カテゴリをみる
コンテンツをみる
taiwan report magazine
【心斎橋】貝料理専門店『ゑぽっく』で貝の旨味が凝縮された「貝そば」をいただく

2020.03.19

【心斎橋】貝料理専門店『ゑぽっく』で貝の旨味が凝縮された「貝そば」をいただく

貝料理専門店『ゑぽっく』をご紹介!ランチタイムには貝料理専門店ならではの、貝を使ったダシを使用している「貝そば」を提供されています。貝がメインの料理を楽しみたい方はぜひ一度訪れてみてください。

ゑぽっくの外観

Osaka Metro御堂筋線「心斎橋駅」6番出口より徒歩5分のところに、貝料理専門店『ゑぽっく』があります。

シンプルながら高級感があるモダンな外装が特徴的です。

ゑぽっくのロゴ
フランス語で「時代」という意味がある『epoque』が店名の由来

ディナー営業では貝の焼き物や揚げ物、貝鍋など、様々な貝料理とお酒を、ランチ営業では貝の旨味がたまらないラーメンをいただけます。

店内はシックで落ち着いた雰囲気

ゑぽっくの店内の様子
少人数で美味しい貝料理を食べながら、ゆっくり話ができる4名用個室

店内は木目調ととモノトーンが上手く合わさった、大人な雰囲気があるお店です。
カウンター10席と個室が2部屋あり、パートナーとの記念日に利用するのもいいですね♪

ディナー営業のときには、目の前で貝を炭火焼きにしてくれるといった同店ならではの調理の演出も楽しめるようです。

貝料理専門店で貝ダシのラーメンを味わう

貝そば BIANCO

『ゑぽっく』はランチ営業時、蛤(はまぐり)のスープを使ったカレーラーメン「蛤香るグリーンカレーそば」(900円)や、牡蠣の旨味が濃厚な醤油ラーメン「牡蠣そば BLACK」(900円)など様々な種類のラーメン(そば)を提供しています。

また、少し贅沢な気分を味わいたい方には、出汁に雲丹(うに)を溶かし、鮑(あわび)のチャーシューをトッピングした「磯香る雲丹そば GOLD 鮑のチャーシュー入り」(1,900円)がオススメです。

貝そば BIANCOのアップ

今回は人気の塩ラーメン「貝そば BIANCO」(900円)をいただきました。

透き通ったスープに、かいわれ大根と三つ葉の彩りが目をひく、上品なラーメンです。

貝は市場の人と話しながら、鮮度の良いものを仕入れており、たくさんの貝を使い、濃厚な貝出汁を作るように意識しているそうです。

干し貝柱と鰹出汁を使ったスープが麺と絡んで、口の中で旨味が広がります♪

麺は麺屋さんに貝出汁に合うコシがしっかりめの麺を注文しているそうです。

箸で麺を持ち上げる様子
貝出汁に合うように細麺

三つ葉と赤玉ねぎのシャキシャキとした食感が良いアクセントになっていて、麺はツルツルとした喉越しがクセになります。

鶏ガラスープも少し入れることで、あっさりしているけどコクもある味わいに仕上げられています。

スープが美味しくてあっさりしているので、最後まで飲みほす方も多いそうです。

トッピング

トッピングである小松菜、煮卵、鶏胸肉のチャーシューは「ラーメンに入れても美味しいし、そのまま食べても美味しいので、お客さんの好きなように食べてくれたらいい」という店長さんの優しさで別皿で用意されています。

鶏胸肉のレアチャーシューは炭火で軽く焼いて、漬けダレにつけているそうで、炭火ならではの香ばしさがある一品でした。

ラーメンに入れて食べると、貝出汁と鶏胸肉の旨味がマッチします♪

貝出汁を使ったシンプルなラーメンですが、一手間加えられたトッピングも充実しているので、味を変えながら最後まで楽しめます。

プラス100円でそぼろご飯や炊き込みご飯などの「本日の日替わりご飯」も注文可。

「本日の日替わりご飯」は、大盛り無料なのも嬉しいポイント。
がっつりとお腹を満たしたいときにも、満足できるランチですよ♪

最後に

オーナー

お寿司屋さんで修行した経験もある店長の下野(しもの)さんだからこそ、貝の美味しさをここまで引き出した貝料理を生み出すことができるのですね。

●貝出汁の旨味が大好き
●あっさりとしたラーメンを食べたい
●ちょっと豪華なランチで自分にご褒美をあげたい

そのような方は『ゑぽっく』に足を運んでみてください。

Writer:真木 裕也

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

『ゑぽっく』
(エポック)

住所
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-6-4
アクセス
Osaka Metro御堂筋線「心斎橋駅」6番出口 徒歩5分
Osaka Metro堺筋線「長堀橋駅」徒歩5分
Osaka Metro御堂筋線「なんば駅」徒歩8分
営業時間
ランチ 11:30〜14:00(L.O.13:30)
ディナー18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
火曜日・年末年始
電話番号
TEL.06-6252-1540
SNS

関連記事