カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【2020夏】トレンド感のあるブラウン系コーデを大人っぽく楽しむ2つのコツ

2020.08.04

【2020夏】トレンド感のあるブラウン系コーデを大人っぽく楽しむ2つのコツ

シックな「ベージュ・ブラウン・茶系カーキ」は、暑い夏でも人気のカラー。トレンドの茶系カラーを、今年の夏は上品に着こなしませんか♪そこでエレガントな茶系コーデを、簡単に作る2つのコツと、大人の夏コーデを色別にご紹介します。

オシャレな人は始めている「茶系コーデ」。茶色っぽい色のアイテムを、ふんだんに取り入れた装いが近年のトレンドです。
今年の夏は茶系コーデをエレガントに着こなしませんか?そこであか抜けした茶系コーデを作る2つのコツと、ベージュ・ブラウン・茶系カーキのアイテムを取り入れたコーデをご紹介します。

茶系コーデあか抜けのコツは、「同系色で合わせる」or「差し色をプラス」

【コツ1】茶色っぽいアイテムを2点以上使う

茶色っぽいアイテムを2点以上使う
出典:『bo-te』

同系色のアイテムを組み合わせる「グラデーションコーデ」がトレンドの近年。服から靴まで、2つ以上の茶系カラーのアイテムを使ってコーデにトライ!
あか抜けする茶色コーデに一歩前進です♪

【コツ2】モノトーンか、きれい色の差し色をプラス

モノトーンの差し色をプラス
出典:『bo-te』

くすんだ印象になりやすい茶系カラー。
一カ所だけ別のカラーで抜け感を作ると、全身がスタイリッシュなムードに早変わり。
オススメはモノトーンきれい色です。黒は全身を引き締め、白は夏らしい軽やかさを作ります。

きれい色の差し色をプラス
出典:『bo-te』

ピンクやブルー、グリーンなど様々な色に馴染む茶系カラー。きれい色を一点投入すると、全身が品良くセンスアップ♪

ベージュ・ブラウン・カーキを使用したコーデ

実際にそれぞれのカラーを合わせた夏コーデをご紹介します!
トレンド感のでるポイントや、上手な取り入れ方も解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

《ベージュ》優しげな色を辛口に仕上げよう

デミルクスビームスのシルクノースリーブプルオーバー
出典:『bo-te』

ハンサムなジャケットを重ねたワンピーススタイル

ハンサムなジャケットを重ねたワンピーススタイル
出典:『bo-te』

淡いベージュのワンピースに、同系色のジャケットを羽織った着こなし。可愛いワンピースも、甘さ控えめに着こなすのが旬の気分。

落ち着いたパンツルックに添える鮮やかなカラー

肩掛けコーデも顔周りがすっきりまとまるノーカラー
出典:『bo-te』

ベージュのパンツを使ったオフィスカジュアルコーデ。落ち着いたカラーでまとめた全身に、鮮やかなカラーのバッグが華を添えています。

《ブラウン》自分らしいテイストで着こなそう

ザヴァージニアのフレンチスリーブVネックゆるブラウス
出典:『bo-te』

茶系カラーを重ねたパンツルックを黒で締める

茶系カラーを重ねたパンツルックを黒で締める
出典:『bo-te』

キャメルカラーのジャケットを主役に、淡いカラーでふんわりまとめたパンツルック。黒いバッグと腕時計でキリリと全身を引き締めて。

溶け込むきれい色スカートでワンランク上のこなれ感

淡い色をクールに重ねるのが旬の気分
出典:『bo-te』

キャメルブラウンのトップスに馴染むライトオレンジカラーのスカート。
他の色から浮きやすいきれい色を、さらりと溶け込ませたハイセンスな色合わせです。

《茶系カーキ》コンサバ過ぎない色の魅力を生かす

マディソンブルーのシャツ(カーキ)
出典:『bo-te』

かっちりしやすいセットアップアイテムをカジュアルダウン

ソフトカーキのセットアップで秋ニュアンス
出典:『bo-te』

ニットスカートと同じ生地のトップスを肩掛けし、セットアップをカジュアルに着こなしたコーデ。スカートの茶系カーキは、ラフなムードも兼ね備えた上品カラーです。

寒色系カラーの美しさを引き出す茶系コーデ

寒色系カラーの美しさを引き出す茶系コーデ
出典:『bo-te』

茶系カーキのシャツを、さらりと羽織ったデニムパンツルック。
トップスのパープルとデニムパンツの美しい色落ちを、茶系カラーのアイテム達が引き立てています。

夏の《茶系コーデ》を楽しもう♪

トレンド感を出す色合わせに悩む人の多い茶系コーデ
同じ茶色でもたくさんの種類があり、細かく色の相性を考えるとますますオシャレが難しくなってしまいます。

まずは2020年おさえておきたい、トレンド感を上げるコーデのコツは「同系色で合わせる」or「差し色をプラス」の2つだけ♪
その中から、テンションが上がる組み合わせ探しを楽しんで!

今回ご紹介したエレガントな茶系コーデも、大人のオシャレ心を満たす参考になります。今年の夏、自分らしい茶系コーデを見つけましょう♪


編集部bo-te(ボーテ)

ライター

bo-te

『bo-te(ボーテ)』は働く女性のために「日常に取り入れやすく、参考にしやすい」ファッションコーディネートをお届けしているメディアです。

このライターの記事をもっと読む

関連記事