カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【西宮】テイクアウトできるサンドイッチ!人気専門店やパン屋さん5選

2022.04.08

【西宮】テイクアウトできるサンドイッチ!人気専門店やパン屋さん5選

西宮でテイクアウトできる人気サンドイッチを集めました。暖かくなってきて春らしさが感じられる季節になってきました。お花見や外でピクニックをしたくなった時には、美味しいご飯も欠かせないですよね。今回は、そんな時にぴったりなテイクアウトのサンドイッチ特集をお届けします!

1.【JR甲子園口駅】「Breadart(ブレッダート)」

ブレッダートの生ハムトマトマスカルポーネ

セミハードパンを中心に扱う「Breadart」(兵庫県西宮市甲子園口北町)では、塩バターパンがベースとなったサンドイッチがいただけます。

塩バターパンは、国産小麦粉の中でも希少な「キタノカオリ」と「春よ恋」という小麦粉と、全粒粉を主体に配合し、小麦の美味しさがしっかりと感じられる生地から作られています。そこに発酵バターと岩塩を乗せて、香ばしく焼き上げたのが「塩バターパン」。外はカリッとバターが香ばしく、中はもちっと噛み切りやすい、サンドイッチに適した食感です。

ブレッダートのナッツ蜂蜜クリームチーズ

「Breadart」のおすすめサンドイッチは、おしゃれさ満点。まず、「生ハムトマト・マスカルポーネ」は、自家製セミドライトマトのマリネと、「タカナシ」のマスカルポーネ、生ハムの組み合わせ。マリネの酸味とマスカルポーネの甘みが生ハムの旨味を引き立てます。

そして、「ナッツ蜂蜜クリームチーズ」は「北海道乳業」のクリームチーズをたっぷり塗った生地に、くるみ、アーモンド、カシューナッツ、マカダミアナッツを乗せ、仕上げに蜂蜜をかけたサンドイッチ。サンドイッチの具材の組み合わせのセンスが良く、女子会などでも盛り上がりそう。

日曜日のみの営業となるので、しっかりと情報を確認して行ってみてくださいね

「Breadart」
住所:兵庫県西宮市甲子園口北町1-22 ラックス2番館 B109
営業時間:日8:00~15:00
定休日:月〜土曜
https://breadart.jp/

2.【JR甲子園口駅】「麭屋さん(ぱんやさん)」

パンヤさんのサンド

@ikrayk_0808
icon

甲子園で天然酵母を使用したパンを提供している「麭屋さん」(兵庫県西宮市二見町)。ハード系のパンを中心に、惣菜パンや菓子パンなど、幅広いラインアップを取り揃えています。こちらでは、なんと自分の好きな具材を選んでカスタムメイドのサンドイッチを作れるのが特徴です。

ベースとなるパンは、厳選された素材と製法にこだわっており、国産小麦を100%使用、長時間発酵と多加水の製法を取り入れ、自家製酵母を加えて焼き上げます。

気になるサンドイッチは、パンと具材をそれぞれ選び、好きな組み合わせをオーダーしてから作ってもらえます。パンは、バゲット・フォカッチャ・パニーニなどソフトからハード系まで幅広く用意があります。そして、具材は生ハムとナチュラルチーズ、モッツァレラとトマト、パストラミとアボカドなど、どれもサンドイッチにぴったりな、迷ってしまいそうな組み合わせばかり!

「麭屋さん」
住所:兵庫県西宮市二見町13-19 アムール甲子園口1F
営業時間:7:00~17:00
定休日:月曜、第1・3火曜
https://www.instagram.com/panyasan_n/?hl=ja

3.【阪急門戸厄神駅】「gnome(ノーム)」

ノームベーカリーのサンド

門戸厄神の住宅街にお店を構える「gnome」(兵庫県西宮市門戸東町)。「gnome」というのは大地の妖精を意味し、小麦や野菜、卵など、大地の恵みを大切にしたいという思いを込めているそう。その名に込めた通り、農家さんとのつながりを大切にしながら、新鮮な野菜や卵を使用したパン作りをされています。カンパーニュなどのハードパンがメインですが、テレビで取り上げられたこともあるクリームパンなども人気です。

そんな「gnome」おすすめサンドイッチは「かぼちゃサンド」。“コンプレ”という、小麦を丸ごと挽いた全粒粉が主体のパンに、「丹波峰松農園」の葉野菜、ペッパーハム、バルサミコ酢やハチミツ、赤ワイン等で作ったバルサミコソースに一晩漬け込んだ蒸し焼きカボチャを挟んでいます。ほっくりした甘酸っぱいカボチャとペッパーハムの相性はピッタリです。

春には「丹波峰松農園」のじゃがいもを使った「ポテサラサンド」や、夏にはセロリの酢漬けを使った「ポークパストラミとセロリラペ」、秋には旬のリンゴを使った「リンゴとベーコン」等に具材が変更になるそうで、季節毎の変化も見逃せません。

お店の外観もとても素敵なので、ぜひ直接訪れて季節のサンドイッチをゲットしてくださいね。

「gnome」
住所:兵庫県西宮市門戸東町8-25
営業時間:平日9:00~15:00、土日祝9:00~14:00(スタッフ産休中のため営業時間短縮中)
定休日:月曜・火曜
https://www.instagram.com/gnome_bakery/

4.【阪急苦楽園口駅】「サンドウィッチ+ベーカリー Coco(ココ)」

ココのたまごサンド

苦楽園に本店を構えるサンドイッチ専門店、「サンドウィッチ+ベーカリー Coco」(兵庫県西宮市老松町)。こちらでは、ふわふわの食パンに具材が挟まれた、定番のビジュアルのサンドイッチが購入できます。

「Coco」のサンドイッチの特徴は、選び抜かれた食材を使用していること。まず、サンドイッチに合うよう研究されたオリジナルの食パンは、イーストフードや乳化剤などの食品添加物、マーガリンやショートニングなどの加工油脂も一切使用せず、上質な小麦粉とバター、少しの砂糖・塩とパン酵母だけのシンプルな材料で焼き上げられています。耳までおいしく味わってもらうため、あえてパンの耳を残しています。そして、健康な鶏から産まれた卵は、栄養価も高く、通常卵の平均値の35倍のビタミンEを含み、風味豊かで濃厚な味わい。また、味の決め手となるソースは全て自家製。

ココのBLTサンド

そんな「Coco」のおすすめは、「プレミアムたまごサンド」と「BLTサンド」。どこにでもあるサンドイッチかと思いきや、色ツヤが違うのはやはりこだわり抜かれた食材を使用しているから。身体にも優しく、お子様でも安心して食べられるのが嬉しいポイント。ご家族でお楽しみください!

「サンドウィッチ+ベーカリー Coco」
住所:兵庫県西宮市老松町2-2
営業時間:平日7:00〜18:00、土日祝 7:00〜18:00
定休日:火曜
https://www.sandwich-coco.com/

5.【阪神西宮駅】ふわこっぺ

ふわこっぺのおかずこっぺ

阪神西宮の「ふわこっぺ」(兵庫県西宮市田中町)は、駅前の水色の建物が目を引くお店です。その名の通り、コッペパンに具材を挟んだサンドイッチが購入できる、コッペパンサンドの専門店です。コッペパンは、毎日お店で焼いている自家製で、ふわふわの食感にこだわっています。

ふわこっぺのおやつこっぺ

メニューのラインアップが非常に豊富で、焼きそばやエビアボカドなどの「おかずこっぺ」、ピーナッツクリームやチョコバナナなどの「おやつこっぺ」、きなこやシナモンなどの「あげこっぺ」、それぞれのカテゴリから選べます。定番から、挑戦的な組み合わせまで対応しているので、選ぶ楽しみが広がります。そして並べて写真を撮りたくなってしまうほど、かわいい盛り付けが特徴です。

「ふわこっぺ」の人気商品は、「おかずこっぺ」では「ウインナー」、そして「おやつこっぺ」では「ベルギー産生チョコ」だそうです。ボリュームがありつつ、リーズナブルなお値段なので学生さんや若い方にもおすすめです。期間限定の商品もあるので、instagramもチェックしてみてくださいね!

「ふわこっぺ」
住所:兵庫県西宮市田中町2-4
営業時間:10:00〜20:00 ※パンがなくなり次第終了
定休日:水曜
https://www.instagram.com/fuwakoppe_hannishi/

サンドイッチをテイクアウトしておでかけしよう

シンプルなサンドイッチだからこそ、それぞれのお店のパンの原料・製法やこだわりに注目してみましたが、いかがでしたでしょうか? ぜひ気になったサンドイッチと共に、お花見やピクニックを楽しんでくださいね!

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。


ライター

piyo

カフェ巡り・お出かけが大好きな20代OL。生まれも育ちも西宮で、毎日のティータイムと雑誌を読むことが生き甲斐です。阪神間のグルメ・スイーツを中心に、おいしい情報をお届けします!

このライターの記事をもっと読む

関連記事