カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
《初心者向け》時短で作れる簡単おつまみ!おうち飲みが充実するレシピ3選

2020.08.15

《初心者向け》時短で作れる簡単おつまみ!おうち飲みが充実するレシピ3選

お家にいる時間が増えた近頃。自宅でお酒を楽しむときのおつまみレシピに、レパートリーがあると飲み会の時間が楽しくなりそう。今回は、料理初心者でも簡単に作れるおつまみレシピを3つご紹介!金欠の時にも嬉しいお財布に優しいレシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。

おうちでお酒を楽しむ「おうち飲み」は、リーズナブルな金額で、リラックスしながら好きなだけ飲めるのが魅力です。

そこで今回は、ビールやチューハイだけでなく、ワインにも合うようなおうち飲み会が満喫できるレシピを紹介したいと思います。
簡単レシピなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ナッツとクリームチーズのおつまみ

ナッツとクリームチーズ

できあがった「ナッツとクリームチーズ」をクラッカーに乗せるアレンジもいいですね♪
さくっと手軽に作れるこのおつまみは、急なおうち飲みにも対応できそうです。

材料(1人分・クラッカー4個分)

・クリームチーズ…8g×2個
※今回は、8gずつ個包装されているものを使用しています。
・ミックスナッツ…約8g
・クラッカー…4枚

・食品保存用袋(ミックスナッツを刻む場合には不要)
※今回は、0.25mlの、極小で横長の食品保存用袋を使用しています。
材料費:約184円

食品保存用袋で洗い物なしの作り方

(1)クリームチーズを室温に戻しておく
(2)クリームチーズがやわらかくなったら、ミックスナッツを食品保存用袋に入れ、下にタオルを敷いて麺棒で叩いて砕く
(3)(2)に(1)を入れ、食品保存用袋のチャックをし、クリームチーズと砕いたナッツ類を軽く混ぜる
(4)まんべんなくナッツがクリームチーズに混ざったら、食品保存用袋の下の部分に寄せ、少し厚さのある長方形の形に整える
(5)(4)を冷蔵庫に入れ、1時間以上冷やし固める

食品保存用袋なしで作る方法

(1)クリームチーズを室温に戻しておく
(2)ミックスナッツを刻む
(3)(1)と(2)を容器に入れて混ぜ、まんべんなくナッツがクリームチーズに混ざったら、棒状になるようにラップで包む
(4)(3)を冷蔵庫に入れ、1時間以上冷やし固める

ワンポイント

今回は、「ナッツとクリームチーズのおつまみ」をクラッカーの上に乗せましたが、トーストしたパンに乗せるアレンジもできます!
季節にもよりますが冷やし固めるのに時間がかかるので、冷やしている間に別の家事を済ませておくのがオススメですよ。

餃子の皮で作るトマトのピザ風

餃子の皮で作るトマトのピザ風

トマトがなくても、餃子の皮にケチャップとチーズだけ乗せればピザ風が簡単に作れますが、トマトを入れることでよりおいしく栄養価も高くなります。

また、トマトは、昔から「トマトが赤くなると、医者が青くなる」と言われるほど、ビタミンCやリコピン、葉酸、β-カロテン、カリウムといった栄養素を含んでいます。

材料(1人分・餃子の皮4枚分)

・餃子の皮(大判)…4枚
・トマト…1/2個
・とろけるチーズ…お好みで
・ケチャップ…お好みで

材料費:約147円

作り方

(1)トースターのなかに、くっつかないホイルかアルミホイルを敷き、その上に1枚ずつ餃子の皮を並べ、ケチャップを塗る
※ケチャップがはみ出ると焦げてくっつくので、なるべくはみ出ないように塗るのがオススメです。
(2)トマトを4枚にスライスし、(1)の上に1枚ずつ乗せていく
(3)(2)の上に、とろけるチーズを乗せ、トースターで約10分、チーズにこんがりとした焦げ目がつくまで焼く
※トマトに水分があるためチーズをあまりたくさん乗せると、チーズが餃子の皮から流れ出てくっついてしまうことがあるので、少なめに乗せてください。

クリームチーズと生ハムのイタリアン風

クリームチーズと生ハムのイタリアン風

餃子の皮を使うことで、簡単におつまみが作れます。
しかも、生ハムとクリームチーズを贅沢に楽しんで材料費約147円は、嬉しい価格ではないでしょうか?

材料(1人分・3個分)

・餃子の皮(大判)…6枚
・クリームチーズ…8g×1個
※今回は、8gずつ個包装されているものを使用しています。
・生ハム…2枚

材料費:約147円

生バジル(葉っぱ・約10~15枚入りで98円ぐらい)があれば、上に乗せるだけで見た目が一気に本格イタリアン風になるのでオススメです。

作り方

(1)クリームチーズを室温に戻しておく
(2)トースターのなかに、くっつかないホイルかアルミホイルを敷き、その上に1枚ずつ餃子の皮を3枚ならべ、(1)を3等分しながらざっくりと塗る
(3)(2)の上に新しい餃子の皮を乗せ、トースターで約6~7分、餃子の皮がこんがりキツネ色になるまで焼く
(4)(3)をトースターから取り出し、上に生ハムを乗せる
※生ハムの上にバジルの葉などを置けば、見栄えも格段とアップします。

ワンポイント

イタリアンではなくなりますが、バジルを飾らずに、スイートチリソースなどをかけるのもオススメですよ!

まとめ

コンビニなどで買うおつまみはおいしいですが、やはり少し高く感じることもありますよね。

今回紹介したレシピは簡単に作れるだけでなく、残った材料は普段の料理にも使いやすいものばかりなので、おつまみを購入するよりもお得かも。
ぜひ手作りのおつまみで、「おうち飲み」をより楽しんでみてはいかがでしょうか?


山内 良子

ライター

山内 良子

珍しいことや面白いこと、心理学が大好き。 日本全国を巡りながら、さまざまなジャンルの記事を執筆中。 接客改善業務や金融会社での勤務、波乱に満ちた経験なども交え、読者様の生活に役立つ情報発信を心がけています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事