カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
ワントップスで映える!着映えアイテムでお仕事コーデを華やかに

2020.04.28

ワントップスで映える!着映えアイテムでお仕事コーデを華やかに

素敵なトップス一着だけで、スタイリッシュな全身コーデを完成させませんか? 服装に失敗できない日の朝に、あれこれ考える余裕がないときは一着だけでキマるトップスを用意しておくと便利♪ そこで今回は、春から初夏にワントップスで映えるアイテムをご紹介します。

薄着の季節が近づくこの頃。
冬の間は服に隠れて目立たなかった体系が、暖かい季節は薄着になるせいでコーデが素敵に仕上がらないことが多いものです。
そんな季節の変わり目は、トップス一枚で全身のコーデがまとまりやすくなる「映えるワントップス」がオススメ♪

今からダイエットを始めるよりも早く、スタイルアップも叶うかもしれません!
今回は春から初夏に試したい、映えるワントップスコーデのアイデアを集めました。

無地でも存在感を放つ《個性派シルエット》

無地でも存在感を放つ《個性派シルエット》
出典:『bo-te』

誠実な印象を着こなしやすい、無地のトップス。
お仕事着にぴったりでも、地味になりやすいという欠点もあります。
そこで個性が光るシルエットのトップスをチョイス!

写真はブラウスのカフがフレアになった一着。
かっちりパンツに合わせるだけで、エッジの効いたクレバーコーデの完成です。

エレガントな雰囲気を醸し出す、落ち着いた配色のタイトスカートルック
出典:『bo-te』

エレガントな雰囲気を醸し出す、落ち着いた配色のタイトスカートルック。
たっぷりなギャザーが生み出すシルエットは、シンプルコーデに華を添えています。
奔放なデザイントップスも、ダークカラーならお仕事シーンでトライしやすい。

シルエットが洗練された高級感あるコーデ
出典:『bo-te』

シルエットが洗練された一着は、高級感あるコーデに仕上げます。
写真は袖から肩、襟ぐりまで、アート作品のように美しい線を描くトップス。
すっきりとボトムインすれば、パンツにもスカートにも自在に着回しを楽しめそう♪

コーデの主役になる《派手色デザイントップス》

コーデの主役になる《派手色デザイントップス》
出典:『bo-te』

気温が高くなるにつれて、カラリと元気なムードが似合う季節になっていきます。
春になっても冬のイメージから抜け出せない人はいませんか?
そんなときは派手色のワントップスでイメージチェンジ!

写真は爽やかなイエローカラーのブラウスを主役にした装い。
千鳥格子のマニッシュなパンツを、艶やかなコーデへ格上げしています。

パープルカラーが印象的なニットトップスを使った着こなし
出典:『bo-te』

パープルカラーが印象的なニットトップスを使った着こなし。
バックスタイルが揺らめく長めの裾がこなれたムードを演出。
さらに深めVネックが大人の余裕が醸し出します。

《きれい色トップス》はアウターの中からも効果的

《きれい色トップス》はアウターの中からも効果的
出典:『bo-te』

初夏にはアウターを脱いで楽しむワントップスコーデ。
肌寒い日は、春アウターが手放せないですよね。

そんな時期は、きれい色の一着がオススメです♪
アウターを着たときも、トップスが全身のカラーアクセントとして活躍します。
写真は鮮やかなロイヤルブルーが覗くコートスタイル。
上半身に視線を集める明るい色が、アウタースタイルを軽やかにしています。

きれい色のVネックトップス
出典:『bo-te』

きれい色のトップスは写真のようなVネックも狙い目。
あご下に伸びるVラインの肌見せは、着痩せや小顔見せにも効果的♪

淡い紫色のカーディガンをプルオーバー風に着こなしたコーデ
出典:『bo-te』

写真は淡い紫色のカーディガンをプルオーバー風に着こなし。
カーディガンでも好みのカラーに出会えたら、映えるワントップスとして楽しもう!

映えるワントップスがあると時間短縮になる♪

いつものボトムスに映えるワントップスは合わせるだけで、パッと華やぐ素敵なコーデが完成!
全身をスタイリッシュに変える一着は、忙しい毎日の味方になってくれます。

お気に入りだったコートを片付ける季節の変わり目は、オシャレ迷子になりやすいもの。
そんな季節の変わり目こそ“映えるワントップス”がオシャレの即戦力になりますよ♪


編集部bo-te(ボーテ)

ライター

bo-te

『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事