カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
映画『想いのこし』

2014.09.26

映画『想いのこし』

頭の中は“金と女”のことばかりのダメ男が、現世に大きな未練を残して亡くなった4人の幽霊の “最期の願い”を叶えるために奔走する、心揺さぶるエンターテインメント

(C)2014「想いのこし」製作委員会
(C)2014「想いのこし」製作委員会

女たらしで金に目がなく、お気楽に毎日を過ごすことがモットーのサイテー男・ガジロウ(岡田将生)は、ある日交通事故に遭ってしまう。
ガジロウは幸い無傷で済むが、その事故で亡くなったユウコ(広末涼子)ら3人のポールダンサー、年配の運転手(鹿賀丈史)の幽霊と出会う。
小学生の一人息子・幸太郎(巨勢竜也)を残して逝ったのを悔やむユウコをはじめ、ルカ(木南晴夏)は結婚式を目前に控えていて……。それぞれに成仏できない事情を抱える4人は、遺したお金と引き換えに、ガジロウに“最期の願い”を叶えるよう懇願。
4人が無事に成仏できれば大金が手に入るとあって、花嫁姿で結婚式に出席したり、男子高校生に愛を告白したりと、嫌々ながらもそれぞれの願いを叶えるべく奔走するガジロウ。しかし、大金目当てだったガジロウの心は小さく揺れ始め、やがて大きく変化していく。

“史上最低のダメ男”ガジロウを演じるのは、岡田将生。ウエディングドレス姿で結婚式を挙げたり、消防士としてヒーローになったり、男子高校生に熱い告白をしたり、セクシーなポールダンスを披露したりと、悲しくもこの世を去ることになってしまった4人の最期の「想いのこし」を届ける男をまさに“体当たり”で熱演。
メガホンをとったのは、ドラマ『JIN-仁-』や映画『ROOKIES-卒業-』、『ツナグ』など、感動作を次々と世に送り出すヒットメイカー・平川雄一朗。
岡本貴也の小説『彼女との上手な別れ方』を原作に、原作者本人も脚本に参加して待望の映画化が実現した。

映画『想いのこし』映画『想いのこし』2

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
【公式HP】 http://www.omoinokoshi.com/
【原作】 『彼女との上手な別れ方』(岡本貴也著・小学館)
【監督】 平川雄一朗
【脚本】 岡本貴也、HARU
【出演】 岡田将生、広末涼子、木南晴夏、松井愛莉、巨勢竜也、
高橋 努、川籠石駿平、佐藤二朗、村杉蝉之介、鹿賀丈史 ほか
2014年/日本/1時間58分
【配給】 東映
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
11/22(土)公開
【大阪】
梅田ブルク7大阪ステーションシティシネマなんばパークスシネマあべのアポロシネマMOVIX堺TOHOシネマズ鳳TOHOシネマズ泉北MOVIX八尾布施ラインシネマイオンシネマりんくう泉南高槻アレックスシネマTOHOシネマズくずはモール
【京都】
T・ジョイ京都MOVIX京都イオンシネマ久御山
【兵庫】
OSシネマズミント神戸109シネマズHAT神戸姫路・大劇シネマMOVIXあまがさきTOHOシネマズ西宮OSイオンシネマ加古川
【滋賀】
ユナイテッド・シネマ大津イオンシネマ草津
【奈良】
TOHOシネマズ橿原シネマサンシャイン大和郡山
【和歌山】
ジストシネマ和歌山イオンシネマ和歌山
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆映画『想いのこし』試写会に10組20名を招待!◆
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
【日時】10/9(木)18時40分開場、19時開映
【会場】梅田ブルク7
※大阪市北区梅田1-12-6 E-MAビル7F
(JR「大阪駅」・各線「梅田駅」各徒歩5分)
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!


関連記事