カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
「ブルーノ」トースターを使ってみた!メリットやデメリットを解説【編集部レポ】

2021.12.02

「ブルーノ」トースターを使ってみた!メリットやデメリットを解説【編集部レポ】

おしゃれ家電「BRUNO(ブルーノ)」トースターをプリティオンライン編集部Fが実際に使ってみました。家にオーブンレンジはあるけれどトースターは持っていないという方も多いようですね。今回は「ブルーノ」トースターの使用感や良かった点&デメリットをリアルにお伝えします。

オーブンレンジがあるのでトースターは必要ない?

実際、筆者もオーブンレンジにトースター機能があるので、置く場所のことも考えるとトースターの購入にはあえて目をつぶっていました。なので、ずっとレンジでパンをトーストしていましたが、これが正直めんどくさい! 

まず、専用トレーにパンを入れてスタートを押し、「チンッ!」と鳴れば裏返してまた「チンッ!」。朝の忙しい時間に裏返している時間はありません。そして時間をかけたわりに出来上がりも普通……。なので、いくら美味しい食パンを購入しても焼かずに生で食べるようにしていましたが、さすがにもう我慢の限界! 

ブルーノスチームアンドベイクトースターとパン

そして、ついに我が家に「ブルーノ」トースターがやってきました。

BRUNO(ブルーノ)「スチーム&ベイク トースター」の性能は?

ブルーノスチームアンドベイクトースター

「BRUNO(ブルーノ)」は、おしゃれな雑貨を扱う「Idea Seventh Sense」などの店舗を運営している会社のオリジナル商品ブランド。だからオシャレなデザインなんですね、納得です。

amazon.co.jp
ブルーノ スチーム&ベイク トースター
BURUNO(ブルーノ)公式
15,400円(税込)

rakuten.co.jp
ブルーノ スチーム&ベイク トースター
BURUNO(ブルーノ)公式
15,400円(税込)

性能的にはトースターとオーブンの「いいとこどり」といった感じでしょうか。

ブルーノスチームアンドベイクトースターのモード

このトースターには「スチームモード」「コンベクションモード」「ノーマルモード」の3つのモードがあります。また温度調節も90度~250度まで設定があるので、さまざまな料理ができるんです。

(1)パンがおいしくなる「スチームモード」

ブルーノスチームアンドベイクトースターの給水口

「スチームモード」を使うときは、ココ(給水口)に水を入れるだけでOK!

ブルーノスチームアンドベイクトースターで焼いたパン

たった5mlの水を給水口に入れてパンを焼くだけで、外はカリッと、中はもっちりの驚き食感に。3分でこの状態です! 特に有名店の食パンでもなく、普通のスーパーで売っているパンです。

こんなに美味しくなるとは正直驚きました!

またパンを冷凍されている方も多いと思いますが(パンを冷凍するときは一枚ずつラップをしてからファスナー付きの食品保存袋にいれるといいですよ)、冷凍しているパンを焼くときは通常より1分多めにタイマーを設定すれば良い感じになります。本当に優れもの!

(2)毎日の料理に使える「コンベクションモード」

ブルーノスチームアンドベイクトースターで焼いたアップルパイ

熱で食材のうまみを包み、ふっくらジューシーに焼くという「コンベクションモード」。焼きむらが少なく、スイーツ作りも予熱が不要だそうです。スイーツ作りからノンフライ調理まで幅広い料理に対応できるという優れもの!

予熱が不要というところが良いですよね。またレンジで予熱が必要なものを作ると、時間はかかるし、他でレンジを使用しようと思った時にレンジ庫内が冷めないと次のアクションをおこせないので本当に不便。その結果、温めや解凍しか使用しなくなった方もいるのではないでしょうか。

今回は「コンベクションモード」を使って、実際にアップルパイを焼いてみました。

ブルーノスチームアンドベイクトースターでパイを焼いている写真

本当に予熱がいらないのか焼いてみましたが、本当にいらなかったです。
途中で「こげすぎかも」と気づいて、扉を開けてアルミシートをかぶせましたが、オーブンでは途中に扉を開ける行為は怖くてできません。

トースターで焼いたアップルパイ完成品

アップルパイが完成しました! 「コンベクションモード」が便利すぎて、オーブンを使わなくなりそうです。

(3)こんがり焼き目がつく「ノーマルモード」

しっかり焼き目をつけたい料理にぴったりの「ノーマルモード」。グラタンや切り餅などを焼くときに使うといいそうです。お正月にも大活躍しそうですね!


ライター

PrettyOnline 編集部レポ

PrettyOnline編集部が、新商品を試食した感想や注目アイテムを試した感想をレポート!

このライターの記事をもっと読む

関連記事