カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
猫に歯磨きは必要?デンタルケアのやり方や必要なアイテム6選

2021.09.09

猫に歯磨きは必要?デンタルケアのやり方や必要なアイテム6選

猫の歯磨きのやり方や必要なものを知っていますか?猫は自分で歯を磨くことができません。虫歯にはなりにくいものの、歯石などがたまって歯周病になる猫は多いといわれています。歯周病になると口腔内だけでなく全身に悪影響を及ぼします。今回は歯磨きの仕方や必要なものを紹介します。

人間と同じく猫も歯肉炎や歯周病になります。正しいケアで猫の口内環境を守ってあげましょう。

猫の歯の構造

猫の歯

猫の歯の本数は乳歯26本、永久歯は30本です。抜けた乳歯はほとんどが飲み込まれてしまうため、歯が生え変わったことに気づかない飼い主もいるのではないでしょうか。
生後1か月くらいで乳歯が生えそろい、3〜6か月くらいで永久歯に生え変わります。
人間の前歯にあたる門歯(切歯)は上下6本ずつ、鋭い牙の犬歯は上下に2本ずつ、肉を切り裂く臼歯は上下あわせて14本です。

猫の歯のお手入れ方法

猫の歯磨き

3歳以上の犬猫の8割が歯周病だといわれています。歯周病になると口臭だけではなく、痛みで食事ができなくなったり、ひどくなると顎の骨が溶けたりしてしまうことも。
大人になってから歯磨きをするのは大変なので、子猫のうちから鳴らすのがオススメです。
歯磨きを嫌がる場合、無理は禁物です。少しずつ時間をかけながらゆっくりと慣らしていきましょう。

【1】口を触られることに慣れさせる

まずは口の中に指を入れても嫌がらなくなる練習をしましょう。頭や顔を撫でたりしながら猫とコミュニケーションをとり、ゆっくりと口の周辺も触っていきます。口元を触られるのに慣れ始めたら唇をめくって指を入れ、歯の外側にも触れていきましょう。

【2】歯磨きシートやガーゼを使う

歯磨きシートや水で湿らせたガーゼで歯の表面を優しくこすりましょう。歯垢が溜まりやすい上の奥歯や犬歯の歯茎周りを中心にしてください。

【3】歯ブラシを使う

水に濡らした歯ブラシに歯磨きペーストなどをつけて、歯に対して45度の角度であて、小刻みに動かします。
奥歯は歯石が付きやすいので重点的に磨いてください。最初は数秒でもOK。慣れてきたら少しずつ時間や回数を増やしましょう。猫が嫌がったらすぐにやめてくださいね。

歯磨きをする猫

@hiiiiiichan_photo
icon

どのくらいの頻度で磨く?

歯ブラシに興味がある猫

毎日歯磨きをするのがオススメですが、それが難しければ2~3日に1回磨いてあげましょう。

歯磨きを嫌がる場合は?

どうしても歯磨きを嫌がる場合は、かかりつけの獣医師に相談してデンタルケアの方法を探しましょう。
歯垢を落とすことを目的に作られたガムやおもちゃを使うのも手です。


ライター

岩本 光世

黒猫、キジトラ白、サビの猫3匹と暮らすフリーライター。愛猫との生活をもっと楽しくするような記事や季節のおでかけ情報をお届けします。

このライターの記事をもっと読む

関連記事