カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
インテリアを“秋色”に模様替え♪取り入れ方のコツ&実例6選

2020.09.14

インテリアを“秋色”に模様替え♪取り入れ方のコツ&実例6選

そろそろインテリアを秋用に模様替えしませんか?秋のインテリアは落ち着いた色合いや暖かな素材感であることが重要です。部屋のどこにどのように秋素材を取り入れれば良いのか、秋インテリアのポイントや具体的なやり方についてご紹介いたします。

うだるような暑さも終わり、冷たい風が吹きはじめる秋。
夏に使っていたインテリアもそろそろ片付けて、部屋を秋仕様に模様替えしませんか?

「秋インテリアといっても、小物を変えるぐらい?」と思うかもしれませんが、部屋における秋の雰囲気は、日常使いのアイテムにこそ現れます。

身近な雑貨、毎日触れる家具から順に秋らしさを取り入れて、これから訪れる冬にもすぐに対応できるようにしましょう。

秋インテリアのポイントや、模様替えをすべき箇所についてご紹介いたします。

部屋に秋を呼び込むポイント

部屋を秋らしく見せるのに、難しいコツはありません。
身近なアイテムをほんの少し秋っぽくするだけで、落ち着いた秋らしさを取り入れることができます。

基本はアースカラーや暖色系と、ナチュラルな印象

秋らしいインテリアといえば、アースカラーや暖色系が定番です。

アースカラーとは、
・カーキ
・ベージュ
・ブラウン
・グレー
といった、暗めで落ち着いた印象の色合いを指します。

しかし、アースカラーを多めに取り入れると秋らしさが出ますが、同時に空間にちょっと冷たい印象を与えてしまうことも。
オレンジや赤など、暖色系をほどよくプラスすることでアースカラーの雰囲気を引き立てつつ、ほっこり落ち着いた空間になりますよ。

やわらかな素材感をプラス

やわらかな素材とは、たとえばファー素材のソファーカバーや、毛足の長いカーペット、またはウールのひざ掛けなどです。
誰が見ても「暖かそうだな」と想像できるような、ふわふわと心地の良い素材でできたインテリアは夏や春にはやや不似合いでしたが、秋・冬にはぴったりの素材だといえます。

飾り棚・ウォールインテリアを秋色に

実用性のないインテリアや小物類も当然ながら、秋色に変えてしまいましょう。

これまでガラス容器や貝殻など、涼しげな素材でできた小物が多かったなら、
・ガラス瓶には枯れ木やドライフラワーを挿す
・貝殻など夏らしさを感じる自然素材インテリアを、木ノ実や松ぼっくりなどに変える
などが挙げられます。

夏用のインテリアをそっくりそのまま片付けるのではなく、秋色にシフトチェンジをすればコスパよく秋を取り入れることができますよ。

何をどう取り入れる?部屋に秋色を呼び込む具体例

部屋に秋色を呼び込むためにできることは、どんなことがあるでしょうか。
具体的な内容をご紹介いたします。

床に温かさをプラス

秋のインテリア ファーラグ

@____miz_4
icon

秋のひんやりとした冷たさは、足元から感じるもの。まずは一日の中で触れることも多い「床」に温もりをプラスしましょう。

ラグマットを敷いたりスリッパを冬用にものに変えたり、足元を暖かくすることで秋の魅力でもあるひんやりとした冷たさを、しっかりと受け止めることができます。

ファブリックインテリア類をプラス

秋インテリア ファーラグ

@mimi.s.room
icon

ファブリックインテリアは、秋らしさを取り入れるのにもっとも簡単な部分です。

・カーペット
・ソファー
・クッション
・ラグ
・椅子の座面
・カーテン

など、手軽に模様替えできそうなものから秋らしいデザインにシフトチェンジしてみましょう。
ソファーや椅子の座面などは、上からカバーを新しく掛ければ手軽に模様替えも実現します。

照明を暖色系に

オレンジ色のライトは、白色ライトよりも部屋を少しだけ薄暗く見せますが、そのぶん温もりやほっとするイメージを追加してくれます。

「蛍光灯を変えるのは大掛かりだし抵抗がある……」という場合は、部屋にオレンジのライトを追加したりアロマキャンドルを足したりすると、淡い灯りがほっこりとした雰囲気を呼びます。

窓周りを模様替え

秋のインテリア 窓枠

@vert.365mailifedesign
icon

夏の間、すだれや網戸で過ごしていた窓。
秋の間は窓を閉める機会も増えるため、窓ガラスまわりの装飾も思い切ったもので楽しんでみましょう。

たとえば、窓に秋らしいウィンドウフィルムを貼ってみたり、窓枠を作ってみたり。
レールの上に棚を作って、秋素材を飾っても良いですね。

窓は部屋にいる人の視界に、いやでも入ってくる存在です。窓周りの秋らしさを強調することで、部屋全体に暖かな印象が生まれますよ。

秋らしいドライフラワーを

秋インテリアにパンパス

@akiiii.home
icon

ドライフラワーを飾れば、グッと秋らしい印象に。
特に秋にオススメなのは、見た目がすすきに似た「パンパスグラス」

北欧テイストやナチュラルテイストが好きなの人たちの間でとても人気のある種類です。

スワッグにしても、ブーケにしても、また、フラワーベースに挿すだけでもおしゃれになるのでぜひ取り入れてみてくださいね。

秋インテリアに模様替えをして暖かな印象をプラス

秋インテリアは色合いも優しく落ち着いた雰囲気で、既存のインテリアのテーマも問わないものが多くあります。
まずはできるところから秋色を取り入れて、少しずつ寒さに耐えられる暖かな空間づくりを目指しましょう。


遠藤舞衣

ライター

遠藤 舞衣

メイク・美容・インテリアの楽しさを文字と写真で伝えるライター。元インテリア業界勤務&美容部員経験から家と自身を飾る方法を発信します。企業公式コラムをはじめ多数メディアで執筆中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事