カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【十三】抹茶も!玄米茶も!チャイも!お茶のかき氷専門店「たから」

2021.07.03

【十三】抹茶も!玄米茶も!チャイも!お茶のかき氷専門店「たから」

暑くなると食べたくなるかき氷。阪急「十三駅」すぐ近くにある「たから」は、お茶に特化したかき氷専門店です。ふわふわの氷の上にかかるのは、京都・宇治田原から仕入れる茶葉で作る濃厚なシロップ。本格的なかき氷を召し上がれ!

関西で希少な「氷」を使用

氷の塊ブロック
濁りのない、透明で美しい「氷屋純氷」

お茶だけでなく、氷自体にもこだわりがあるんです。
同店で使用している氷は、全国でも2人しかいない「氷屋マイスターゴールドクラス」を取得している、同じ十三の「野口商店」の「氷屋純氷」。ゴールドクラスは、関西では「野口商店」だけだそう。48時間かけて不純物を取り除きながら、じっくりと手間暇かけて作られた氷です。

氷屋純氷のマーク

この美味しい氷で綿雪のようなふわふわな氷を作るには温度管理が大切。これがとても難しいんだそう。
温度が低すぎると、バラバラとした荒々しい氷になり、高すぎると氷が溶けてしまう。「野口商店」のマイスターにノウハウを教わって、日々変わる温度の中で一番良い状態のかき氷を提供できるようにしているんです。

かき氷を削る手元

また、不純物が少ない氷は固く溶けにくく、冷たすぎない温度のかき氷になるため、頭が痛くなりにくいんだとか。確かに大きな氷を食べても筆者は一度もキーンと痛くなることがありませんでしたよ!

女性に人気のチャイのかき氷

チャイのかき氷
「印(チャイ)+クリチー」(1,050円)

同店で女性に人気のメニューが、「印(チャイ)」(900円)。お店でスパイスから作る本格チャイシロップがかかったかき氷は、一度食べたら病みつきになる美味しさです。味わうほどに感じるスパイスの深みが、とても贅沢。

チャイのかき氷のアップ

おすすめのトッピングは「クリチー」(150円)こと、クリームチーズ。
本格的なチャイに、酸味とコクがあるクリームチーズが相まってまろやかな美味しさに。クリームチーズが加わることで、かき氷の域を超えてまるでスイーツのよう。
お店自慢のシロップは、おかわりの「追蜜」がなんと無料。どのかき氷も、食べる前でも途中でもスタッフの方に言えばもらえるそうです。お好みの濃さで楽しめる、ここならではのサービスが嬉しい!

玄米茶のサービス
かき氷を頼むと付いてくる、温かい玄米茶

メニューの中にドリンクはありませんが、かき氷を頼むと温かいお茶がもれなく付いてきます。これもこだわりの茶葉を使ったもの。
お店の室温も、かき氷が美味しく食べられる温度に設定されているそうで、さすがかき氷屋さんです。

たから店内のカウンター

月ごとに変わる限定メニューでは、季節のフルーツなども登場。他にもInstagramで告知される、メニューには載らない数量限定の気まぐれメニューもあるそうなので、要チェックです。訪れる度に新しい味を楽しむことができますよ!

  • こだわりのかき氷が食べたい
  • お茶が好き
  • 冷たいスイーツを楽しみたい

という方におすすめです!
氷にも、お茶にも、こだわりのある一皿。ぜひこの夏、堪能してくださいね。

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

PREV
2 / 2
 

「たから【お茶のかき氷専門店】」

住所
大阪府大阪市淀川区十三本町1-5-24 2F
アクセス
阪急「十三駅」より徒歩1分
営業時間
12:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日
水曜日
電話番号
SNS

ライター

太田 かおり

大阪在住のフリーライター。カフェ、スイーツ、クッキー缶、写真がすき。日々おいしいものにアンテナを立てている「食い意地ハリニスト」です。テーブルコーディネートと、おうちカフェも楽しんでいます。

このライターの記事をもっと読む

関連記事