カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
好きなのに不安……恋愛依存を克服する2つの方法!

2020.07.25

好きなのに不安……恋愛依存を克服する2つの方法!

今回は恋愛依存を克服する方法を2つご紹介します。彼に依存しているときは「嫌われたらどうしよう」と常に不安を抱えてしまうので、あなたはつらい気持ちになるばかり。恋愛依存を克服して、楽しい時間を過ごしましょう!順調なお付き合いをする参考にしてみてくださいね。

恋愛依存
恋愛に依存していると、常に彼のことを考えてしまいますよね。

彼に依存していると、LINEの返信が遅いだけで「嫌われたのかな……」と心配になってしまいます。

彼に「何で返信が遅かったの?」と確認したら、「仕事をしていて、スマホを触れなかっただけ」とのこと。それを知ったあなたはホッとする……。不安になったり、安心したり。気持ちの上下を激しく繰り返しているので、疲れてしまいますよね。

今回は不安な気持ちから抜け出すために、恋愛依存に陥る原因と、克服する方法を2つご紹介します。

「恋愛に対する、不安な気持ちを和らげたい」と思う人は、ぜひ読んでみてくださいね。

恋愛に依存してしまう原因

恋愛依存

恋愛に依存してしまうのは、自信がないからと言えるでしょう。

自分で自分のことを愛せないから、その代わり彼に自分のことを愛してほしいと願っているのです。しかし残念ながら、愛は目に見えるものではありません。だからこそ、形に表れるもので、彼にいろいろなことを要求してしまいます。

●LINEのやりとりをたくさんしてほしい!
●電話を毎日かけてほしい!
●週に1回は会いたい!
●付き合ってすぐにでも一緒に暮らしたい!

彼にこれらの要求をするのは、自分は誰かに愛されているということを証明したいと思っている証拠です。あなたは自信がないので、彼に「代わりに」愛してほしいのです。その気持ちが付き合っていくうちにどんどん大きくなり、恋愛に依存してしまいます。

恋愛依存を克服する方法2選

恋愛依存

早速、恋愛依存を克服する方法を2つご紹介します。

1. 趣味のコミュニティーに入る

最初にご紹介する方法は、趣味のコミュニティーに入ること。まずは物理的に彼との距離を取る訓練です。彼がいないコミュニティーに入って、恋愛に依存する時間を、強制的に趣味の時間へ変更してしまいましょう。

あなたが楽しい気持ちになれるコミュニティーに、所属してくださいね。

オススメなのはスポーツです。競技に集中しなければならないので、彼のことを考える時間が少なくなりますよ。
ヨガや華道の教室など、習い事でもいいですね。心が落ち着きます。

恋愛に依存している人にとって、彼がいないコミュニティーに入るのは、最初はツライことかもしれません……。しかし「依存」は目に見えないもの。最初から依存自体を克服するのは、難しいのです。

まずは物理的に距離を取ることで、依存を克服するトレーニングをしてみてくださいね。

2. 自己肯定感を高める

次にご紹介する方法は、自己肯定感を高めることです。恋愛依存に陥る「原因」に直接アプローチして、克服していく方法です。

自己肯定感が低い人は、自分に自信がありません。自信がないと恋愛依存に陥りやすくなってしまいます。自信を持ち、自己肯定感を高めれば、依存を克服できるでしょう。

自己肯定感を高めるためには、まずはありのままの自分を受け入れることから始めます。
自分自身にねぎらう言葉をかけてあげましょう。

●お疲れさま
●家事をしてくれてありがとう
●今日もがんばったね

最初は恥ずかしいと思うかもしれません。ですが、あなたが自分自身に言ってあげてください。

ねぎらいの言葉は、彼や友達には自然に言う言葉ですよね。彼に言うイメージで、あなたが自身に言ってあげましょう。

1つ注意点があります。ねぎらいの言葉をかけるときは、良し悪しを判断しないでください。「今日はダメな日だった」「あの行動は失敗だった」と反省するのは別の機会にしましょう。今は自己肯定感を高める訓練中です。素の自分をただ受け入れてくださいね。

彼と一緒にいないときも、楽しい気持ちをキープしよう!

恋愛依存

今回は恋愛依存の原因と、克服する2つの方法をご紹介しました。

自分の時間や趣味を大切にすれば、彼がいないときでも意外と楽しい時間が過ごせます。
そして楽しそうに過ごすあなたを見た彼も、幸せな気持ちになれるハズです。
お互いにハッピーな気持ちで、程よい距離感を保てれば、順調にお付き合いできますよ。

彼がいなくても「楽しい」と思える時間を積極的に見つけてくださいね。


沼咲香

ライター

沼 咲香

動植物と触れ合うのが大好きな、アラサーライターです。庭をお花畑にする計画を実行中。 記事を読んでくださった方のお悩みに寄り添った、優しくも具体的な記事を執筆します。

このライターの記事をもっと読む

関連記事