルクティー」(680円)

「とろり天使のわらびもち 京都河原町店」は鴨川にもほど近い場所にテイクアウト専門店としてオープン。
春が到来し、鴨川さんぽも心地よい季節! そのお供に「飲むわらびもち」をいかがでしょうか。

※【画像・参考】合同会社リアル
※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。


○店舗情報
店名:「とろり天使のわらびもち 京都河原町店」
住所:京都府京都市下京区四条通小橋西入真町85(MAP
営業時間:11:00~20:00
定休日:なし
公式サイト
Instagram


関連記事