カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
世界中が涙したパラパラ漫画が実写化。映画『振り子』舞台挨拶付き先行上映会に中村獅童、小西真奈美が登壇!

2015.02.27

世界中が涙したパラパラ漫画が実写化。映画『振り子』舞台挨拶付き先行上映会に中村獅童、小西真奈美が登壇!

世界的ロックバンド・MUSEのPVにまで起用された、お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画。 「感動する!!」と話題の作品『振り子』が映画化され、キャスト・監督が舞台挨拶に登場した

★IMGP51192/28(土)に公開される映画『振り子』。
原作は、言わずと知れた、お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画の代表作だ。
映画公開に先駆け、2/23(月)、『TOHOシネマズなんば』にて開催された上映会で、主人公の長谷川大介を演じた中村獅童、妻のサキ役の小西真奈美、監督・脚本の竹永典弘が舞台挨拶を行った。

中村は母親を亡くした直後に本作出演のオファーが来たのだとか。「自分自身“時間を取り戻す”という気持ちになっている矢先だったこともあり、運命を感じました」と出演を決めたのだそう。
また、大介の人柄を「非常にワガママで、奥さんに甘えている。そして、まっすぐで自分に素直に生きている。不器用な生き方ですが、どこか共感できるんですよね」と話した。

“セリフのないパラパラ漫画を見た人の想像力に応えられるか”というプレッシャーがあったという小西も、「この脚本で映画化したら、ものすごい作品になる!」と脚本を絶賛。サキについては「尽くして耐え忍ぶというよりは、ただただ大さん(大介)のことが好きで、一緒にいることをすごく楽しんでいる女性だと受け止めました」と話し、“ダメ夫”な大介のことも「そんなにダメじゃないと思いますよ」と笑顔。「感情の起伏はあるけれど、その後の獅童さんの“やっちゃった……”という後悔の表情に注目してくださいね。ダメっぽく見えますが、逆にそこが愛らしい。根は一途でまっすぐなので、私は大さんみたいな人はとっても素敵だと思います」。

たった4分のパラパラ漫画を1本の映画にした竹永監督は「人生は右か左か、常に選択の繰り返し。この作品は、1人の男の後悔のストーリー。その中で、何が大事かというと“家族の人生”を描くこと。パラパラ漫画というセリフのない空間におそらくいろんなことがあって、こうなったんだろうな……という想像が次々と浮かんできました。原作に忠実にやりながら、いろいろなエピソードを入れています」と話した。

最後に中村が「女性は、映画の後半にかけてすごく僕(大介)のことがイラつくと思いますが(笑)、私たちの愛情がたっぷり詰まった作品です。アクションも仕掛けもなく地味ではありますが、昭和時代の人とのふれあい、ぬくもり、義理人情が映画の中で生きています。見終わったあと、童話を読んだあとのような優しい気持ちになっていただけたら嬉しいです」と話し、舞台挨拶を閉じた。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
『振り子』

(C)2014『振り子』製作委員会
(C)2014『振り子』製作委員会

【STORY】
1976年、ひょんなことから大介(石田卓也)とサキ(清水富美加)は出会った。それから時が経ち、商店街の人々に見守られながら、大介(中村獅童)とサキ(小西真奈美)は夢だったバイク店を経営していた。ところがある日、店が倒産。歯車が狂い始める。そんな矢先、サキが倒れて寝たきり状態に。サキを元に戻そうと、大介は懸命に努力するが……。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【公式HP】 http://furiko.jp/
【原作】 鉄拳
【監督・脚本】 竹永典弘
【出演】 中村獅童、小西真奈美、
石田卓也、清水富美加、板尾創路、笛木優子、松井珠理奈(SKE48/AKB48)、
鈴木亮平、中尾明慶、研ナオコ、小松政夫、ダイアモンド☆ユカイ、武井 壮、
黒田アーサー、中野公美子、サヘル・ローズ、ニコラス・ペタス、
齊藤ジョニー(Goose house)、長原成樹、小山田将、入山 学、藤田彩華、
山本耕史(友情出演)、武田鉄矢(特別出演)  ほか
2014年製作/日本/1時間40分
【配給】 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2/28(土)公開
【大阪】TOHOシネマズなんば
【京都】T・ジョイ京都
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


関連記事