カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
SNS疲れ!?心が疲れた時にリフレッシュできる気分転換法4つ

2020.07.11

SNS疲れ!?心が疲れた時にリフレッシュできる気分転換法4つ

疲れやストレスが溜まった時に試してほしい気分転換方法をご紹介!情報社会になり便利になった反面、SNS疲れなどストレスを感じることも増えてきているようです。自分なりのリフレッシュ方法を見つけてみましょう!

「最近心が休まる時がない」、「ず~っとなにか考え事をしている気がする」、「ちょっと精神的に疲れてる気がするな」と感じることはありませんか?

誰もが気軽に情報を発信したり受け取ったりできる現代。友人同士のメッセージのやりとりも、アプリを使えば瞬時にできるようになっています。空き時間があると、スマホを見るのが習慣になっているという人も少なくないようです。

情報を受け取り続けたり情報を追い続けたりすると、休みなく頭を使うことになり心も緊張状態が続きます。リフレッシュする時間を持たないまま過ごすと、知らないうちに疲れが溜まって、「なんとなく疲れたな」という状態になることも!

この記事では、そんな時に試してみてほしい気分転換法を紹介します。

同時進行をやめてひとつのことだけに集中してみる

ストレス

  • 本を読んでいても映画を見ていても途中でスマホをチェックしたくなる
  • 気になる疑問が浮かんだらすぐ検索したくなる
  • メッセージが来たらすぐにチェックしたくなる

そのような状態が続いていませんか。

もちろんそれで問題はないのですが、心が疲れているなというときは、スマホを手放してひとつのことだけに集中してみるのもひとつの方法です。

例えば、料理をするなら料理だけに集中してみます。食材を冷蔵庫から出して料理が完成するまで、料理をすることだけに集中します。映画を観るのなら映画の始まりから最後まで、映画館にいる時のように集中して鑑賞します。

音楽を聴く、読書をするなど、ただそれだけに集中して一定の時間を過ごしてみると、目や耳などの五感がそのことだけに使えますし、処理が必要な情報も少なくなります。

この方法は、「マインドフルネス」という瞑想法をヒントにしたもの。「マインドフルネス」では瞑想を用いながら、「今ここ」に集中してあれこれ考えないという状態を作り出します。歩くことだけに集中する歩く瞑想などもあるようです。

「マインドフルネス」の瞑想法によると、心をあちらこちらに持っていかずにひとつのことに集中することで、安心感や満足感、達成感を感じられるほか、集中力も高まるのだとか。

いきなり瞑想をやるのはハードルが高いですが、ただひとつのことに集中して一定の時間を瞑想のような時間として過ごしてみると、意外にも心がスッキリするかもしれません。

例えば、繕い物をする、鏡を磨いてきれいにするなどでもいいのですよ! ながらでなにかすることが癖になっている人に、ぜひ試してみてほしい方法です。

外に出かけて自然に触れてみる

森でリフレッシュ

精神的なリラックス効果が大きいと言われてきた森林浴。最近では研究が進み、自然の中に身を置くことは、ストレスホルモンの減少や副交感神経活動を高める効果があることが化学的にもわかってきていのだとか。

身近に木が多い公園があるなら、ちょっと早起きして人が少ない公園の中を歩いてみましょう。葉ずれや鳥の声などに耳を傾けながらゆっくり歩くといい気分転換になりますよ。

自宅の近くにそのような場所がない時は、ネット検索で自然の中に作られたハイキングコースや絶景が見られる場所などを探してみましょう!

大阪なら『ほしだ園地』、『明治の森箕面国定公園』、『堺自然ふれあいの森』。神戸なら『森林植物園』、新神戸駅から徒歩で行ける布引の滝など。京都の鴨川ハイキングコース、奈良の春日山原始林なども、散策のためのコースが造られていて歩きやすくなっています。

普段とは違う場所に身を置いて歩くうちに、疲れた心が少し回復しているかもしれません。自然の中に行くほどの元気がないという時は、花を一輪買って部屋に飾ってみるだけでも!

ヘッドスパを受けてみる

ヘッドスパ

自分で能動的になにかをする気力がないという人は、ヘッドスパを受けてみるのはいかがでしょうか? ヘッドスパは頭皮や髪のケアのために受けるものというイメージがありますが、リンパの流れや血流を考慮した頭皮のマッサージ、ツボを刺激しながらのシャンプーなどがコースに含まれています。

頭皮のマッサージやツボ押しは、目の疲れが和らいだり、リラックス効果があるとも言われています。

平均30分から1時間程度で受けられますが、その間はできるだけ何も考えないようにしてみましょう。頭皮の汚れと一緒に心の疲れも流せるかもしれません。

スクイーズに触る

スクイーズ

スイーツやパン、野菜などをかたどった見た目のかわいさと、ムニュップニュッとした不思議な手触りが、人気となっているスクイーズ。

低反発に作られたスクイーズは、手でつかんでギュッとおさえるとゆっくりゆっくり膨らみます。そのやわらかくてふんわりした感触に、「心が落ち着く」、「リラックス効果があるような気がする」という声も多いようです。

シュークリームや食パンの形をしたものなら、職場のデスクの上に置いても違和感がないかもしれません。仕事中ちょっと疲れたなというときに、プニュッとしてみてください。触った時のやわらかい感触がちょっとしたリラックス効果をもたらしてくれて気分転換になるかも!

スクイーズは、100円ショップなどでもキーホルダーやマスコットとして販売されています。

まとめ

心が疲れたときの気分転換法について紹介しました。さまざまなことが便利になった反面、ストレスを感じることも増えている現代。自分なりの気分転換法をいくつか持てるといいですね。

Writer:starheart


関連記事