カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
MAIL MAGAZINE
新着記事を受信。限定プレゼントも♪
【DIY連載】セリアとNATURAL KITCHENで作るアイアン風テーブルラック

2021.03.26

【DIY連載】セリアとNATURAL KITCHENで作るアイアン風テーブルラック

セリアとナチュラルキッチン アンドの100均アイテムを使って、ハイクオリティーなテーブルラックを作ってみましょう。リメイクポイントとなるのは「組み合わせ」。異素材のアイテムをうまく組み合わせることで、見た目も本格的なテーブルラックを簡単に作ることができます。

木目が美しいアカシア材の天板に、シャープなスチール製の脚が付いたおしゃれなテーブルラック。

細くて華奢なスタイルながらもしっかりと自立する強度を保てるのは、スチール素材の脚ならではのメリットです。

life_tablerack_02

今回は見た目も美しいコンパクトなテーブルラックを、異素材アイテムを組み合わせて作ってみようと思います。

材料はナチュラルキッチンアンドとセリアのアイテムで

life_tablerack_03

材料として使ったのがこちらのアイテム。

ナチュラルキッチン アンドの「アカシアホルダー付きトレイ」と、セリアの「アイアンブラケット」です。

ウッドとスチールという異素材のアイテムをうまく組み合わせるのが、リメイクのポイントです。

あっという間に完成!テーブルトレイの作り方

life_tablerack_04

トレイの裏面にアイアンブラケットを取り付けます。

L字のブラケット片側(短辺側)をトレイにネジ止めし、しっかりと固定するイメージです。

4本のブラケットが互いに等間隔になるよう位置を決め、両面テープで仮止めしておくとうまくいきます。

life_tablerack_05

天地をひっくり返せばご覧の通り。あっという間にテーブル型のラックができあがりました!

ここで問題となるのが、4本の脚に開いた「ネジ穴」。

このままでは見た目が悪く、インテリアユースとしてのクオリティを担保することができません。

life_tablerack_06

そこで利用するのがこちらのマスキングテープです。

実はマスキングテープの規格幅とアイアンブラケットの幅はぴったり同じ「15mm」なんです。

同幅であることを活かして、ブラケットにマスキングテープを貼り付けます。

どちらも同じ15mm幅なので、違和感なくきれいに貼り合わせることができます。

左の脚がマスキングテープを貼る前、右がマスキングテープ貼り付け後です。

難しいスチール素材のネジ穴隠しですが、マスキングテープを貼るだけで簡単に隠すことができました。

これで、おしゃれなテーブルラックの完成です。

ホルダー付きの天板と、無駄のないシャープでスタイリッシュなデザインがポイントです。

テーブルラックのインテリアアレンジ

反りもなく、ほどよい厚さの天然木がプロダクトっぽさを演出。

華奢なアイアンブラケットと組み合わせることで、おしゃれでスタイリッシュなテーブルラックになりました。

スリムなスチール脚のおかげで、棚下も有効活用することができます。

上下2段にレイアウトしても、重圧感や圧迫感のないレイアウトが可能です。

天然木のほっこりとした素材感が、インダストリアルな印象を和らげてくれます。

リメイクポイントは「組み合わせ」

スチール製の脚を使うことで、スリムながらもしっかりと自立することができるテーブルラックを作ることができました。

強度のあるスチールと木材を組み合わせることで、ここまでシンプルな形状にリメイクできます。

みなさんもアイデアを活かした「異素材の組み合わせリメイク」をぜひ楽しんでみて下さい!


柳 美菜子

ライター

柳 美菜子

家具から雑貨まですべてを手作りし、お金をかけないナチュラル賃貸マンションライフを楽しんでいます。ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書も出版、また様々なメディアでも執筆しています。

このライターの記事をもっと読む

関連記事