カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【堺筋本町】「ヴィーガンカフェシスター」の魅惑のスイーツに大注目!

2021.08.25

【堺筋本町】「ヴィーガンカフェシスター」の魅惑のスイーツに大注目!

大阪発のヴィーガンスイーツ専門店「Vegancafe sister(ヴィーガンカフェシスター)」。卵や乳製品などの動物性食材を使わず、100%植物性の食材を使用したスイーツを楽しむことができます。見た目も華やか、味もリッチなスイーツを召し上がれ!

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

世界中のヴィーガンフードを学んでオープンしたお店

シスターの外観
雨の日以外はテラス席も利用可能です

「Vegancafe sister」があるのは、Osaka Metro「堺筋本町駅」3番出口から徒歩5分ほどの場所。ガラス張りでスタイリッシュな外観が目印です。

シスターの看板

ご自身もヴィーガンで、ヴィーガン料理教室を主宰する今井奈都紀さんが2020年11月にオープンしたお店。大阪でも珍しい、ヴィーガンスイーツだけを取り扱う専門店です。

シスターの店内
注文はカウンターで

体調を崩した際にヴィーガンと出会ったという今井さん。それから何カ国も海外を渡り歩き、独学で勉強をされたそう。そして「ヴィーガンスイーツを通じて、多くの人にヴィーガンの良さを知ってもらいたい」という思いでお店を始められました。

イートインスペース
店内は5席ほど。イートインでも楽しめます

オープン以来、ヴィーガンの方だけでなく、健康志向の方、アレルギーを持っている方、サステナブルな観点からも、多くの人気を集めています。

見た目も味もリッチなスイーツ

スイーツが並ぶショーケース

お店に入ってはじめに目に飛び込んでくるのが、華やかで美しいケーキが並ぶショーケース! 日によって異なりますが、ケーキの種類は7~8種類。定番のものから、季節限定のものまで、いつ訪れても楽しめるラインアップです。

従来の「素朴で何か物足りない」というヴィーガンスイーツの概念を覆すような完成度の高い、同店のスイーツ。しかもすべての生ケーキは、米粉や高きび粉を使ったグルテンフリーで、白砂糖も不使用というこだわりです。

ケーキのアップ

細かい作業が好きという今井さんが作るケーキは、とても繊細。味だけでなく「食べてみたい」と思わせるような、形や色などの見た目にもこだわっています。食べられるお花、エディブルフラワーを使った装飾も乙女心をくすぐられますよね。

焼菓子のラインアップ

ケーキだけでなく、焼菓子やパンも続々と登場しています。こちらは「お店の中でも色々な選択肢を」という観点から、小麦粉を使ったラインアップ。
日によってメニューが異なりますが、この日は「キャロットケーキ」や「ピスタチオクッキー」、「チーズパイ」などの5種類がありましたよ。幅広いバリエーションで罪悪感なく食べられるのは嬉しい!

「Vegancafe sister」

(ヴィーガンカフェ シスター)
住所
大阪府大阪市中央区博労町1-5-15 ナニワビル102
アクセス
Osaka Metro堺筋線 「堺筋本町駅」3番出口より徒歩5分
営業時間
11:00~19:00
定休日
水・木(その他不定休あり、インスタグラムで確認してください)
電話番号
SNS

ライター

太田 かおり

大阪在住のフリーライター。カフェ、スイーツ、クッキー缶、写真がすき。日々おいしいものにアンテナを立てている「食い意地ハリニスト」です。テーブルコーディネートと、おうちカフェも楽しんでいます。

このライターの記事をもっと読む

関連記事