カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan taiwan magazine
【2020年版】《平行眉・アーチ眉・太眉》なりたいイメージ別の眉毛の書き方

2020.06.19

【2020年版】《平行眉・アーチ眉・太眉》なりたいイメージ別の眉毛の書き方

眉毛の形は、自眉毛の形となりたい理想の形のすり合わせが大切です。難しく感じるかもしれませんが、自眉毛を理想の眉毛に生まれ変わらせるのは、そう難しいことではありません。ここではイメージ別の眉毛の書き方と眉毛の整え方について、画像入りで詳しく説明します。

眉毛の角度ひとつで表情はもちろん、顔の大きささえも変わって見える……眉毛はその人の印象を左右する存在です。そのため、自身のなりたいイメージを眉毛から取り入れれば、理想の自分に近づきやすくなるといえます。

今回は、女性のイメージ別眉毛の書き方についてご紹介します。たかが眉毛、されど眉毛、角度や太さで簡単にイメチェンをはかってみませんか。

なりたいイメージ別 眉毛の書き方

早速、イメージ別の眉毛の書き方についてご説明します。

今回イメージする眉毛は
● できる女風
● かわいい女性風
● 個性派おしゃれ風
こちらの3つに絞っていきます。

できる女風を目指すなら《クールな平行眉》

平行眉は「大人の女」というイメージを強調したい方にオススメです。クールな中に女性らしさが混じり、凛としつつも親しみやすさを感じる眉毛です。

平行眉のポイントは眉毛の濃さと平行のラインにあります。
濃くしすぎたり、平行にしすぎたりすると漫画のような眉毛になってしまいますが、ある程度の濃さがないと、「できる女風」を眉毛で演出するのは難しいといえます。

眉に適度な角度をつけつつ、スクリューブラシを使って濃さを調整します。

【できる女風 平行眉の書き方】
1. 眉頭は小鼻端の真上、眉山は小鼻から黒目の端の延長線上、眉山は小鼻から目尻の延長線上
2. 眉毛は平行よりやや上向きになるよう、眉頭下~眉山の位置まで線をひく
3. 眉山~眉尻はやや角度を下げるように書く
4. 上眉山から眉尻に向かって線を結ぶ
5. 上眉山から眉頭に向かって「薄く」線を結ぶ
6. 眉山をパウダーで書き足し、スクリューブラシで全体に伸ばすようにぼかして完成

平行眉の書き方
眉山を書くことでキリリと引き締まった印象になりますが、濃く書きすぎないように注意してください。眉頭から眉山までは、ラインをぼかすように心がけるときれいに仕上がります。

女性らしく可愛い風を目指すなら《やわらかアーチ眉》

女性らしく可愛い印象になるアーチ眉は、太さによってイメージが異なります。
アーチ眉といえば、女優の石原さとみさんが象徴的ですが、彼女の眉毛は細アーチ眉だとされています。一方で太アーチ眉は峯岸みなみさんやマギーさんが挙げられます。
細いアーチ眉は華奢で繊細な女性風に、太さがあると女性らしさの中に意思の強さが覗き見える印象です。
自身の雰囲気に合わせて、アーチ眉の太さを調節してください。

【女性らしさの象徴 アーチ眉の書き方】
1. 眉山の位置を最初に決める。黒目の端真上くらいがちょうど良い
2. 上眉山から上眉尻に向かって、眉頭下と同じ高さを目指してラインをひく
3. 同じように、上眉尻から上眉頭を目指してラインをひく
4. 下眉毛を眉頭から眉尻まで、上のラインと平行になるようにカーブを描いてひく
5. 眉頭をぼかして完成

アーチ眉の書き方
眉山の位置を最初に決めておくことで、アーチ眉作りに足りない部分が見えやすくなり、なだらかなアーチ眉が仕上がります。


遠藤 舞衣

ライター

遠藤 舞衣

メイク・美容・インテリアの楽しさを文字と写真で伝えるライター。元インテリア業界勤務&美容部員経験から家と自身を飾る方法を発信します。企業公式コラムをはじめ多数メディアで執筆中。

このライターの記事をもっと読む

関連記事