カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
敷金・礼金ナシや家具付きは得?物件探しの前に知っておきたい基本と常識

2020.09.01

敷金・礼金ナシや家具付きは得?物件探しの前に知っておきたい基本と常識

秋は、春の次に転勤などによる引っ越しが多いシーズンと言われています。そこで今回は、もうすぐ引っ越しを控えているという人や、初めての1人暮らしで物件の注意点がわからないという人に、「敷金と礼金の違い」や「敷金・礼金ナシや家具付きは得?」など、物件探しの基本についてご紹介します。

秋は、第二の新生活をスタートさせる人がとても多い季節ですね。

また、そんな周りの人たちの影響を受けて、転職や引っ越しなどを検討してみる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、はじめての1人暮らしを考える人にも参考になるよう「敷金と礼金の違い」「敷金・礼金ナシや家具付きは得?」など、物件探しの基本について詳しくお伝えします。

敷金・礼金ナシの物件とは?

敷金・礼金ナシの物件とは?

昔は、アパートやマンションなどを借りるときに、「敷金」や「礼金」と言って、契約するときにまとまったお金を必ずと言っていいほど支払う必要がありました。

「敷金・礼金ナシの物件」とは、敷金や礼金を支払う必要のない物件のことを言います。

最近ではそういった物件も増えていますが、敷金や礼金を支払わないことは、果たしてラッキーなことなのでしょうか?

まずは、「敷金」と「礼金」がどういうものなのか、詳しくみていきましょう。

「敷金」と「礼金」の意味と違い

敷金と礼金は、どちらも契約のときに必要となるお金のため、あまり深く考えずに支払ってしまうという人も少なくないようです。

けれど、敷金や礼金が「どういったお金なのか」ということや、「どういった違いがあるのか」を知っておくことで退去時のトラブル回避につながることもあります。

「敷金」とは?

借りた部屋を退去するときには、原状回復と言って借りたときと同じ状態に戻す必要があり、そのときの費用を先に支払って預けておくようなイメージです。
支払う敷金は、家賃の1ヶ月分というところが多く、原状回復にかかったお金を差し引いて戻してくれる仕組みになっています。
原状回復にかかったお金が敷金を超えるようなときには、超えた分について実費の請求があります。

「礼金」とは?

アパートやマンションなどの物件を所有している大家さんに支払う、「お礼のお金」のことです。
お礼のためのお金なので、返金はありません。
礼金の目安については、敷金と同じ1ヶ月分ですが、「不要」としている物件も多くなっています。

「礼金ナシ」はラッキー?

「礼金ナシ」はラッキー?

先ほどの項目でも触れていますが、「礼金」とは大家さんへのお礼のお金のことなので、礼金がないというのは単純に「ラッキー」な場合がほとんどです。

ただ、「礼金をもらわない代わりに家賃は高めに設定する」という大家さんもいますので、礼金がない物件と同じグレードの周辺物件の家賃と比較してみましょう。

礼金の支払いは1回限りですが、家賃の支払いは住んでいる限り続きます。

1ヶ月で3,000円ずつ上乗せをされている場合には、1年で3万6,000円。

家賃が6万だとすれば、2年経たずに礼金分の金額を越してしまうことになります。

2年以上住むつもりなら、入居する前に礼金の6万円を支払ったほうが、結果的に安く住めることになるからです。

「敷金ナシ」はラッキー?

「敷金ナシ」はラッキー?

敷金は、退去するときに傷んでいるなど原状回復が必要な箇所の修繕に充てられるお金のため、「住む人のことを考えると、敷金アリの物件のほうがオススメ」なのだそう。

これは実際に、筆者が不動産会社に勤務するスタッフの方々からお聞きした話です。

理由は、「住むときに敷金がないのは金銭的負担も少なくてラッキーな反面、部屋を出るときに原状回復にかかるお金を支払う必要があるから」だと言います。

不動産会社のスタッフの方たちの話によると、退去時にまとまったお金を支払うのは思っている以上に大変で、下記のようなケースもあるのだそうです。

  • 退去時に支払う原状回復代を貯めておくことをすっかり忘れていて、退去できずに住み続けている
  • 転職することになり会社の近くに引っ越すことになったが、原状回復に支払うお金がなく、消費者金融で借り入れした
  • 退去してから原状回復にかかる代金を請求されたが、高額だったため、その後の生活がキツい

こういったリアルな声を参考にまとめると、入居時にお金を貯めておいて敷金を支払っておいたほうが、あとがラクということになるでしょう。

「家具付き物件」はお得?

「家具付き物件」はお得?

「敷金・礼金ナシ」と同じように、入居時の金銭的負担を軽減してくれるのが、最近はやりの「家具付き物件」です。

ベッドや電子レンジ、冷蔵庫に洗濯機など、ほとんどの生活の必需品がそろっていて、築浅もしくは、室内をリノベーションしてあることが多いでしょう。

こちらの家具や家電が損傷した場合は、もちろん、弁償しなければなりません。

リスクもありますが、下記のようなメリットがあるため人気です。

  • 家具や家電を買いそろえる必要がない
  • 引っ越し代金をかけて家具や家電を移動させなくてよい
  • 退去するときに、家具や家電を処分したり運んだりしなくていい

ただし、次の場所に引っ越すときには、同じような家具付き物件を探すか、家具や家電などを買い直す必要が出てきます。

また、退去時に支払いが発生しないようこまめに掃除し、汚れなどが付着しないよう気を配っておく必要があると言えるでしょう。

まとめ

「心機一転、1人暮らしでもはじめてみようかな?」と思っている人は、今回紹介したような注意点やメリット・デメリットなどを参考に、物件を探してみてくださいね。

また、本文でも少し触れていますが、退去時にお金を支払うのは思っているよりも大変なことので、できれば入居時に敷金の支払いがある物件を探すようにしましょう。


山内 良子

ライター

山内 良子

珍しいことや面白いこと、心理学が大好き。 日本全国を巡りながら、さまざまなジャンルの記事を執筆中。 接客改善業務や金融会社での勤務、波乱に満ちた経験なども交え、読者様の生活に役立つ情報発信を心がけています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事