カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
2020年の《お花見コーデ》はどうする?デートや宴会にオススメな服装アイデア

2020.03.08

2020年の《お花見コーデ》はどうする?デートや宴会にオススメな服装アイデア

春らしいお花見コーデのアイデアをご紹介します。関西は3月の第3週あたりだと予想される2020年の桜の開花。暖冬から迎えるお花見シーズンは、冬服とのメリハリのつけ方に迷いがち! お花見シーンに似合うスタイリッシュな服装を楽しみましょう♪

一緒に行く人や場所、さらに自分の年齢と共に楽しみ方が毎年変わっていく「お花見」。
2020年は何を着れば良いのか悩みませんか?

そこでオシャレなお花見コーデのアイデアをご紹介します。
春らしさを着こなすコツから、夜桜にちょうど良い防寒のポイントまで、宴会やデートなど予定に合うスタイリッシュなお花見コーデのヒントを見つけて。

春風を纏うように楽しむ《スカートルック》

友人とお出かけ♪エレガントなレーススカートをカジュアルダウン

友人とお出かけ♪エレガントなレーススカートをカジュアルダウン
出典:『bo-te』

スカートコーデは、暖かい季節が始まるという開放感ある着心地も魅力。
春の訪れを楽しむ、お花見コーデにぴったりですね♪

写真はレーススカートを、バッグやジャケット、スニーカーでカジュアルダウンした装い。ワイワイ出かける服装も、エレガントなスカートで品の良さをキープ。

パートナーとデート♪春の光を集める大人スタイル

パートナーとデート♪春の光を集める大人スタイル
出典:『bo-te』

大人の可愛らしさを着こなした、ロングスカートのお花見コーデはいかが♪
写真はスカートとスニーカーを、近いトーンの色でコーデしています。

そんな透き通るような可愛らしさは、全身をクールな配色でまとめて大人顔に♪

休日スイッチが入る《デニムパンツルック》

暖かい一日は軽やかに♪浮き立つ心にホワイトブラウスがマッチ

暖かい一日は軽やかに♪浮き立つ心にホワイトブラウスがマッチ
出典:『bo-te』

着るだけでオフィスモードと一線を引ける、デニムパンツでお出かけはいかが。
ぽかぽか暖かい日なら、日差しに映えるホワイトブラウスの出番!
ラフなデニムパンツを、可憐なカジュアルスタイルに仕上げます。

夜桜は春コートで防寒♪夜に馴染むレッドカラーを覗かせて

夜桜は春コートで防寒♪夜に馴染むレッドカラーを覗かせて
出典:『bo-te』

ブルー系だけではなく、ブラックカラーのデニムパンツも休日コーデオススメ!
シックにカジュアルコーデを完成しやすいアイテムです。

また、夜桜を見に行くなら防寒できる春コートを忘れずに。
ダークカラーのコートには、夜に映えるレッドカラートップスを覗かせて。
華やかなデニムパンツルックで、居酒屋にも立ち寄りたくなるアクティブな気分♪

敷物に座るシーンで便利な《ワンピースレイヤード》

恋人とレジャーシートでお弁当♪深Vネックでレディな魅力に抜かりなし

恋人とレジャーシートでお弁当♪深Vネックでレディな魅力に抜かりなし
出典:『bo-te』

ワンピースにレギンスやパンツの重ね着は、オシャレで動きやすいコーデ。
敷物で過ごすお花見に便利♪
また、腰回りを冷やしたくない人にもオススメ。

恋人とデートで着こなすなら、ホワイトカラーなど甘い色のワンピースをチョイスして。
さらに写真のような深めのVネックデザインは上半身でレディな魅力を引き出せるので、座り姿勢で顔回りに視線が集まるデートにぴったり。

会社の場所取り担当♪きちんと感あるブルーストライプ柄でアクティブコーデ

会社の場所取り担当♪きちんと感あるブルーストライプ柄でアクティブコーデ
出典:『bo-te』

お花見の幹事を任されたら、動きやすいコーデがオススメです。
とはいえ沢山の人が集まるイベントでは、きちんと感あるオシャレコーデで挑みたいところ!

そこで頼れるのが、写真のような「ブルーのストライプ柄」。
春が似合う爽やかさと、好感度のあるきちんと感を着こなせます。

春らしさが欲しいなら試したい《ボーダートップス》

お花見とランチデート♪プリーツスカートと桜が春陽に揺らめくハーモニー

お花見とランチデート♪プリーツスカートと桜が春陽に揺らめくハーモニー
出典:『bo-te』

春服として毎年人気を集める「ボーダートップス」。
お花見コーデに取り入れれば、いつも着ていた冬服から一歩先の季節を着こなせます。

写真は、桜色のプリーツスカートをコーデしたスタイル。
甘く揺らめくスカートは桜と共に、春の日差しを浴びて華やぎそう♪

スタイリッシュにキメたい女子会♪白でまとめて脱・ベーシックスタイル

スタイリッシュにキメたい女子会♪白でまとめて脱・ベーシックスタイル
出典:『bo-te』

ベーシックスタイルにも欠かせないボーダートップス。
オシャレな女子が集まるお花見は、普通過ぎるコーデは避けたいですよね!

そこでホワイトカラーでまとめた着こなしテクニックはいかが♪
写真のようにベルトまで色合わせすると、こなれ感がグンとアップします。

コーデにこだわって今年だけの楽しい桜の思い出をつくろう!

宴会やデートなどのシーンはもちろん、桜が咲き始めてから散っていくまで花風景も日々変化。
それぞれ行ったタイミングで、ひと味違う思い出になります♪

春先は日差しのおかげで昼間はポカポカ陽気でも、夜はグッと気温が下がることがあります。
見た目も重要ですが、体温調節について考えてみるのもいいかもしれません。

今年しか作れない思い出は、素敵な着こなしも併せて記憶に残したいですね。


編集部bo-te(ボーテ)

ライター

bo-te

『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事