カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
結婚式のお呼ばれマナーまとめ!当日の振る舞いや今どきのご祝儀袋もご紹介

2021.06.05

結婚式のお呼ばれマナーまとめ!当日の振る舞いや今どきのご祝儀袋もご紹介

結婚にまつわるマナーは時代とともに少しずつ様変わりしていますが、相手を思う気持ちや礼を尽くす気持ちは大切にしたいもの。この記事では結婚式のお呼ばれマナーと当日の振る舞いについてご紹介します。

招待状の返信はなるべく早めに!

結婚式の招待状

結婚式の招待状が届いたら、なるべく早く返信はがきを送付しましょう。ハガキを受け取ってから2~3日、遅くても招待状に書かれている返信期限内に返信したいものです。新郎新婦は出席者の人数を早めに知ることができると結婚式の準備が円滑に進みます。

ハガキに書かれている「御出席」「御欠席」「御芳名」「御住所」などの「御」や「御芳」は二重線で消しておきます。

出席する場合は「出席」に丸を付けてその下に「させていただきます」と添えれば丁寧です。親しい友人の場合は、「おめでとう!」などのメッセージをひとこと添えるとステキですね。欠席の場合は「欠席」に丸を付けて「いたします」と添えましょう。

なんらかの郵便事情で返信はがきの到着が遅れることもありますので、招待状が届いたら、まずはすぐに返信することを心がけましょう。

結婚式のお呼ばれ服装のマナー

お酒を乾杯する女性たち

結婚式に出席するときは、お祝いの場にふさわしい服装を意識しましょう。

洋装ならフォーマルなワンピースやドレスが基本です。和装の場合は未婚女性なら振り袖、既婚女性は訪問着や付下げ、色無地を着用するのが一般的です。

結婚式の主役はあくまでも新郎新婦です。あまりに華やかな服装では目立ちすぎるため控えておいた方が安心です。また、ウエディングドレスとかぶってしまう白い服装や肌の露出が多い服装は控えましょう。反対にフォーマルだからといって全身黒尽くめではお葬式をイメージさせてしまいます。アクセサリーや小物で華やかさを演出するか、派手になりすぎず、露出の少ないワンピースを着用しましょう。

さらに足元や小物にも気を配りたいもの。殺生の意味合いが強く不吉なイメージのある爬虫類系の小物やファー、カジュアルアイテムであるつま先の出たサンダルやミュールはNGです。

結婚式当日の振る舞いやマナー

寝坊した女性

【到着時間】会場到着は結婚式開始の20~30分前までに

結婚式会場へは20~30分前には余裕を持って着くようにしましょう。会場に着くと新郎新婦のご家族や友人にあいさつしたり、お化粧を直したりするなど、結婚式が始まるまでの間にすることはたくさんあります。

また、受付を済ませたり、大きな荷物や上着などをクロークに預けたりする時間も必要ですので、思っている以上に時間が早く進んでしまいます。

結婚式場へは余裕を持って20~30分前に到着するように心がけましょう。

【持ち物】結婚式当日の持ち物

結婚式場に持ち込めるものはパーティーバッグのみです。それ以外の大きな荷物や着てきた上着などはクロークへ預けておきましょう。

また、小さなパーティーバッグに入りきらないものがあるからといって、サブバッグ代わりに紙袋を使うのはマナー違反。結婚式の場にふさわしい、華やかなサブバッグを用意しておきましょう。このサブバッグは結婚式場に持ち込むのではなく、クロークに預けるのがマナーです。結婚式場に持ち込むものを入れるパーティーバッグも、持ち物の大きさや量に合わせて選んでおくと安心です。


ライター

古都 りえ

奈良県在住。ファイナンシャルプランナー。長年、企業の経理担当者として勤めた後フリーライターに。読者さまに役立つ情報をお届けします。

このライターの記事をもっと読む

関連記事