カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
ブラシなしでトイレ掃除!手間なくトイレ空間を衛生的に保つアイデア

2021.06.21

ブラシなしでトイレ掃除!手間なくトイレ空間を衛生的に保つアイデア

トイレ掃除に使うブラシを毎日洗っている方は少ないのではないでしょうか。ブラシの先端部分にはトイレ掃除でついた雑菌が付着しています。また、トイレブラシは意外とスペースを取ってしまうのも気になる点。そこで今回はブラシなしのトイレ掃除方法やメリットについて紹介します。

トイレ掃除に使うブラシ。
トイレの隅っこに鎮座していて邪魔だと思ったことはありませんか?

また、ブラシ先端部分の衛生面が気になる人も多いのではないでしょうか。

今、トイレ掃除にトイレブラシを使わない人が増えています。筆者もその一人。
トイレブラシなしにすることで、多くのメリットを得ています。

そこでここでは「トイレ掃除をもっとラクにしたい」、「トイレをキレイにしたい」と悩む方に、ブラシなしのトイレ掃除方法や、ブラシなしで実感できるメリットについて、ご紹介します。

トイレブラシがあるデメリット

トイレをブラシで洗う様子

トイレの隅に置いてあるトイレブラシを邪魔だと思う方も、多いのではないでしょうか。

トイレブラシはトイレ掃除に欠かせないものと思ってしまいがち。しかし実際は、トイレを不衛生にしてしまうデメリットも生んでいます。

(1)不衛生

トイレブラシは便器内をゴシゴシと擦るもの。掃除のあと、トイレブラシ自体を洗剤できれいに洗う人は少ないでしょう。

トイレ掃除をしたあとのトイレブラシには、便器内の雑菌が多く付着しています。

いくらブラシ収納容器にはカバーがついていても、雑菌だらけのブラシと同じ空間にいるのは、あまり気分の良いものではないですよね。

(2)汚れたブラシで便器掃除

便器掃除後、そのままにされた汚れたトイレブラシを使って、再び便器の掃除をしていませんか?

汚れたブラシで行うトイレ掃除は、便器とトイレブラシお互いの雑菌を擦りつけ合っている状態です。

(3)掃除の邪魔になる

トイレの床掃除をする際、トイレブラシは邪魔になります。

「移動させれば良いだけ」と思うかも知れませんが、トイレはとても狭い空間です。
かがんで手を伸ばしてトイレブラシをわざわざ移動して、という動作は一苦労でしょう。

かといって、移動せずに掃除を続ければ、ブラシのまわりにだけホコリが増えてしまいます。

ブラシなしトイレ掃除のメリット

清潔感のあるトイレ

ブラシなしのトイレ掃除は、上記のブラシありのデメリットを払拭します。トイレ空間が衛生的になり、汚れをお互いになすりつけるような掃除も不要。床掃除の手間も減ります。

また、ブラシがなくなったぶんトイレが広く使えるようになり、見た目もすっきりするでしょう。

ブラシがなくなることで、トイレを清潔に保てると同時にトイレ空間が快適になります。

ブラシなしトイレ掃除のやり方

トイレブラシを使用しない=トイレ掃除をしない、ということではありません。

トイレブラシを無くしたのなら、トイレブラシを使わずトイレをきれいに保つ掃除方法を取り入れましょう。
ブラシなしのトイレ掃除方法の中から、ポピュラーな3つのやり方をご紹介します。


遠藤 舞衣

ライター

遠藤 舞衣

メイク・美容・インテリアの楽しさを文字と写真で伝えるライター。元インテリア業界勤務&美容部員経験から家と自身を飾る方法を発信します。企業公式コラムをはじめ多数メディアで執筆中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事