カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【一人暮らし】基本の調味料とおすすめ15選!「使い切れない」を防ぐ方法も

2022.05.06

【一人暮らし】基本の調味料とおすすめ15選!「使い切れない」を防ぐ方法も

一人暮らしの自炊に欠かせない“調味料”ですが、「種類が多すぎて何を買えば良いか分からない」という人も多いでしょう。そこで一人暮らしで最低限買うべき調味料と、あると便利な調味料を紹介します。調味料が余るのを防ぐ方法も合わせて解説するので、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしで最低限買うべき調味料【5選】

一人暮らしをきっかけに自炊を始める人も多いのではないでしょうか。そして自炊に欠かせないのが“調味料”ですが、種類が多すぎて何を買えば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、ここでは一人暮らしで最低限買うべき調味料を5つ厳選して紹介していきます。自炊を始める方は、これから紹介する5つの調味料から揃えてみてくださいね。

(1)塩

調理塩

味付けの基本となる塩は、料理に欠かせない調味料です。

食材に下味を付けたり、仕上げに味を整えたりと料理のあらゆる工程で活躍します。なお、塩には賞味期限がなく常温保存も可能なので、大きい袋のものを購入することで長く使えますよ。

料理にこだわりたい人は、岩塩などの天然塩を選ぶのもおすすめです。

(2)醤油

醤油

定番レシピに欠かせない調味料が醤油です。

炒め物や煮物にはもちろん、生卵や納豆、豆腐などにそのままかければご飯のお供にも◎。とても便利な調味料なので、自炊をするなら必ず購入しておきましょう。

一人暮らしの場合は、使い勝手が良いミニボトルの醤油がおすすめですよ。

(3)コショウ

塩胡椒

スパイシーな香りが特徴のコショウも、自炊には欠かせない調味料です。

炒め物やスープなどの仕上げにコショウを加えると、料理の風味がアップしますよ。塩と一緒に使うことが多いので、写真のような「塩コショウ」タイプを選んでも良いでしょう。

(4)砂糖

瓶に入った砂糖

和食の定番メニューやお菓子作りに欠かせない調味料が砂糖です。煮物などの甘辛い味付けは、砂糖が使われていることが多いですよ。

甘みを出すのはもちろん、味にコクを出すためにも使われます。

なお、砂糖は湿気で固まってしまうため、密閉容器などに入れて湿度の低い場所で保存しておきましょう。

(5)サラダ油

サラダ油

「炒める・焼く・揚げる」といった調理に欠かせないのが、サラダ油です。

サラダ油は、オリーブオイルやごま油などの他の油と比べてクセが少ないので、さまざまな料理に使えますよ。

大容量で安価なものも多いですが、酸化しやすいので小さめのサイズのものを選ぶと良いでしょう。

一人暮らしにあると便利な調味料【10選】

ここからは、一人暮らしにあると便利な調味料を10個紹介していきます。これらの調味料がなくても自炊することは可能ですが、料理のレパートリーを増やしたい人にはおすすめですよ。

自炊に慣れてきたら、必要そうなものから少しずつ買い揃えてみてくださいね。

(1)料理酒

料理酒

料理酒は、料理にまろやかさやコクといった旨みをプラスしてくれる調味料です。

醤油やみりんとともに和食で使用することが多いので、自炊に慣れてきたらぜひ購入しておきましょう。

(2)みりん

みりん

煮物などの和食で使われることの多いみりんは、料理に甘みをプラスしてくれる調味料です。

みりんを加えることで食材に照りが出るので、見栄えの良い料理に仕上がりますよ。

和食のレシピにはみりんが使われていることが多いので、料理酒と同じく自炊に慣れてきたら購入しておきたい調味料です。

(3)酢

米酢

酢の物やドレッシングなどに使える酢も、ぜひ購入しておきたい調味料です。また、作り置きのレシピには日持ちする酢が入っていることが多いので、作り置きをする機会が多い人にも◎。

(4)めんつゆ

めんつゆ

一人暮らしに重宝する調味料が、めんつゆです。そばやそうめんのつゆとして使うのはもちろんですが、煮物などの和食の味付けにも活躍します。

めんつゆ1本だけでも味が決まるので、料理が苦手な人や時短調理をしたい人にもぴったりですよ。 

(5)味噌

赤だし味噌

味噌汁を作るのに欠かせない調味料といえば、味噌ですよね。自炊で味噌汁を作る機会が多い人は、ぜひ購入しておきましょう。

味噌汁の他にも、炒め物や和え物、煮物などにも使えますよ。

なお、味噌は冷凍しても固まらずそのまま使えるので、冷凍しておくことをおすすめします。

(6)ケチャップ

ケチャップ

オムライスなどの卵料理との相性が良いケチャップも、一人暮らしにあると嬉しい調味料です。

ミネストローネの味付けや、パスタやハンバーグのソース作りにも活躍するので、これらの料理を作る機会が多い人は準備しておくと良いでしょう。

ただし、開封済みのケチャップの賞味期限は約2カ月と短いので、小さめのサイズを購入することをおすすめします。

(7)マヨネーズ

マヨネーズ

ドレッシングの代わりにもなるマヨネーズは、ケチャップと合わせて揃えておきたい調味料です。

野菜やゆで卵にそのまま付けて食べたり、料理にプラスしたりと色々な使い方ができますよ。カロリーが気になる人は、カロリーハーフタイプのものを選びましょう。

(8)ごま油

ごま油

香ばしさが特徴のごま油は、中華料理に欠かせない調味料です。野菜炒めやチャーハンなどに使うことで、香ばしさがアップしますよ。

サラダのドレッシングとして塩と一緒に使ったり、もやしやほうれん草のナムルを作ったりするのにもおすすめです。

(9)鶏ガラスープの素

まるどりガラスープ

鶏がらスープの素は、その名の通り鶏の旨味を凝縮した調味料です。中華スープの味付けがこれ一つで簡単にできるので、野菜たっぷりのスープを作るのにもぴったりです。

もちろんチャーハンや炒め物などの味付けにも使えますよ。

(10)顆粒だし

だしの素

味噌汁を作るときには“だし”が欠かせませんが、一からだしを取るのは大変ですよね。

そこで便利なのが顆粒だしです。お湯に溶かすだけで簡単にだし汁を作れるので、忙しい一人暮らしの人にぴったりですよ。

一人暮らしで調味料が「使い切れない・余る」を防ぐ方法

一人暮らしだと、どうしても調味料が使い切れなかったり余ったりすることが多く、「もったいないけど捨ててしまった……」という人も少なくないでしょう。

そんな調味料の「使い切れない・余る」問題を防ぐ方法を3つ紹介します。

(1)最低限の調味料から揃える

一人暮らしで調味料を揃える場合、まずは最低限のものに絞って購入しましょう。

最初から色々購入してしまうと、どうしても使わない調味料が出てきてしまうからです。

そのため「これが足りないな」と感じた段階で、新たな調味料を購入しましょう。そうすることで、調味料を余らせてしまうことは少なくなるはずですよ。

(2)ミニサイズ・小分けの調味料を買う

大容量の調味料の方がお得に買えることが多いですが、一人暮らしの場合は使い切れないことも。

そのため、ミニサイズや小分けになった調味料を購入しましょう。ミニサイズや小分けの調味料であれば、いつでも新鮮な調味料が使えますし、冷蔵庫内で場所を取らないというメリットもありますよ。

(3)あまり使わない調味料は代用する

1回しか使わないような調味料は、手持ちの調味料で代用しましょう。参考までに、調味料の代用例を紹介します。

【ポン酢】醤油+酢(1:1の割合で)
【オイスターソース】醤油(大さじ1)+砂糖(小さじ1)+鶏ガラスープの素(一つまみ)
【みりん】酒(大さじ1)+砂糖(小さじ1)

「レシピに記載されているけれど持っていない」という調味料は、手持ちの調味料で代用できるかを調べると良いでしょう。

一人暮らしで最低限買うべき調味料を揃えて自炊を楽しもう

一人暮らしで最低限買うべき調味料や、あると便利な調味料などを紹介しました。
まずは必要最低限の調味料から揃えて、自炊に慣れてきたら新しい調味料を増やしていきましょう。そうすることで無駄な調味料を買わずに済むので、使い切れずに余ってしまうこともなくなりますよ。

今回紹介した内容を参考に、一人暮らしに必要な調味料を揃えて自炊を楽しみましょう。


ライター

maya_bb

おうち時間が大好きな、愛知県在住の主婦&フリーライターです。暮らしを快適にするグッズや生活に役立つ情報をお届けします。趣味は読書、ゲーム、動画鑑賞など。最近は家庭菜園やガーデニングにもハマっています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事