カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
アンダーヘア(VIO)は自己処理できる?気になるセルフでのやり方や注意点

2021.08.11

アンダーヘア(VIO)は自己処理できる?気になるセルフでのやり方や注意点

アンダーヘアの自己処理は、やり方を間違えると肌トラブルにつながります。しかし正しい方法で行えば、コストも抑えられ好きなタイミングでケアが可能です。この記事では、アンダーヘアの自己処理のやり方や注意点などをご紹介します。

水着やビキニになる時期は、ムダ毛の処理方法で悩んでしまいますよね。中でも、アンダーヘアはどこまでケアをすれば良いのか、どんなやり方があるのかわからないことも多いもの。

アンダーヘアはデリケートな部分なため、誤った処理をしてしまうと肌トラブルに発展する危険性があります。
とはいえ、サロンに通うのは時間もコストもかかる上に、人に見せるのは少し恥ずかしいと感じてしまうでしょう。

そこでこの記事では、アンダーヘアの自己処理のやり方や注意点などをご紹介します。コスパが良く、さらに美しい仕上がりのアンダーヘアケアを実現させましょう。

アンダーヘアを自己処理するメリット!こんな人におすすめ

プールを楽しむ女性

アンダーヘアはデリケートな部分なため、自己処理を躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。たしかに刃物を下半身にあてるのは怖いし、不安になってしまいますよね。しかしその分、アンダーヘアの自己処理にはメリットが多くあります。

【1】清潔感が気になる人のメリット

アンダーヘアが整えられることで、排泄物の付着や拭き残しが減ります。

また、下半身は汗をかきやすく汚れが付きやすい場所です。アンダーヘアの処理によって清潔を保つことで快適性が増すだけでなく、病気のリスクも減るでしょう。

【2】肌トラブルが気になる人のメリット

アンダーヘアは、デリケート部分の肌に負担をかけています。たとえば、毛量が多くて蒸れてしまい、肌トラブルが引き起こされるケースは珍しくありません。

アンダーヘアの自己処理によって毛量のコントロールができれば、肌への通気性も改善されます。これによって、肌トラブルを減らせるでしょう。

【3】チクチク・痒みが気になる人のメリット

デリケートゾーンのチクチク・痒みを感じる人は、少なくありません。毛の先端が肌に触れ、刺激を与えてしまう場合が多いためです。

アンダーヘアの自己処理によって、毛が肌に触れるのを防止できます。

【4】経済的な面が気になる人のメリット

アンダーヘアの処理はサロンでもできます。しかし費用がかかる上に毎回通うための時間を作らなければなりません。そのため、コスパが良いとは言い難いでしょう。

自己処理であれば費用は抑えられ、時間のある時に自由にケアができます。

アンダーヘアを自己処理する前の準備

カミソリとシェーバー

アンダーヘアを自己処理するのであれば、事前準備が必要です。次の2点を忘れずに実行しておきましょう。

【1】アンダーヘアの形や長さを決めよう

アンダーヘアーの説明

アンダーヘアの自己処理前にするべき準備の1つ目が、「アンダーヘアの形・長さを決める」という点です。

アンダーヘアの範囲はVライン・Iライン・Oラインと呼ばれる3カ所に分けられます。Vラインが正面から見た三角形の部分、Iラインが足の付け根に隠された部分、Oラインがお尻の穴まわりの部分のアンダーヘアを指します。

それぞれどの部分のアンダーヘアをどの程度残すのか、残した部分の毛の長さはどうするのか、イメージを定めておきましょう。

【2】蒸しタオルで温めておく

仕上がりのイメージが決まったら、次の事前準備に移りましょう。

蒸しタオルで肌を優しく温めておくことで肌が柔らかくなり、アンダーヘアの自己処理によるダメージを軽減できます。蒸しタオルは、濡らしたタオルをビニール袋に入れて電子レンジでチンしたものでOK。熱すぎず、肌に触れた時にじんわり気持ちが良い温度に調整してください。

また、自己処理をするのであれば、日頃からアンダーヘア部分の保湿ケアを習慣づけておくと、処理の際のダメージが少なくなりますよ。


ライター

遠藤 舞衣

メイク・美容・インテリアの楽しさを文字と写真で伝えるライター。元インテリア業界勤務&美容部員経験から家と自身を飾る方法を発信します。企業公式コラムをはじめ多数メディアで執筆中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事