カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
和歌山の日帰り温泉5選!昔ながらの銭湯や露天風呂を在住ライターが厳選

公開:2022.07.11

和歌山の日帰り温泉5選!昔ながらの銭湯や露天風呂を在住ライターが厳選

和歌山在住ライターおすすめの日帰り温泉5選をご紹介します。絶景を見ながら楽しめる露天風呂や、番台がある昔ながらの銭湯など和歌山には様々な温泉があります。観光の際にぴったりなので、ぜひ参考にしてください。

1.【和歌山市】幸福湯

和歌山市にある小さな銭湯「幸福湯」(和歌山県和歌山市北休賀町)。番台で入浴料を支払うスタイルで、知る人ぞ知る昔ながらの銭湯。懐かしい雰囲気は残しつつ、レトロ感溢れる愛らしいイラストやデザインが筆者の推しどころ!

4種類のお風呂とサウナを完備しており、なかでも毎週入浴剤が入れ替わる「ぬる湯」がおすすめ。パインアメやゆずなど香りで楽しむ変わりネタ風呂もあり、楽しい時間を過ごすことができますよ。ぜひ、和歌山市内を訪れた際は日帰り温泉に立ち寄ってみてください。

【入浴料】
大人(中学生以上)440円、中人(小学生)150円、小人(乳幼児)80円

【スポット情報】
■住所:和歌山県和歌山市北休賀町31 幸福マンション1F(MAP
https://kofukuyu.com
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

2.【白浜町】白浜温泉 崎の湯

目の前に海が広がる絶景のロケーションで、露天風呂を楽しむことができる「崎の湯」(和歌山県西牟婁郡白浜町)。湯壷は万葉の時代から残る歴史あるもので、日本三古湯のひとつとして観光客にも人気の温泉です。

「崎の湯」は露天風呂のみ、またお湯が海に流れてしまうため、シャンプーや石鹸等の利用ができません。そのため日帰り温泉がメインで、絶景を楽しむために訪れる方がほとんど。自然に囲まれながら、白浜観光の旅の終わりに癒されてみてはいかがでしょうか。

【入浴料】
500円(3歳以下無料)

【スポット情報】
■住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1668(MAP
http://www.town.shirahama.wakayama.jp/kanko/onsen/1454046714439.html
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

3.【田辺市】湯の峰温泉

※【画像・参考】「熊野本宮観光協会」

「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された熊野古道がある田辺市。国内だけでなく、海外からも観光客が訪れる街です。田辺市にはいくつか温泉がありますが、なかでも日本最古の湯といわれる「湯の峰温泉」(和歌山県田辺市本宮町湯峯)がおすすめ。

※【画像・参考】「熊野本宮観光協会」

世界遺産に登録された天然の岩風呂「つぼ湯」は、1組30分の交代制。2022年4月にリニューアルされた「公衆浴場」には、一般湯やくすり湯だけでなく貸切風呂(家族湯)もあるため、グループ観光にもおすすめです。約90度の源泉が湧き出る「湯筒」で茹でた温泉ゆで卵は絶品なので、日帰り温泉と合わせてご賞味あれ。

【入浴料】
【一般湯】大人400円、12歳未満200円
【くすり湯】大人600円、12歳未満300円 ※一般湯にも入浴できます
【つぼ湯】大人800円、12歳未満400円 ※一般湯にも入浴できます

【スポット情報】
■住所:和歌山県田辺市本宮町湯峯108(MAP
https://www.hongu.jp/onsen/yunomine/tuboyu/
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

4.【湯浅町】紀州忍びの湯 二ノ丸温泉

忍者の手裏剣マークが目印の「二ノ丸温泉」(和歌山県有田郡湯浅町山田)。2019年にリニューアルされ、思わず写真を撮りたくなるオシャレなイラストが話題を集めている温泉です。

檜の内湯や四季折々の絶景に癒される露天風呂、本格サウナで整った後の水風呂など楽しみ方はそれぞれ。“美人の湯”と呼ばれるアルカリ単純泉なので、お肌もツヤツヤに! さらに併設されているラーメン店「ストライク軒」はリピーターも多く、グルメと日帰り温泉どちらも楽しむことができますよ。

【入浴料】
大人1,200円、子供500円

【スポット情報】
■住所:和歌山県有田郡湯浅町山田1638-1(MAP
https://ninomaru-onsen.jp/spa/
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

5.【かつらぎ町】かつらぎ温泉 八風の湯

源泉かけ流し温泉が楽しめる「八風の湯」(和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野)。日帰り温泉はもちろん、和歌山グルメや宿泊も可能。交通の便もよく、県内在住者だけでなく県外からも訪れる人気の温泉施設です。

大浴場、シャワー、露天風呂には異なる源泉を使用しており、様々な泉質・効能が期待できます。温泉だけでなく、館内には美肌効果のある「モンゴル式サウナ健康炉」も完備。日帰りで女子力をあげるご褒美旅や、大切な人と行く和歌山デートにもおすすめです。

【入館料】
大人(中学生以上)平日1,300円、土日祝1,500円 ※20:00以降 700円
小人(4歳〜小学生)平日600円、土日祝700円 ※20:00以降300円

【スポット情報】
■住所:和歌山県伊都郡かつらぎ町佐野702(MAP
https://www.happuno-yu.com/katsuragi/
※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

まとめ

季節問わず癒しのスポットとして人気の温泉。今回ご紹介した温泉施設以外にも、県内の各エリアには温泉があります。気軽に日帰り温泉や無料の足湯ができる施設もあるので、ぜひ和歌山を訪れる際は立ち寄ってみてくださいね。


ライター

MAYU

和歌山在住のフリーランスライター。グルメ、旅、インタビュー、美容系などジャンル問わず執筆活動中。相棒のカメラを片手に、国内だけでなくアジアまで足を運ぶ大の旅好きです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事