カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
ミュージカル『エニシング・ゴーズ』に出演する、すみれにインタビュー!

2013.10.04

ミュージカル『エニシング・ゴーズ』に出演する、すみれにインタビュー!

1934年にブロードウェイで初演。その後も世界各国で幾度となく上演され、リバイバルを重ねた『エニシング・ゴーズ』。ミュージカルファンの間では今も根強い人気の名作ミュージカル・コメディが、この秋大阪にもやってくる! 今回は、社交界にデビューしたてのお嬢様・ホープ役として出演するすみれが来阪、作品への意気込みや想いを話してくれたよ。

ミュージカル『エニシング・ゴーズ』に出演する、すみれ【STORY】
ナイトクラブのスター歌手・リノ(瀬奈じゅん)はウォール街で働くビリー(田代万里生)に夢中だが、彼は社交界の華・ホープ(すみれ)に惚れている。ある 日港にやってきたビリーは、ホープが婚約中の英国紳士のオークリー卿(きょう)(吉野圭吾)と船で式を挙げることを知る。阻止しようと船に乗り込むビ リー、そしてリノもショーガールを連れて同じ船に乗り込んでいた。さらにそこには、指名手配中のギャング・ムーンフェイス(鹿賀丈史)が神父に変装して ギャング仲間の情婦・アーマ(玉置成実)と共に潜り込んでいて、波乱の予感……。
一筋縄ではいかない、何(エニ)でも(シング)あり(・ゴーズ)の豪華客船の旅が始まる!?

◆まずは今回の『エニシング・ゴーズ』出演への意気込みを聞かせてください。

今回コメディ系のミュージカルに初めて出演しますが、派手なキャラクター達の中で、ホープは一番おとなしい、というかアップとダウンが比較的少なく安定しているキャラクターだと思います。といっても、多分ちょっと“私”が出てきちゃって、描かれている程おとなしくはなくなると思いますけど(笑)。
共演する皆さんは今回初めての方ばかりですが、大先輩の瀬奈(じゅん)さんや鹿賀(丈史)さんを始め、皆さんが支えて下さり、周りとのキャッチボールも出て来て、ますます面白いステージになってきています。今も全員でストーリーのままのようなワイワイとした雰囲気で稽古に取り組んでいるところです。

◆すみれさんの演じるホープは、男性から一目置かれる、“高嶺の花”的な存在ですよね?

そうですね、すごくいい女というか、男性から見たら「いいなぁ~」って想われる女性。ビリーから熱烈なラブコールを受け、もちろんセレブな婚約者のオークリーからも優しくしてもらっていて……。二人の男性に引っ張られて、恋愛の感情があっちこっちにいってしまう、そんな役です。でも最終的には意外性もあって結構おもしろいエンディングになると思います。

◆煌びやかでゴージャス感のあるステージになると思いますが、作品の魅力ってどんなところにあると思いますか?

音楽も素晴らしいけど、1幕のラストでほぼ全員が一気にタップを踊るシーンなど、とにかく豪華なダンスナンバーに注目してほしいです。あとは、セットも見どころです。だんだん出来上がってくるのを見てビックリしました。本当に船の上にいるみたいで、観客の皆さんも一緒になって賑やかに旅をしている気分になれると思います。

◆共演者から受ける刺激や勉強になる部分はありますか?

皆さん本当におもしろい方々ばかりで、歌もダンスも素晴らしくて! 鹿賀さんは自然にポロッとでてくる言葉1つひとつが面白いし、何回も聞いている台詞でも皆がクスッと笑ってしまう位、素晴らしい才能の持ち主。瀬奈さんは、本当にいつでもどこでも声が完璧。喉がぴっかぴかなんじゃないかと思うくらい……。他の皆さんも本当におもしろくて、いい意味でキャラクターが濃い! 皆さんそれぞれにはっきりしたカラーを持っていて、レインボーの様なキャスト(笑)です。

◆ホープという役を通じて、すみれさんと同年代の女性たちへのメッセージはありますか?

ラブコメ的な恋や、かわいらしいほわほわした恋、難しい恋など、いろいろな種類の恋愛が描かれているので、「今でも結構こういうのはありそうだな」とか「今はこんなのないな〜」とか、ちょっとした冒険気分で楽しんでもらえたらと思います。

◆最後に、大阪のファンに向けてメッセージをお願いします。

『エニシング・ゴーズ』は、観ていていろんな感情が湧き出てくる、とてもハッピーになれるミュージカルです。少しでも「これを観てよかったな」とか、「すごく笑えたから明日も頑張ろう」とか思ってもらえる為に、全員で稽古を頑張っているので、ぜひ、ワイワイとパーティーを楽しむ気分で観に来てくださると嬉しいです!

  豪華客船を舞台に巻き起こるハチャメチャな人々による大騒動を陽気に描く本作。個性豊かで味のあるキャラクター揃いのステージで、ミュージカル・コメディ初挑戦のすみれがどのようなホープを演じるのか、気になるアナタは劇場でチェックしてみて♪

【すみれProfile】
1990年、東京都生まれ、ハワイ育ち。高校までハワイで過ごし、2009年に米国の名門カーネギー大学演劇科に進学。2011年に本格的に芸能界デビューし、以降モデルや女優としてだけでなく、歌手としても幅広く活躍中。舞台では、2012年に早乙女太一との共演で『GOEMON』に出演、9月には山本耕史、ジェロと3人のミュージカル『tick,tick...BOOM!』に出演し、歌と演技力の高さに業界をうならせた。2013年7月の『二都物語』に続き、今回の『エニシング・ゴーズ』が4作品目の出演となる。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ミュージカル『エニシング・ゴーズ』

ミュージカル『エニシング・ゴーズ』

【公演日】2013.11/1(金)~4(祝・月)全6回公演
【会場】シアターBRAVA!
※大阪市中央区城見1-3-2
(地下鉄「大阪ビジネスパーク駅」1号出口すぐ、JR「大阪城公園駅」より徒歩5分)
【出演】瀬奈じゅん、鹿賀丈史/
田代万里生、すみれ、 玉置成美、吉野圭吾、 大澄賢也、保坂知寿ほか
【作詞・作曲】コール・ポーター
【オリジナル脚本】P・G・ウドハウス&ガイ・ボルトン、ハワード・リンゼイ&ラッセル・クラウス
【新脚本】ティモシー・クラウス&ジョン・ワイドマン
【上演台本・演出】山田和也
【料金】S席12,500円、A席9000円
【チケット】発売中
【問合せ】梅田芸術劇場メインホールTEL.06-6377-3800
【公式サイト】 http://www.umegei.com/schedule/305/
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


関連記事