カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
大人のための《ヘアアクセ》6選!上品にこなれるヘアアレンジ術

2020.08.22

大人のための《ヘアアクセ》6選!上品にこなれるヘアアレンジ術

ヘアアレンジをワンランクアップさせるヘアアクセサリー。シュシュやバレッタなどの定番もかわいいですが、話題のヘアアクセサリーで今風のヘアアレンジを楽しんでみませんか。ここでは人気のヘアアクセサリーの基本の使い方や、特徴についてご紹介します。

シュシュ・バレッタ・ヘアピン……一般的なヘアアクセサリーは日常使いがしやすく、持っている方も多いのではないでしょうか。
これらのヘアアクセサリーは昔からある定番アイテムですが、2020年現在、さらに多くのヘアアクセサリーが登場しています。
「見たことはあるけれど、名前も使い方も知らない」そんなヘアアクセサリーたちは、じつは簡単でかわいいヘアアレンジをサポートしてくれる、お役立ちアイテムなのです。

名前も知らないヘアアクセサリー

モデルがつけていてかわいいな、と思ったヘアアクセサリーや、このかわいい髪型はどうやって作ってるのかな、と感じた疑問。
それらの正体は、今話題のヘアアクセサリーたちによるものかもしれません。

今人気のヘアアクセサリーはどれも、シンプルなヘアスタイルを華やかにさせ、簡単なアレンジを手の込んだものに見せる効果があります。
話題のヘアアクセサリーの特徴と使い方について、見てみましょう。

マジェステ

ヘアアクセ1

@3coins_shinsaibashi_non
icon

マジェステとは、バレッタとかんざしを組み合わせたようなデザインのヘアアクセサリーです。
モチーフ部分と棒部分の2つで成り立っており、モチーフが飾りと髪を押さえる部分、棒が髪をしっかりと固定し崩さないようにする部分と、役割が分かれています。
結び目のゴムを隠したり、ワンポイントとして使ったり、髪の量が多くてバレッタでは止められない人が使ったりと、使用用途はおもに装飾がメインです。

【マジェスタの基本の使い方】

1. 結び目のゴムにマジェスタのモチーフ部分を当てる
2. モチーフの片方に棒を通し、髪の毛の後ろ側を通ってモチーフの反対側に棒を渡らせる

マジェスタは大ぶりなデザインが多いため、簡単なヘアスタイルでもインパクトのあるオシャレな雰囲気に仕上がります。

ヘアバトン

ヘアアクセ4

@mau__style
icon

ヘアバトンは、チアガールが持つあのバトンのように、1本の棒の両方にモチーフがついたデザインです。
片方のモチーフ部分を外して、髪にセットして使用します。
使い方はマジェスタに似ていますが、マジェスタより小ぶりなため、いくつか髪に飾って軽やかなオシャレを楽しめるのが魅力です。

【ヘアバトンの基本の使い方】

1. 三つ編みやお団子、くるりんぱなど、飾りたいところに片方のモチーフを外したヘアバトンを差し込む。
2. 外したモチーフをつける

斜めにつけたり、クロスをさせたり、長い髪であればいくつも飾ったりと、アレンジがしやすいヘアバトン。
髪をまとめる力は弱いものの、アイディア次第で印象が変わるため、いつものヘアアレンジをワンランクアップさせたい時に便利です。

ポニーフック

ポニーフックとはヘアゴムに取り付けるフックです。
髪を結ぶ際、ゴムの飾り部分が正面を向かず、困った経験はないでしょうか。
ポニーフックはヘアゴムの自由な位置にセットできるため、ゴムの結び目に悩むことがなくなります。

【ポニーフックの基本の使い方】

髪を結んだゴムにフックを取り付ければOK!

飾りゴムの扱いが苦手、という方にとって重宝するアイテムです。

バックカチューシャ

ヘアアクセ3

@michi__ru._.fleur
icon

後頭部側に差し込むカチューシャをバックカチューシャといいます。
ドレッシーな装飾品として結婚式やパーティーに使われることが多かったですが、最近ではカジュアルなデザインも増えて、日常でも取り入れられるアイテムとなりました。
通常のカチューシャと違い後頭部につけてもずれないよう、形状に工夫がなされています。

【バックカチューシャの基本の使い方】

アップスタイルやポニーテール、くるりんぱなどをした上に取り付けて完成!

冠をつけているような華やかさがあり、上品なバックスタイルに仕上がります。
シンプルなチェーンタイプやゴールドのものなら、オフィス使いもできそうです。

スクリューピン

ヘアアクセ2

@megumii920
icon

スクリューピンのデザインは、普通のヘアピンのU字部分に装飾がつき、棒部分がくるくると渦を巻いたような形です。
スクリュー部分の長さが製品によって違い、長いものほど髪に深く挿すことができます。
装飾をしつつ、髪を潰さずにしっかりまとめてくれるため、「オシャレで強力なUピン」というイメージが近いかもしれません。

【スクリューピンの基本の使い方】

1.シニヨンや三つ編みなど、後れ毛をまとめつつ飾りをつけたい部分にねじって差し込む(装飾がメインの目的なら、スクリュー部分が短いタイプがオススメ)
2. 髪をねじってまとめたら、頭皮側の髪(ねじってない部分の髪)とねじられた髪をスクリューにかませ、ねじった方向と反対方向にスクリューピンを回して挿す。(髪をまとめるのがメインの目的なら、スクリュー部分が長いタイプがオススメ)

スクリューピンは慣れるまで扱いが難しいアイテムですが、覚えてしまえばまとめ髪やラフなヘアアレンジが、オシャレに決まりますよ。
100円ショップでも販売されているため試しやすいのも嬉しいポイントです♪

ヘアスティック

ヘアスティック

@sandaime_bankinya
icon

いわゆる、かんざしをヘアスティックと呼びます。
ゴムを使わずに髪をまとめることができ、結い跡がつかないのが、ヘアスティックの魅力です。

「ゴムを使わないと髪がパラパラと落ちてくるのでは……」と思うかもしれませんが、ヘアスティックは髪をねじってとめるため、想像以上にしっかりまとめます。
ゆるめのヘアスタイルには不向きですが、キチンと見せたいシーンやちょっと髪を束ねておきたいときに重宝するアイテムです。

【ヘアスティックの基本の使い方】

1. 髪を時計回りにねじりながら上に持ち上げる
2. ヘアスティックをねじった毛束の右から左に刺して、毛束を抑えながらヘアスティックを9時の方向まで回転させる
3. 地肌に沿うようにしてヘアスティックの先端を上に持ち上げ、毛束の上から下に差し込んで完成!

髪に段がない、髪の量が多い人ほど、きれいに仕上がります。
大人っぽいまとめ髪にしたい時、結び目の跡をつけたくない時にも便利ですよ。

かわいい・便利なヘアアクセサリーを使いこなそう

ヘアアクセサリーひとつで、シンプルなヘアスタイルもオシャレなイメージに変わります。
アレンジのサポートに、ぜひ便利でかわいいヘアアクセサリーを試してみてくださいね。


遠藤舞衣

ライター

遠藤 舞衣

メイク・美容・インテリアの楽しさを文字と写真で伝えるライター。元インテリア業界勤務&美容部員経験から家と自身を飾る方法を発信します。企業公式コラムをはじめ多数メディアで執筆中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事