カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
映画『きっと、星のせいじゃない。』

2015.01.27

映画『きっと、星のせいじゃない。』

並み居る超大作を押しのけて全米オープニング興行成績No.1の大ヒット! 不治の病を患った若い男女の恋を描いたベストセラー小説を、『(500)日のサマー』の脚本コンビが映画化

(c)2014 Twentieth Century Fox.
(c)2014 Twentieth Century Fox.

17歳のヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は、末期のガン患者。薬のおかげで家にいられるが、学校にも行けず、友達もなく、酸素ボンベが手放せないでいた。
ある日ヘイゼルは、両親に言われて嫌々ながら参加したガン患者の集会で、片脚を切断して骨肉腫を克服した青年ガス(アンセル・エルゴート)と出会う。ガスは独自の感性を持ったヘイゼルに恋をするが、ヘイゼルは相手を傷つけまいと頑なに距離を置こうとする。
そんなヘイゼルに、ガスは素晴らしい贈り物をする。彼女が大好きな作家にメールを送り、返信をもらったのだ。
それをきっかけに、2人は作家に会うためにオランダへ旅立つ。そこで彼らを待っていたのは、作家の予期せぬ言葉。そして迎えた旅の最終日、ガスはヘイゼルに重大な事実を打ち明ける……。

観る者に、眩しいくらいの明るさと抱えきれないほどの希望を与えてくれる号泣必至の感動作がいよいよ日本上陸。

原作は、作家ジョン・グリーンが16歳で亡くなった友人をモデルに書き上げた感動作『さよならを待つふたりのために』。『ダイバージェント』で共演したシャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴートが、末期ガンに冒されながらも懸命に生を全うしようとする少女と、片脚を切断したことで骨肉腫を克服した青年を熱演している。

AA

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
【公式HP】 http://kitto-hoshi.jp
【原作】 ジョン・グリーン『さよならを待つふたりのために』(岩波書店刊)
【監督】 ジョシュ・ブーン
【脚本】 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
【出演】 シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、
ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、ウィレム・デフォー ほか
2014年/アメリカ/2時間6分/PG12
【配給】 20世紀フォックス映画
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2/20(金)公開
【大阪】
TOHOシネマズ梅田大阪ステーションシティシネマTOHOシネマズなんばなんばパークスシネマあべのアポロシネマTOHOシネマズくずはモールTOHOシネマズ泉北TOHOシネマズ鳳イオンシネマ茨木MOVIX八尾ユナイテッド・シネマ岸和田109シネマズ箕面シネプレックス枚方
【京都】
TOHOシネマズ二条MOVIX京都T・ジョイ京都イオンシネマ京都桂川イオンシネマ高の原
【兵庫】
OSシネマズ神戸ハーバーランド109シネマズHAT神戸TOHOシネマズ西宮OSTOHOシネマズ伊丹
【滋賀】
ユナイテッド・シネマ大津イオンシネマ草津
【奈良】
TOHOシネマズ橿原シネマサンシャイン大和郡山
【和歌山】
イオンシネマ和歌山
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

F─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆映画『きっと、星のせいじゃない。』
オリジナルマスキングテープを8名に!◆

─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました!


関連記事