カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【夏のヘアケア】ダメージの原因とおすすめのシャンプー・トリートメント

2021.08.10

【夏のヘアケア】ダメージの原因とおすすめのシャンプー・トリートメント

夏の終わりが近づいた頃に、髪のダメージに気づく方は多いはず。夏は髪が傷みやすい原因があちこちにあり、それが表面化してくるのは秋ごろです。受けてしまったダメージはきちんとケアしてリセットし、ツヤのある美しい髪を取り戻しませんか。

夏の日差しを浴び続け、そろそろ秋も近いかなという頃、髪がなんだか傷んでない?と感じたことはありませんか。
髪が夏に受けたダメージは秋頃に表面化してくるそう。何が髪にダメージを与えるのかを知って、同じことを繰り返さないよう注意しましょう。

また、パサパサした髪では毎日のスタイリングも決まらず朝から気分も上がりません。そこで、髪ダメージをリセットするヘアケア方法とオススメアイテムを紹介します。

夏の髪ダメージの原因は3つ!

夏のダメージケア海

夏の髪ダメージには大きな原因が3つあります。原因を知っておけば、予防ができますね。

【原因1】紫外線は肌だけでなく髪にもダメージを与えている

紫外線は、髪の内部にあるアミノ酸を酸化させダメージを与えると言われています。髪を守っているキューティクルも剥がしてしまうので、枝毛や切れ毛といったトラブルを招くことに。
紫外線から肌を守るために日焼け止めは塗るけれど、髪は無防備だったという方、帽子をかぶったり日傘をさしたり、髪用の日焼け止めスプレーを使ったりして紫外線から髪を守りましょう。

▼UVケアにおすすめのアイテム

ナプラのUVスプレー
www.amazon.co.jp
ミーファ フレグランス UVスプレー テンダーリリー 80g
ナプラ
1,073円(税込)

【原因2】冷房による乾燥と冷えは美髪の敵

ムシムシする夏は乾燥とは程遠いイメージがあるかもしれませんが、暑い時ほど冷房がしっかりと効いた室内で快適に過ごすもの。けれど、この冷房が効いた室内は意外と乾燥しています。
空気が乾燥していると髪の毛から水分が奪われ、髪の内部がスカスカになりパサつきへとつながります。
また、冷房によって身体が冷えると血行が悪くなり、その結果、髪に必要な栄養分が運ばれにくくなることも。
暑さから逃れるため冷房は必要ですが、身体が冷えすぎないように注意してくださいね。

▼乾燥対策におすすめのヘアオイル

ナプラのヘアオイル
www.amazon.co.jp
N. ポリッシュオイル 150ml
ナプラ
3,980円(税込)

【原因3】お風呂上がりの湿気もダメージの原因に

夏のお風呂上がりは暑いので自然乾燥にしている……という方は要注意! 
髪は濡れるとキューティクルが開きます。キューティクルは髪を外部刺激から守ったり、髪の内部を守ったりという仕事をしているのですが、キューティクルが開くと髪は無防備な状態になります。つまり、髪を守るという役割をうまく果たせていないということ。
髪が濡れている時間が長いほどダメージを与えてしまうので、夏のお風呂上がりも自然乾燥は避けて、早めに髪を乾かすように気を付けましょう。

▼おすすめのヘアタオル

ヘアタオル
www.amazon.co.jp
ヘアドライマイクロファイバータオル セサミ 1枚
ハホニコ
1,100円(税込)


ライター

二宮 絵美

快適に暮らすこと、賢く暮らすことにアンテナをはっています。ライフスタイル・美容・ファッション・インテリアなど、たくさんのことに興味津々。運動は苦手なインドア派だけれど行動派。資格取得に向けて勉強中です。

このライターの記事をもっと読む

関連記事