カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
片思いが辛いときの対処法!諦めたくないあなたができる4つのこと

2021.05.23

片思いが辛いときの対処法!諦めたくないあなたができる4つのこと

片思いは辛いものです。相手の気持ちも絡む問題で、自分だけではどうにもならないのだから当然。諦めてしまえればラクですが、実際は諦められずに辛さを感じている人がほとんどでしょう。そんなときは、自分の心と向き合い、行動してみることが大切です。

片思いが辛い理由

片思いを辛いと感じるのは、自分の気持ちと相手の気持ちが釣り合っていないから
一方通行でずっと愛情を持ち続けるのって、結構きついものなんですよね。

人は愛情を与えたぶんだけ、見返りを求めてしまうものなのです。
見返りを求めないような愛し方をできるのが一番ラクではありますが、そう簡単にできることではありません。
誰だって「愛されたい」欲求は持っていますからね。

だからこそ、少しずつ彼からの見返りを引き出し、満足感を得ていくことが、片思いをうまく続けていく秘訣です。

諦めたくないあなたができる4つのこと

辛いけれど片思いを諦めたくないのなら、できることは以下の4つ。実際に行動して、ラクに楽しく片思いを続けていきましょうね。

(1)彼と話したりLINEする機会を増やす

彼を見ているだけでは恋は進展しません。
とにかく彼との接点をつくることが、片思いの成就へとつながります。
そのためにも彼とLINEしたり話したりする機会はできるだけ多くつくりましょう。しつこくなるのはNGですが、彼の近くにいられる存在になるように努力ですよ!

話す内容は、彼の好きな趣味の話や、恋愛話がオススメ。好きなことの話だと彼も楽しく話してくれますし、興味を示せばデートや好感度アップにつながる可能性が期待できるからです。
また、恋愛話は彼との恋愛モードを高めるきっかけにもなります。できるだけ自分を身近に感じてもらえるように、最低でも週に1度くらいは話したりLINEしたりできる関係を目指したいですね。

彼と接する機会があれば、自然とキュンとしたり幸せを感じたりすることもあるはず。そんなハッピーな気持ちが、恋のモチベーションを上げてくれることでしょう。

(2)友達付き合いや趣味も大切に

恋愛で病むほどつらくなってしまう人は、だいたいが恋愛至上主義。恋をすると周りが見えなくなり、頭の中がそればかりになってしまうのです。まさに「恋は盲目」状態ですね。
それを防ぐためには、友達と遊んだり、趣味を楽しんだりすることを意識的にしていきましょう。恋愛至上主義だと、最初は恋愛以外のことを全力では楽しめないかもしれませんが、楽しもうとする姿勢が大事なのです。

恋愛以外のことに取り組むことが、意外な恋の切り口になることもあるものですよ!

(3)長期目標ではなく短期目標を意識

「両思いになる!」、「彼とお付き合いする!」。片思いをする女性の最終目標は、ほとんどそんなところでしょう。
しかし実はこの目標、具体的ではなく漠然としたものです。

大きな目標を達成するためには、そこまでの道のりに小さな目標を設定することが大切。例えば、「連絡先を知る」、「デートに誘う」などといったことです。小さな目標をクリアすることで得られる達成感も、片思いの醍醐味。
達成感を味わいながら、片思いを楽しみましょう。

(4)「幸せ」日記を始めよう

辛い片思いをしていると、どうしても辛い思いを吐き出してしまいがち。気持ちの整理のためにはそんな吐き出し口も必要ですが、それと同時に「幸せ」を吐き出す場所もつくってみましょう。後から見返すことができる日記などにするのがよいですね。

「彼と楽しく話せた」、「手が触れ合ってドキドキした」など、辛いときにこそキュンとする思い出を見返せば、気持ちも楽しくなってくるはず。辛くなったときに備えて、幸せ日記で幸せ貯金を!

諦めるべき片思いもある?

諦めずにいれば叶う思いもあるのが片思い。しかし粘ったところでどうしてもうまくいかない恋があるのも事実です。
わかりやすいものに、不倫や難あり男性との恋愛がありますね。多くの人を大きく不幸にする、自分自身を不幸にする恋愛は、傷の浅いうちに諦めるが吉。

諦めることで得られる幸せもあるということは忘れないでいてくださいね。

脈なし片思いでも、想う自由はある

片思いをすることは自由です。相手に迷惑をかけるのはよくありませんが、彼を想って幸せでいられるのなら、その気持ちは大切にしましょう。想い続けていると、どうしても見返りは求めてしまいますが、そこをうまくコントロールするのが片思いの秘訣。
自分の気持ちが溢れそうになったときは、一度自分と彼のことを客観視して、彼を思いやる余裕を取り戻すことも大切です。

「片思いは辛い」とはよくいいますが、考えようによっては、日々を楽しく充実させてくれる想いであるということも忘れないでください。どうか大好きな彼を思う時間が幸せなものでありますように。


スザクカナト

ライター

スザクカナト

自身の失敗経験を元に、さまざまなWebメディアで恋愛記事を執筆しているライター。モットーは「ラクで幸せ」な恋愛。執着、不安、依存等つらい恋に悩む女性に、日々アドバイスを送る。お酒とゲームと料理が好き。

このライターの記事をもっと読む

関連記事