カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
映画『世界で一番いとしい君へ』

2015.08.07

映画『世界で一番いとしい君へ』

17歳で親になった夫婦と、早老症を患い17歳を目前に80歳の身体年齢を持つ息子。 数奇な運命を抱えながらも微笑みを絶やさず支え合って生きる姿を描くヒューマンドラマ

(C)2014 ZIP CINEMA All Rights Reserved.
(C)2014 ZIP CINEMA All Rights Reserved.

テコンドー選手を目指していた高校生のデス(カン・ドンウォン)と、アイドルを夢見ていたミラ(ソン・ヘギョ)。2人は恋に落ち、17歳という若さで子どもを授かり夫婦となるが、息子アルムは成長が急速に進む先天性早老症という難病を抱えていた。

16歳になったアルムは、身体年齢はすでに80歳を超えている。

アルムの治療費を稼ぐため、必死に働くデスとミラ。高額な治療費を賄うには程遠いながらも、アルムと3人で明るさを失わず支えあっている。そんな彼らの人生がドキュメンタリー番組で紹介され、それまで限られた世界しか知らなかったアルムにドキドキする“事件”が起こり始める。

若くして親となり、青春の特権を諦めなければならなかったデスとミラは、青春を知らぬまま老いてしまったアルムの願いを何でも叶えてあげようと決意するが、アルムに残された時間はわずかだった……。

韓国の人気女流作家キム・エランの小説を、『スキャンダル』、『女優たちへ』のイ・ジェヨン監督により映画化。
難病の息子を抱える若き両親を、映画『群盗』、『超能力者』などのカン・ドンウォン、『僕の、世界の中心は、君だ。』などのソン・ヘギョが熱演。世間知らずの高校生が親になって初めて気づかされる深い愛情をコミカルかつ感動的に演じあげる。

世界で一番いとしい君へ サブ1_s世界で一番いとしい君へ サブ2_s

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
【公式HP】 http://www.itoshiikimi-movie.info/
【監督】 イ・ジェヨン
【原作】 「どきどき僕の人生」キム・エラン著(クオン)
【出演】 カン・ドンウォン、ソン・ヘギョ、
チョ・ソンモク、ペク・イルソプ、イ・ソンミン、キム・ガプス ほか
2014年/韓国/1時間57分
【配給】 ツイン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
8/29(土)公開
【大阪】 シネマート心斎橋
9/19(土)公開
【京都】 京都みなみ会館
10月公開
【兵庫】 元町映画館
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

fusen_1─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆映画『世界で一番いとしい君へ』
オリジナル付箋を3名に!◆

─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募締切:9/7(月)16時。
※応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました!


関連記事