カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【新感覚お菓子】ジェイアール京都伊勢丹で先行販売!和×洋の「カカオ落雁」

公開:2023.01.07

【新感覚お菓子】ジェイアール京都伊勢丹で先行販売!和×洋の「カカオ落雁」

伝統の京菓子司「俵屋吉富」とチョコレートショップ「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」が共同開発した「カカオ落雁 砂燦加」が、2023年1月17日(火)から「ジェイアール京都伊勢丹」(京都府京都市下京区東塩小路町)のサロン・デュ・ショコラに登場。

京菓子司とショコラティエが共同開発した「カカオ落雁 砂燦加(さざんか)」が、2023年1月17日(火)から「ジェイアール京都伊勢丹」(京都府京都市下京区東塩小路町)で開催されるサロン・デュ・ショコラにて先行販売!

京菓子職人とショコラティエが共同開発

京菓子司俵屋吉富代表取締役副社長
京菓子司「俵屋吉富」 代表取締役副社長 石原 義規氏

「俵屋吉富」は“人と人との和を繋げるための和菓子”を目指し、1755年に創業した京菓子の老舗です。その京菓子司が、“手しごと”と“日本らしさ”をキーワードに東京・日本橋浜町に2019年オープンした「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」とコラボレーション。

村田友希
「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」シェフ・ショコラティエ 村田 友希氏

「俵屋吉富」代表取締役副社長の石原義規氏と、京都出身で「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」シェフ・ショコラティエの村田友希氏が専門学校の同窓生であったことから、今回の取り組みが始まりました。

共同開発の背景

時代の流れとともに日本の食文化は多様化し、特に若年層には洋菓子になじみが深く、和菓子に触れる機会が減っています。世界中で広い年齢層に親しまれているチョコレートと和菓子を組み合わせ、若年層や海外に向けて和菓子の良さを知ってほしいとの想いから、商品を共同開発しました。

和と洋の組み合わせ「カカオ落雁 砂燦加(さざんか)」

カカオ落雁
「カカオ落雁 砂燦加(さざんか)」(18個入・2,700円)

お茶菓子として親しまれている落雁は、茶葉の香りを引き立てるため通常控えめな香りで作られますが、今回の「カカオ落雁 砂燦加」は、現代の生活に合わせカジュアルに楽しめるようカカオパウダーで風味豊かに仕上げています。

「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」のシェフ・ショコラティエが厳選したカカオパウダーは、ロースト温度が低く淡い色合いのナチュラルカカオパウダーと濃い色のカカオパウダー2種を使用した美しい色合いです。「俵屋吉富」の職人が試作を重ね、2層の断面でチョコレートを表現し、ほろっと崩れる食感に作り上げました。

カカオの風味とやさしい甘さの「カカオ落雁」はお茶のお供だけではなく、手土産やデザートとしても楽しめます♪ 2023年1月17日(火)から「ジェイアール京都伊勢丹」で開催されるサロン・デュ・ショコラにて先行販売の後、2月1日(水)より「俵屋吉富」烏丸店、オンラインショップと、「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」にて販売予定です。

※【画像・参考】「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」


○店舗情報
店名:「俵屋吉富 烏丸店」
住所:京都府京都市上京区烏丸通上立売上ル(MAP
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休(元日を除く)
公式サイト
Instagram


関連記事