カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【梅田】『阪急うめだ本店』にテンションもあがるビタミンカラーのイエロースイーツが勢ぞろい!

2020.07.13

【梅田】『阪急うめだ本店』にテンションもあがるビタミンカラーのイエロースイーツが勢ぞろい!

マスクも手放せず、例年以上に不快指数高めな今年の梅雨。見た目鮮やか、食べて幸せなイエロースイーツたちは、ジメジメ気分を吹っ飛ばしてくれますよ!

『阪急うめだ本店』B1Fの「スイーツストリート」にて、季節ごとにテーマを設け、各ブランドが限定品を提案する人気企画「阪急スイーツウイークス」。
2020年、1月は「いちごフェスティバル」、3月は「春のピンキースイーツフェスタ」。
そして7月、“スイーツファン待望の2週間”がいよいよやってきます!

今回のテーマは「イエロー」!

今回は、「夏のイエロースイーツフェスタ」と題し、一足お先に夏気分が味わえる「イエロー」をテーマにスイーツの楽しみ方を提案。
マンゴー・パパイヤ・パイナップルなどトロピカルフルーツを贅沢に使用した、目にも麗しいスイーツの数々が揃います。

本記事では、各ブランドのラインアップを一部ご紹介します!

『フリュテリー果坊』「グランデパフェ」(1,944円)

阪急うめだ本店イエロースイーツフェスタ

マンゴー、パッションフルーツ、パイン、パパイヤ、赤肉メロンを使用。
マンゴーローズをあしらってリボンをかけた、ブーケのような贅沢パフェ!

『クラブハリエ』「パイバーガー フルーツトロピカル」(648円)

阪急うめだ本店イエロースイーツフェスタ

人気のパイバーガーに、夏のフルーツバージョンが登場!
パインやマンゴー、パッションフルーツなどがゴロゴロ乗っています。

『五感』「宮崎県産マンゴーとパッションフルーツのサントノーレ」(594円)

阪急うめだ本店イエロースイーツフェスタ

さっくり食感のシューに、パッションフルーツのクリームがたっぷり。
宮崎県産マンゴーとも好相性!

『シーキューブ』「トロピカルマンゴーカップ」(594円)

阪急うめだ本店イエロースイーツフェスタ

滑らかなトロピカルフルーツムースの上に、クリスタルゼリーとアップルマンゴーをたっぷりと。
ちょこんと乗った可愛いヤシの木が、南国気分にさせてくれますね。

『HIBIKA』「夏探し~アップルマンゴーのパフェ~」(950円)

阪急うめだ本店イエロースイーツフェスタ

マンゴー、パッションフルーツ、ライチ、バナナ等々、トロピカルフルーツの美味しさをたっぷり詰め込んだ、贅沢な夏パフェ!

『アンリ・シャルパンティエ』「トロピカル・リッチ」(648円)

阪急うめだ本店イエロースイーツフェスタ

マンゴージュレをマンゴームースで包み、さらにマンゴーゼリーでコーティングした3層仕立てのリッチなマンゴーケーキ。

『ア・ラ・カンパーニュ』「アンブル」(972円)

阪急うめだ本店イエロースイーツフェスタ

マンゴーとパイナップルを贅沢にデコレーションしたトロピカルなタルト。

『カサネオ』「たっぷりオレンジのミルクレープ」(702円)

阪急うめだ本店イエロースイーツフェスタ

熟練の職人技で薄く焼き上げたミルクレープ生地にオレンジスプレッドをたっぷりサンド。


「夏のイエロースイーツフェスタ」は2020年7月15日(水)~28(火)の2週間、『阪急うめだ本店』B1Fの洋菓子売場にて開催。
暑さとジメジメでバテ気味な体にも、疲れ気味な心にもパワーをたっぷり与えてくれるイエロースイーツ、要チェックです!

※【画像・参考】『阪急うめだ本店』

『阪急うめだ本店』

(ハンキュウウメダホンテン)
住所
大阪府大阪市北区角田町8-7
アクセス
阪急「大阪梅田駅」徒歩約3分
阪神「大阪梅田駅」徒歩約3分
JR「大阪駅」徒歩約4分
OsakaMetro御堂筋線「梅田駅」徒歩約2分
OsakaMetro谷町線「東梅田駅」徒歩約2分
OsakaMetro四つ橋線「西梅田駅」徒歩約6分
JR東西線「北新地駅」徒歩約8分
営業時間
■7月14日(火)まで
全館 11:00~20:00
12・13Fレストラン 11:00~22:00(一部店舗は~21:00)

■7月15日(水)から当面の間
全館 10:00~20:00
12・13Fレストラン 11:00~22:00(一部店舗は~21:00)

※営業時間の最新情報は公式HPでご確認ください
定休日
不定休
電話番号
SNS

関連記事