カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
『無印良品』店内で無料給水サービス開始、プラごみ削減を目指したボトル販売も

2020.06.24

『無印良品』店内で無料給水サービス開始、プラごみ削減を目指したボトル販売も

地球資源の循環化および廃棄物削減のため様々な取り組みを進めている『良品計画』が、7月1日(水)より「自分で詰める水のボトル」を販売! 店内に給水機を設置し、店舗での給水サービスも

『無印良品』を展開する『良品計画』が、プラスチックごみを削減する取り組みの一環として、7月1日(水)より「自分で詰める水のボトル」を販売。
さらに店内に設置する給水機で給水サービスもスタートすることを発表。

また、『無印良品ネットストア』では、「水」特集ページも開設されました。

水道水を利用した「給水機」の設置

7月1日(水)より、『無印良品 グランフロント大阪』など、各地域の拠点となる大型店舗や新店を中心に、全国113店舗に給水機を設置(設置店舗は順次拡大予定)。

マイボトルを持参すれば誰でも気軽に無料で飲料水(フィルターを通した水道水)を詰めることが可能。マイボトルを持参する人が増え、環境や健康について考えるきっかけになることを目指しています。

関西の「給水サービス」導入店舗(7月1日時点)

【大阪府】

【京都府】

【兵庫県】

【和歌山県】

「給水」という行為が日々の習慣になることを目指して

無印良品 自分で詰める水
「自分で詰める水のボトル」(容量330ml・190円)

7月1日(水)に発売となる「自分で詰める水のボトル」は、バッグの中でかさばらず持ち歩きしやすいフラットデザインで、容量330mlの飲みきりサイズ。広口設計なので飲みやすく洗いやすいのもこだわりポイントです。

『無印良品』の給水機での利用ほか、自宅やオフィスでも繰り返し利用してもらうことで、新たなペットボトルの消費を抑えることを目指しています。

新しいボトルへの買い替えや、破損等で不要になった「自分で詰める水のボトル」は、店頭で回収してもらえます。回収したボトルはポリエステル原料にリサイクルされます。

「ステンレス保温保冷マグ」に新サイズ登場

無印良品 ステンレス保温保冷マグ
「ステンレス保温保冷マグ」(200ml・990円、350ml・1,290円、500ml・1,490円)

真空二重構造で保温性・保冷性に優れた「ステンレス保温保冷マグ」に、直径約6cmと持ち運びやすい200mlサイズが5月末より仲間入り。好みのドリンクを入れて使うのはもちろん、『無印良品』各店舗の給水サービスもぜひ利用を!

給水を日常生活に楽しく取り入れるツール「水」アプリ開発

給水するごとに環境への貢献度が手軽に分かる「水」アプリも登場。
給水機を設置している全国の『無印良品』店舗の位置情報や、東京都内約700箇所以上の給水スポットを掲載予定。今後も各自治体の情報を含めた給水スポット情報の充実を図っていくそう。

「水」アプリは7月1日(水)~、「水」特集ページからダウンロードできます。

※【画像・参考】『良品計画』

『無印良品』

ムジルシリョウヒン

関連記事