カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
同じ時代を生きた2人の天才絵師の画業を辿る! 「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」

2015.06.02

同じ時代を生きた2人の天才絵師の画業を辿る! 「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」

国宝1件・重要文化財7件・重要美術品1件を含む 約200件もの作品が滋賀県甲賀市『MIHO MUSEUM』に集結

伊藤若冲筆 「白象群獣図」 個人蔵  展示期間:7月22日(水)~8月9日(日)
伊藤若冲筆 「白象群獣図」 個人蔵
展示期間:7月22日(水)~8月9日(日)
与謝蕪村 蜀桟道図
与謝蕪村筆 「蜀桟道図」 LING SHENG PTE. LTD (Singapore) 展示期間:7月4日(土)~8月2日(日)

華麗で細密な花鳥画、斬新な「升目描き」による群獣図、童心を忘れぬ大らかな水墨画などを描いた伊藤若冲(いとうじゃくちゅう/1716-1800)。

南宗画の系譜を引く雄大な山水画や、自ら詠んだ俳句を賛した軽妙洒脱な俳画などを描いた与謝蕪村(よさぶそん/1716-1783)。

2人の天才絵師はともに、今から300年前の正徳六年(享保元年・1716)に生まれ、40歳を過ぎてから本格的に絵画を描くようになったのだとか。

42歳ごろ蕪村が京へ移住してからは、2人は徒歩10分足らずの距離に住んでいたにも関わらず、不思議なことに2人の交流を裏付ける資料は一切見つかっていないそう。

そんな伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300念を記念して開催される本展覧会では、伊藤若冲筆「象と鯨図屏風(ぞうとくじらずびょうぶ)」や、92年ぶりにその存在が確認され、展覧会に初めて出品される与謝蕪村の晩年の大作「蜀桟道図(しょくさんどうず)」など2人の代表作に加え、約60件の新出作品を紹介。
2人がともに影響を受けた中国・朝鮮絵画や同時代の関連作品も展示され、その総数は約200件に及ぶ(会期中展示替えあり)。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2015年夏季特別展「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」
【期間】7/4(土)~8/30(日)
※月曜休館(7/20〈月・祝〉は開館、7/21〈火〉は休館)
【開館時間】10時~17時(入館は16時迄)
【会場】MIHO MUSEUM(滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300)
【入館料】一般1100円、高・大生800円、小・中生300円
【主催】MIHO MUSEUM読売新聞
【後援】滋賀県滋賀県教育委員会NHK大津放送局BBCびわ湖放送エフエム京都
【問】TEL.0748-82-3411
【公式HP】http://www.miho.jp/
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
◆『MIHO MUSEUM』2015年夏季特別展
「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」ペア招待券を10組20名に!◆
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
プレゼントはこちらから応募してね♪
─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
※応募締切:7/3(金)16時。
応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました!


関連記事