カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
30代の「ジャケット×スカート」組み合わせ12選!春のオフィスカジュアル

2021.03.31

30代の「ジャケット×スカート」組み合わせ12選!春のオフィスカジュアル

オールシーズンOKなジャケット。ジャケットとスカートのコーデの組み合わせや、インするトップスのポイントを紹介。春はカッチリとしたオフィスカジュアルで決めたい場面に多く出会います。素敵な春のビジネスシーンに似合う、第一印象がいい服を着こなしましょう。

日差しが暖かくなってくると、仕事着はスカートが過ごしやすいという人も多いですよね♪
スカート派のカッチリ系オフィスカジュアルはスカートとジャケット選びも大切ですが、中に着るトップス選びが全身の雰囲気作りのポイントになります!

そこでスカート派のインナー選びにクローズアップした、春のカッチリ系オフィスカジュアルコーデをご紹介します。

【1】ジャケット×タイトスカートのコーディネート

トップスとジャケットをワントーンでまとめてスッキリ

トップスとジャケットをワントーンでまとめてスッキリ
出典:『bo-te』

こちらは上半身にまとまりを作るコーデテクニックが光るスカートルック。
ジャケットとトップスをワントーンでまとめ、セットアップのようなフォーマル感を引き出しています。
新しく買ったスカートを手持ちのジャケットに馴染ませたいとき、即戦力になる着こなし技です。

カジュアル感が出やすい《コットントップス》をボートネックで品良く

カジュアル感が出やすい《コットントップス》をボートネックで品良く
出典:『bo-te』

無地カットソーのトップスで、すっきりとまとめたジャケットスタイル。
ラフになりやすいカットソーを、オフィスに似合うムードで着こなせたらカッコイイですよね♪

品の良さを引き出すなら、ボートネックのデザインがオススメです。
胸元の肌見せを抑えてクレバーに、肩の方に広がる襟刳りはエレガントな抜け感。
さらに長め丈のスカートとの組み合わせは、洗練されたムードを着こなせます。

定番ネイビージャケットで知的でスタイリッシュな印象を

定番のネイビージャケットを軽快にするホワイトのTシャツ
出典:『bo-te』

ネイビーの金ボタンジャケットは、Tシャツに羽織るだけできちんとした装いになれる便利な一着。
ウエスト総ゴムのニットスカートも、ロングタイトならきちんとした印象に。適度な厚みのある太畝柄の編み地でボディラインが響きすぎず、品よく着こなせます。

【2】ジャケット×花柄スカートのコーディネート

ジャケットを脱いでも美しい♪きれい色トップスは爽やかさがUP!

ジャケットを脱いでも美しい♪きれい色トップスは爽やかさがUP!
出典:『bo-te』

春が似合う淡いカラーを、トップスで取り入れたスカートルックはいかが♪
きれい色のトップスは、ジャケットを着たときのカラーアクセントに。
ジャケットとスカートが両方シックな色でも、コーデを華やかにセンスアップしてくれます。

ジャケットを脱いでも美しいオフィスカジュアルは、一日が楽しくなりそうですね。

ダークカラーのジャケットはVネックで作る軽やかな抜け感

カーディガンにもなるVネックニットを、ジャケットの中にイン。
フィットして着こなせるリブ編みトップスは、ジャケット袖でもたつかず便利な一着です。

写真のようなダークカラーのジャケットは、カッチリ着こなしやすい一方、重苦しくなりやすいですよね。
そこでトップスにVネックをチョイスすると、胸元が軽やかな抜け感に♪

【3】ジャケット×スエードスカートのコーディネート

ブラウンチェックのジャケットに鮮やかスカートで春先の装い

ラベンダー色スエードスカート
出典:『bo-te』

エコスエードのなめらかな質感の春色スカートに、ブラウン系のグレンチェックのビッグジャケットをサラッと肩がけ。
ブラウス風仕立てのスタンドカラーシャツをウエストインで合わせて大人可愛く演出します。

【4】ジャケット×プリーツスカートのコーディネート

ノーカラージャケットを羽織ってきちんと感を

エレガントな《ノーカラージャケット》を肩掛け
出典:『bo-te』

淡いイエローのギャザースカートで大人可愛くしつつも、シンプルな黒のトップスはボディを華奢に見せてくれるややゆったりシルエットを選ぶのがポイント。

定番ネイビージャケットに個性を

ボルドーのプリーツスカート
出典:『bo-te』

ネイビーのダブルジャケットは定番アイテムだけに、コーデにはちょっと個性を光らせたい。
そこで選んだのが、最旬のロングプリーツスカート。季節を感じる華やかな色で個性を演出します。

ネイビー×ホワイトのクリーンなカラーコーデで上品に

出典:『bo-te』

ブラウンのチェック柄ビッグジャケットには、ネイビーの発色が美しい、カシミヤ×シルク混素材による艶やかな編み地が着こなしを格上げしてくれるトップスと、ホワイトの幅を不揃いにしたランダムプリーツスカートがオシャレ度をグンッとアップさせます。

【5】ジャケット×ロングフレアースカートのコーディネート

トップスの色はジャケットにも使われている色をチョイス

トップスの色はジャケットにも使われている色をチョイス
出典:『bo-te』

上品ツイードジャケットに、マスタードイエローのスカートが揺らめく装い。
華やかなスカートと、ジャケットの存在感を邪魔しないトップス選びがあか抜けコーデの鍵になります。

写真はジャケットに使われている落ち着いた色をピック。トップスの色にリンクさせて、上半身にまとまりを作っています。

軽やかジャケットでコンサバマリンスタイル

コンサバマリンスタイル
出典:『bo-te』

少し暖かい日には、軽やか素材の背抜き(身頃の裏なし)ジャケットを♪
コンパクトなひとつボタンデザインはどんなボトムでもコーデバランスはGood! サッシュ付きロングフレアースカートでフェミニンに仕上げます。
前裾が短くなったフィッシュテールデザインが、コンサバコーデにモダンな抜け感をもたらしてくれます。

グレージャケット×シルク混ロングスカートで華のある涼感を

グレージャケット×シルク混ロングスカート
出典:『bo-te』

一見無地に見えつつ、ネップのある杢調の織り素材の、奥行きを感じるグレージャケットが、洒落感を漂わせてくれます。
インにはスポーティーな白のTシャツでキリッと決めつつ、ボトムスは薄手のふわりとしたブルーのロングスカートでエレガントに。

トップス選びでスカートルックをセンスアップしよう

家で簡単に洗濯ができないジャケットを使った着こなしは、中に着るトップスを変えることで、毎日の着こなしにハリが生まれます。
お仕事着のスカートが素敵に引き立つ、トップスデザインは1つではありません!

今回紹介したコーデテクニックを参考に、着ると新鮮な気持ちになれる組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。


ライター

bo-te

『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事