カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
映画『アゲイン 28年目の甲子園』

2014.11.12

映画『アゲイン 28年目の甲子園』

直木賞作家・重松 清の最新作『アゲイン』を中井貴一主演で映画化。 「マスターズ甲子園」を舞台に、封じ込めた夢へ再び挑戦する不器用な大人たちの姿を描く感動の物語

(c)重松清/集英社 (c)2015「アゲイン」製作委員会
(c)重松清/集英社 (c)2015「アゲイン」製作委員会

46歳になった元高校球児・坂町晴彦(中井貴一)のもとに、ある日、元チームメイトの娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。
美枝は、東日本大震災で亡くなった父の遺品の中に、坂町や元エースの高橋(柳葉敏郎)らチームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年書きながらも投函せずしまいこんでいたのか知りたいと思い、そこに書かれた住所を訪ねてきたのだという。
かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」のスタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。いわゆる“サビついたオヤジ”である坂町は「今さら」と断るが、美枝だけには話したくない本当の理由が別にあった。28年前のある事件……。坂町たちが甲子園に行けなかった原因は、美枝の父親にあったのだ。あの日夢を断たれた坂町は、自らの思いにフタをしたつもりでいた。
父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は娘・沙奈美(門脇 麦)からずっと逃げてきたこと、そして思い出を上手に諦めることで自分自身を騙してきたことに気づく。「マスターズ甲子園」への参加を決意した坂町は、事件のことを知りながらずっと姿を消していた元マネージャー・立原裕子(和久井映見)に一通の手紙を送る。現れた裕子の口から語られたのは、坂町らが全く知らなかった真実だった……。

映画『アゲイン 28年目の甲子園』元高校球児たちが、世代を超えて出身校別にチームを結成し、再び憧れの甲子園を目指して白球を追う「マスターズ甲子園」を舞台にした感動のヒューマンドラマ。
原作は、直木賞作家であり、2006年より「マスターズ甲子園」の応援団長も務めている重松 清の最新作『アゲイン』。
クライマックスの野球シーンは、実際に甲子園球場で撮影が敢行された。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
【公式HP】 http://www.again-movie.jp/
【原作】 重松清「アゲイン」(集英社「小説すばる」連載)
【監督・脚本】 大森寿美男
【出演】 中井貴一、波瑠、和久井映見、柳葉敏郎、
門脇 麦、太賀、工藤阿須加、西岡德馬、村木 仁、堀内敬子 ほか
2014年/日本/2時間
【配給】 東映
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2015.1/17(土)公開
【大阪】梅田ブルク7大阪ステーションシティシネマなんぱパークスシネマあべのアポロシネマMOVIX堺TOHOシネマズ鳳TOHOシネマズ泉北高槻アレックスシネマTOHOシネマズくずはモールMOVIX八尾109シネマズ箕面布施ラインシネマ
【京都】T・ジョイ京都MOVIX京都
【兵庫】109シネマズHAT神戸OSシネマズミント神戸姫路大劇シネマMOVIXあまがさきTOHOシネマズ西宮OSTOHOシネマズ伊丹
【滋賀】ユナイテッド・シネマ大津
【奈良】シネマサンシャイン大和郡山TOHOシネマズ橿原
【和歌山】ジストシネマ和歌山
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆映画『アゲイン 28年目の甲子園』試写会に10組20名を招待!◆
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
【日時】12/9(火)18時40分開場、19時開映
【会場】梅田ブルク7
※大阪市北区梅田1-12-6 E-MAビル7F
(各線「梅田駅」・JR「大阪駅」各徒歩5分)
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!


関連記事