カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
新垣結衣が初の母親役に挑戦! 映画『トワイライト ささらさや』舞台挨拶に新垣結衣、大泉 洋、深川栄洋監督が登壇

2014.11.05

新垣結衣が初の母親役に挑戦! 映画『トワイライト ささらさや』舞台挨拶に新垣結衣、大泉 洋、深川栄洋監督が登壇

夫を突然の事故で亡くし、生後間もない息子を一人で育てることになった母親と、他人の体に憑依して彼女を助ける亡き夫の姿を描いた感動作『トワイライト ささらさや』。 公開を控えた10/31(金)、『梅田ブルク7』での試写会で、新垣結衣、大泉 洋らが熱く激しく作品をPR!!

映画『トワイライト ささらさや』舞台挨拶

ファンタジーとミステリーを見事に融合させた加納朋子の小説『ささら さや』を基に、『神様のカルテ』、『60歳のラブレター』などの深川栄洋監督がメガホンをとり映画化した話題作『トワイライト ささらさや』が、いよいよ11/8(土)公開となる。公開を控えた10/31(金)、主演の新垣結衣、大泉 洋、そして深川監督が舞台挨拶に登場した。

本作で初めての母親役に挑戦した新垣は、「私はママになったことがないですが、サヤは新米ママですし、ぎこちないのが逆にリアルだと思いました。ユウタロウやささらの人たちにも支えられて成長していくので、撮影が進むにつれ、私もサヤと一緒に“母親”になれていけたらいいなと思っていましたから、難役と感じることはありませんでした」。

一方、事故で他界するも、色々な人の体を借りて残された妻子を助けようとする“成仏できない夫”を演じた大泉は、「全編妖怪だったってのはありますが、全編死んでるってのは初めてですねぇ」と初めてのユニークな役を振り返った。苦労した点を聞かれると、「“若干脈を弱めてみよう”という役作りもしていませんし、死んでるってことは意識しませんでした。落語家役でしたが、江戸弁口調を大げさにするというところでしょうか……でも私は落語が大好きですから、それも苦ではなかったです。それよりも、新垣結衣さんの旦那様であるというプレッシャー。世の男性方は羨ましがりますからね。そういう男性の妬み!嫉み!! そういうものを跳ね返す、決死の覚悟で夫役に挑んだと言ってもいいのではないでしょうか!!!」と、大泉の猛烈に高いテンションに新垣と深川監督は困惑、会場は大爆笑。

また、当日はハロウィーンということで、“いたずら”にまつわるエピソードも披露。
新垣は、背後から他人の肩をトントンと叩いて知らんぷりをするいたずらをよくするそう。「以前は膝カックンをよくやっていたのですが、膝を強打する勢いで崩れた人がいたので、ケガの恐れがあるのでもうやめました(笑)」。

さらに大泉が「私はいたずらが大好きでしてね……」と話し始めたが最後、『ラジオ収録に遅刻をしてきた後輩に、あの手この手で風邪を移そうとした(が結局失敗)』、『(TEAM NACSのメンバー)音尾琢真の誕生日に、彼の私物(CD、パンツ、カーテン、ネコ)を部屋から勝手に盗み出して本人にプレゼント』など、時間をしきりに気にするMCの心配をよそに「まだまだあるんですよ?」とノリノリでいたずらトークを続けた。

ほぼ強制的にMCから締めの挨拶を促された大泉は、「出たヤツが面白いっていうのは当たり前なんです! 観た皆さんが!! “面白かった!!!”っていかに多くの人に伝えて頂けるかに掛かってるんです!!! 皆さん、新垣結衣を男にしてやってください!!!!!!」と絶叫すると、思わず新垣と深川監督も深々と礼。

最後に新垣が「今回、事前に映画を見てくださった方に話をお聞きすると、それぞれグッときたシーンが本当に様々だったんです。こんなにも、人の心をつかむ場所のバリエーションがある映画なんだなって実感しました。観てくださったら、必ずどこかでグッとくるシーンがありますので、大切な誰かと一緒に、劇場へ観に来ていただければ嬉しいです」とPRし、舞台挨拶を締めくくった。

新垣結衣 大泉 洋

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
『トワイライト ささらさや』

(C) 2014「トワイライト ささらさや」製作委員会
(C) 2014「トワイライト ささらさや」製作委員会

【STORY】
突然の交通事故で夫のユウタロウ(大泉 洋)を亡くし、のどかでどこか不思議な町「ささら」で、生まれたばかりの息子ユウスケを抱えて一人途方に暮れていたサヤ(新垣結衣)。身寄りもなく、人を疑うことすらできない頼りないサヤが心配なあまり、ユウタロウは成仏することができなかった。落語の師匠、旅館の女将、言葉を失った子供、ささら駅の駅員……。ユウタロウは、時に人様の体に乗り移って、サヤとユウスケを助けに現れる。ユウタロウと「ささら」の人々の優しさに支えられ、サヤは少しずつ母親として成長してゆくのだが……。
——————————————————————————————————————————————————————
【公式HP】http://www.twilight-sasara.jp
【原作】 加納朋子「ささら さや」(幻冬舎文庫)
【監督】 深川栄洋
【脚本】 山室有紀子、深川栄洋
【出演】 新垣結衣、大泉 洋、
中村 蒼、福島リラ、寺田 心、つるの剛士、
波乃久里子、藤田弓子、小松政夫、
石橋 凌、富司純子 ほか
2014年/日本/1時間55分
【配給】 ワーナー・ブラザース映画
——————————————————————————————————————————————————————
11/8(土)公開
【大阪】
梅田ブルク7なんばパークスシネマTOHOシネマズ鳳MOVIX堺イオンシネマ茨木ユナイテッド・シネマ岸和田イオンシネマりんくう泉南高槻アレックスシネマシネプレックス枚方TOHOシネマズくずはモール109シネマズ箕面イオンシネマ大日MOVIX八尾
【京都】
イオンシネマ京都桂川T・ジョイ京都MOVIX京都イオンシネマ久御山イオンシネマ高の原
【兵庫】
109シネマズHAT神戸MOVIXあまがさきTOHOシネマズ西宮OSイオンシネマ加古川
【滋賀】
ユナイテッド・シネマ大津彦根ビバシティシネマイオンシネマ近江八幡水口アレックスシネマイオンシネマ草津
【奈良】
TOHOシネマズ橿原
【和歌山】
ジストシネマ和歌山イオンシネマ和歌山
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


関連記事