カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【十三】抹茶も!玄米茶も!チャイも!お茶のかき氷専門店「たから」

2021.07.03

【十三】抹茶も!玄米茶も!チャイも!お茶のかき氷専門店「たから」

暑くなると食べたくなるかき氷。阪急「十三駅」すぐ近くにある「たから」は、お茶に特化したかき氷専門店です。ふわふわの氷の上にかかるのは、京都・宇治田原から仕入れる茶葉で作る濃厚なシロップ。本格的なかき氷を召し上がれ!

駅近のオアシス

たからの外観
「氷」の文字が目印です

お店の場所は、阪急「十三駅」から徒歩1分。西改札口を出て1つ目の角を左に進むと、ありました、「氷」の文字! ビルの階段を登って、2階がお店になっています。

たからのビルの階段
ブロックチェックの階段を上へ

店内はカウンターを含めて11席。古民家のような和風の落ち着いた空間です。時折「ちりんちりーん」と鳴る風鈴の音色が、とても涼しげ。暑い中訪れた人々のオアシスになっているようです。

たからの店内

元々はバーとして開店したそうですが、コロナの影響もあり、2021年4月にかき氷屋さんに。かき氷好きのオーナー店主・寶正(ホウショウ)さんが京都で食べた抹茶の美味しさに感銘を受け、お茶に興味をもったのがきっかけとなり、「お茶」にとことんこだわったかき氷屋さんが誕生しました。

こだわりぬいたお茶シロップ

玄米茶のかき氷全体
「米(玄米茶)+信玄餅トッピング」(1,000円)

メニューはかき氷のみ。お店で作り上げる手作りのシロップはどれも自慢の一品です。
抹茶や玄米茶などの定番メニュー約10種類に加え、季節限定フルーツのかき氷も楽しむことができます。

玄米茶のかき氷

香ばしくさっぱりとした味わいが人気の「米(玄米茶)」(850円)は、国産玄米と宇治田原の茶葉を使用しています。鮮やかな緑色のシロップは、驚くほど濃厚で「お茶の旨味」をしっかり感じるほど。「お茶にはこだわりすぎている」というだけあります!
この、お店で提供しているお茶の茶葉は140年以上の歴史を誇る京都・宇治田原の「西出製茶場」のもの。高い品質はもちろん、かき氷のシロップにした時に「お茶の苦味を残さない美味しさ」になるよう工夫されています。

玄米のかき氷のアップ
「ふわ、とろ、もち、かりっ」の食感が一度に楽しめる

上には、ほんのり甘い煎り玄米がのせられていて食感のアクセントに。カリッとあられのように香ばしく、風味が一段と増す美味しさです。
そして、ぜひトッピングして欲しいのが「信玄餅」(150円)。お店で手作りされたトロトロの信玄餅は、ふわふわのかき氷と濃厚なシロップに絡んでまろやかな味わいに。
食べ進めると、氷の中央部に「玄米茶ゼリー」を発見! 一皿食べ終わるまで、飽きがこない工夫が嬉しいですよね。

「たから【お茶のかき氷専門店】」

住所
大阪府大阪市淀川区十三本町1-5-24 2F
アクセス
阪急「十三駅」より徒歩1分
営業時間
12:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日
水曜日
電話番号
SNS

ライター

太田 かおり

大阪在住のフリーライター。カフェ、スイーツ、クッキー缶、写真がすき。日々おいしいものにアンテナを立てている「食い意地ハリニスト」です。テーブルコーディネートと、おうちカフェも楽しんでいます。

このライターの記事をもっと読む

関連記事