カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
《楽しみながら英会話を勉強するコツ》生きた英語が自然に飛び出す!?

2020.11.07

《楽しみながら英会話を勉強するコツ》生きた英語が自然に飛び出す!?

「英語がペラペラ話せるようになりたい」と思うもののなかなか始められず、また続かないのが英会話。英会話学校も選択肢のひとつですが、やる気次第では別の方法でもナチュラルな英語は身に付けられます。今回は体験談も含め、学校以外で役に立った英会話勉強のコツをお伝えします。

日本人と英会話

英会話コツ

私たち日本人の多くは6年間もの英語教育を受けているにも関わらず、自信を持って英語を話せる人は多くないように思います。

「読み書き文法」ももちろん大切ですし、使う状況によってはより重要になるでしょう。でも英語を話したいなら、より必要なのは「聞く」、「話す」能力です。
同じ「英語力」でも目指す方向によって勉強法も違います。望む方向と実践内容がマッチしていない場合、いつまでたっても思うように英語を話せるようにはなりません。

最近では授業もネイティブスピーカーから会話を学べたりと変化していますが、少なくとも少し前までは「読み書き」中心でしたよね。

繰り返しになりますが「読み書き文法」の学校教育も大切。でももし6年間その勉強法で勉強して実際話せないのなら、今までとは違う勉強法に切り替える必要があるのではないでしょうか。

英会話で広がる世界

英会話コツ

なぜ英語を話せるようになりたいのですか。目的を持つことはそのままモチベーションに繋がるのでぜひ設定しておきましょう。

英会話ができれば世界は広がります。これから自動翻訳機がさらに進化したとしても、リアルなコミュニケーション以上に心が通じることはないのではないでしょうか。
具体的には世界中に友人ができて視野が広がる、字幕なしで映画が見られる、などが挙げられます。旅行先でもホテルやタクシーなど値段交渉が必要な場面で、そのやり取りを楽しめたり、現地人と仲良くなることもよくあります。

かつて「英語が話せると10億人と話せる」という某英会話スクールの広告コピーがありましたが、まさにその通りといえるでしょう。

英語へのハードルが下がる思考とは?

英会話コツ

英会話を勉強する前にまず、英語に対して構えすぎてはいませんか? つまり、ハードルを自ら高く設定し過ぎているのです。
海外の人と話していると「日本語が話せる!」と自信たっぷりに言う人が、知っている言葉は「こんにちは、ありがとう」だけだということもよくあります。

私たちの多くは「英語を話すなら完璧に」、「先に文章を組み立てる」という完璧主義があだになり、せっかく学んだ知識をアウトプットするのが苦手です。ぜひこの機会に、英会話に対するハードルを下げる思考を取り入れてみましょう。

(1)英語圏では誰でも英語を話す

英語が話せるだけで「すごい」、「かっこいい」と崇拝してしまっていませんか。英語圏で生またら頭の良し悪しに関わらず英語が「ペラペラ」の、ネイティブスピーカーなのです。
彼らからすれば、漢字やカタカナ、ひらがなが混在した日本語を操る私たちこそ「cool」かもしれないのです。あくまで育った環境だということを、改めて腑に落としておきましょう。

(2)移民の英語はそれぞれ

筆者は移民の多い国に長年暮らしていましたが、そこでは訛りも当たり前。母国の訛り交じりの英語を、皆イキイキと話しています。正しい正しくないに全く捕らわれず、ブロークンな英語で堂々と話す彼らの姿勢に、ずいぶん励まされました。
そもそも英語圏の人も私たちに完璧な英語力を求めていませんので、気楽に楽しみましょう。

《英会話の勉強法3つ》自分に合った方法を探そう

英会話コツ

アカデミックな勉強の場が好きな人はさておき、英会話学校に行く以外にも色々と学び方はあります。日本人が陥りがちなインプットばかりの学習法ではなく、インプットとアウトプットのバランスを意識することが大切。

(1)映画や動画を繰り返し見る

好きな映画や動画を繰り返し見る方法です。自然な発音や言い回しを身に付けることができます。最初から字幕なしは難しいので、まずは日本語字幕、そして英語字幕で内容を理解しましょう。
筆者の場合、海外ドラマに夢中になっていた頃、あまりに繰り返し見たためセリフを覚えるまでに。すると同じようなシチュエーションでそのセリフが思わず口を突いて出てきたりと、効果を実感しています。

(2)オンラインやアプリを駆使する

ランゲージエクスチェンジや個人レッスンは、独学だけでは難しいタイプの人に。特にコロナ禍の今、オンラインのそういったサービスはどんどん増える傾向にあり、さらによりリーズナブルになっています。利用しない手はないですよね。

(3)共通言語が英語の友人を作る

海外の人が集まる場所に通ったり「ミートアップ」のアプリを利用して友人を作るのも、英会話の上達には効果があります。
初級者であれば、あなたのペースで会話ができるよう1対1で会うのがオススメ。もし基礎はある程度できるようなら、グループの集まりにも積極的に参加してみては。会話に入れなくても表現や言い回しの勉強になりますし、会話に入ることができたら自信もつき、上達のレベルがぐんと上がります。

英会話の勉強法のコツは?

英会話のコツ

自分に合った勉強法に辿り着いたら、ぜひこれらのコツも取り入れてみて。心がけるだけでもきっと、上達のスピードに差が出るはず。

(1)わからない単語はすぐ使う

わからない言葉が出てきたら、スルーせずにメモすること。わからない言葉=新しい知識になります。会話の途中で難しければ、なるべく記憶しておいて後から調べてメモすること。
そしてその日のうちに意味を調べ、発音をマネして口を慣らします。特にRとL、SとTHの発音や使い分けは日本語にはないものです。スムーズに発音ができるまで繰り返すことが大切。
そして次に英語を話す際、必ず使うようにしましょう。このスピード感がカギなのです。なぜなら「いつかやろう」のままでは、わからない単語はただ蓄積されていくだけだからです。

(2)英語脳を意識する

英会話力がなかなか上達しない人は、頭の中で日本語を全て英語に訳してから発言するという方法を取っていることが多いです。

もしペラペラになりたいのなら、私たちが日本語を話すときのように英語を話すことが大切に。つまり英語で考える=英語脳を意識することです。以前、留学をしたことがないのに英語が流暢だった友人に理由を尋ねたところ、「英語で考えて、ひとり言も英語でする」とのことでした。
少し訓練は必要ですが、これは心がけるととても自然な英会話力が身に付きます。

まとめ

英会話の勉強法、いかがでしたか。
改まって「勉強」と捉えると腰が重くなるかもしれませんが、あくまで楽しくワクワクとするのが大切。しかも勉強法はいくらでもあります。あなたに合ったものを見つけて自己流を開拓していってみてくださいね。


榎田京(mia)

ライター

榎田京(mia)

ナチュラルライフ探求ライター/オーガニック料理ソムリエ。旅行誌の広告制作を経て、雑誌広告や編集ページのグルメ記事を主に担当。今は自然に沿った生き方を実践しつつ各媒体で執筆中。海のある暮らしに憧れています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事