カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【連載】ガラスが“陶器”のように!?アンティークペイントで「陶器風ボトル瓶」を作ろう!

2020.08.28

【連載】ガラスが“陶器”のように!?アンティークペイントで「陶器風ボトル瓶」を作ろう!

古く色褪せたアンティーク感が魅力の陶器製ボトル瓶。どこから見ても本物の陶器ボトルに見えますが、実はこれら全てが「ガラスの空き瓶」をペイントリメイクして作られたものなのです。今回はミルクペイントとステイン塗料を使った、アンティークペイントテクニックをご紹介しようと思います。

陶器製ボトル

ベージュとブラウンの組み合わせが、品と静けさを感じさせる陶器製ボトル瓶。

ドライフラワーとの相性もぴったりなので、秋に向けての模様替えにもおすすめのアイテムです。

今回は不要品であるガラス製の「空き瓶」を使って、まるで本物の陶器のように見せることができるアンティークペイント方法をご紹介してみようと思います。

とっても簡単!アンティークペイント!

陶器瓶

ごつごつとした手触りとあたたかみのあるマットな色調は、陶器という土ものならではの味わいですが、これをガラス瓶を使ってペイントだけで再現してみようと思います。

DIY

ペイント手順はとっても簡単!難しいテクニック不要で陶器の風合いを表現することができます。

1.瓶の表面にマルチプライマーを塗る

用意したガラス瓶の表面に「マルチプライマー」という塗料を下塗りします。

マルチプライマーを下塗りすることで、塗料がのりにくい素材(金属類・ガラス・プラスチックなど)と上塗り塗料との密着性を高めることができます。

2.オフホワイトの塗料で塗り上げる

下塗りしたマルチプライマーをしっかりと乾かし、オフホワイトの塗料で上塗りします。

今回は「ミルクペイント」のクリームバニラというカラーを使ってペイントしてみました。

光沢のないマットな仕上がりが、リアルな陶器の質感を表現してくれます。

3.ステイン塗料でアンティーク感を加える

水で薄めた「水性ウッドステイン(チーク)」を少量垂らし、すぐにティッシュで押さえるようにして拭き取ります。

こうすることで、本物のアンティークのような経年劣化の風合いを加えることができます。

ガラス瓶

こちらがアンティークペイント前のガラス瓶。

インスタントコーヒーの容器やお酒の空き瓶など、普段気にすることなく捨ててしまう不要品ばかりです。

陶器風アンティークボトル

そのガラス瓶にアンティークペイントを加えればご覧の通り。

見事な陶器風アンティークボトルに変身しました!

クリアなガラス瓶と色褪せたアンティークボトルを見比べてみると、色が違うだけなのに重量感まで違ってみえますね。

コルク瓶DIY

ピカピカのコルク瓶も、栓ごとステイン塗料でアンティーク感を加えればさらに風合いがアップ。

元の姿が想像できないほどリアルな陶器風アンティークボトルができました。

アンティークペイントのポイント

ガラス瓶を塗る上でポイントとなるのは「定着剤の下塗り」。

ガラスや金属といった塗料がのりにくい素材にペイントするときは、塗装前に必ず「マルチプライマー」という定着剤を塗っておきましょう。

塗料の定着剤を下塗りしておくことで水濡れや擦れ、重ね塗り時の塗膜のふやけによる塗料の剥離を未然に防ぐことができます。

陶器風ボトル瓶のインテリアアレンジ

ボトル瓶のインテリア

不要品である空き瓶も、アンティークペイントを施せば立派なインテリア雑貨に。

陶器製のような重みと経年を感じさせる深みのある色合いで、雰囲気のあるコーナーディスプレイを演出してくれます。

コーナーディスプレイ

コルク栓のついた小瓶を使えば、中世のヨーロッパ風の貫禄あるレイアウトに。

アンティーク雑貨やドライフラワーとも好相性なので、秋のインテリアコーディネートにもオススメです。

まとめ

ガラスを陶器のように見せることができるアンティークペイントテクニックをご紹介しました。

マルチプライマーとミルクペイント、ステイン塗料の3つを使えば、誰でも簡単に陶器風ペイントリメイクができそうですね!

秋の模様替えにぴったりなアンティークペイントをぜひ試してみてください。


柳 美菜子

ライター

柳 美菜子

家具から雑貨まですべてを手作りし、お金をかけないナチュラル賃貸マンションライフを楽しんでいます。ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書も出版、また様々なメディアでも執筆しています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事