カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
アフタヌーンティーのマナーや歴史を知ってティータイムを楽しもう!

2021.06.19

アフタヌーンティーのマナーや歴史を知ってティータイムを楽しもう!

アフタヌーンティーのマナーを知らないという人は意外に多いのではないでしょうか。カフェやティーサロン、ホテルのレストランなどで提供されているアフタヌーンティー。その成り立ちや、お茶を飲む時、フードを食べる時のマナーをご紹介します。

アフタヌーンティーとは?

歴史と成り立ち

本格的なアフタヌーンティーセット

アフタヌーンティーは1800年代にイギリスで誕生した食文化です。身分に関係なく広まりましたが、貴族の間では社交の場として発達し、マナーや礼儀作法が生まれました。安土桃山時代に豊臣秀吉や諸国大名が熱中した「茶の湯」と似た側面があるといえるかもしれません。また、イギリスでは夜にオペラなどの舞台芸術などを鑑賞する文化があったため、遅くなりがちな夕食に備えてアフタヌーンティーをたしなむようになったとも言われています。一度は高級化がすすんだアフタヌーンティーでしたが、その後簡略化されて伝わりました。

まずは押さえたい基本のマナー

(1)服装

日本でもカフェやティーサロン、ホテルなどでアフタヌーンティーが提供されています。基本的には、レストランに出かけるような服装と考えれば問題ありません。あまりにもラフでカジュアルな格好はマナー違反となることがあり、避けた方が無難です。特にホテルのレストランへ出かけるのなら、ワンピースなどきれいめのスタイルを心がけましょう。いつもより少しおしゃれすれば、気分も上がります。

(2)入店後のマナー

お店にもよりますが、フォーマルな場所では荷物やコート類をクロークで預かってもらえます。声をかけられたら最低限のもの以外をお店の方に渡しましょう。そして、席に案内してもらうのを待ちます。もう少しくだけた雰囲気のお店では、普通のカフェと同じように振る舞えばOKです。あとはアフタヌーンティーセットが運ばれてくるのを待ちましょう。

(3)食べる順番

北浜レトロのアフタヌーンティー

@nori.boo.0823
icon

ティースタンドに乗っている料理は、下段から上段に向かって食べていくのが基本です。料理の種類は、下段がサンドイッチ、中段がスコーン、上段がペストリー(デザート)という構成がスタンダード。ただし、お店によってはデザートが多めだったり、パンがついていて食事寄りだったりとバリエーションがあります。それでもアフタヌーンティーの席では下段から上段に向かって食べるというマナーの原則は変わりません。

食器の名称

(1)ティースタンド(ケーキスタンド)

長楽館のアフタヌーンティー

@mao_sweet
icon

アフタヌーンティーといえば三段式のスタンド。各段にそれぞれ料理が乗っています。狭いテーブルでもたくさんの料理を楽しむために生まれたとされています。手元で選びたいからといってお皿を外すのはマナーに反するのでやめましょう。

(2)ポット、カップ、ソーサー

ティーセット一式

紅茶を淹れるポット、紅茶を飲むための、カップ、受け皿となるソーサーの3点セットです。

(3)ティーコジー

ポットにおおう厚手の布製品で、紅茶が冷めないように付いてくることがあります。

(4)ホットウォータジャグ

時間とともに濃くなっていく紅茶は、味の変化も楽しいものです。とはいえ、少し濃く出すぎてしまうことも。そんな時に濃さを調節するためのお湯がホットウォータジャグです。

(5)クリーマーと砂糖壺

それぞれ紅茶用のミルクと砂糖が入っています。


てんむす

ライター

てんむす

大阪府生まれ京都府在住。生き物と食べ物が好き。2019年に行ったドイツ旅行で大きな博物館とおいしいグミに感激し、ドイツ語を勉強中です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事